サラマンジェ ド イザシ ワキサカ|リヨン料理で美味しい夜/the 283th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」283日目です。本日はリヨン料理がいただけるビストロ、「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」にお伺いしました。2回目の掲載ですが、トリプル銀座の忘年会で利用させていただきました。ランチの記事はコチラをご覧ください。

場所は銀座7丁目の数寄屋通り沿い、TAKAYA-GINZAビルの地下1階。ちなみに数寄屋通りとは東急プラザ銀座と数寄屋橋公園の間の道でございます。まずは前菜を色々いただきました。

・サラダ ガストロノミック ¥2,300

カモの生ハム、ホタテ、フォアグラのスモーク、トリュフが入ったクレソンサラダ。トリュフオイルのドレッシングでいただきます。フォアグラスモーク美味しい!クセが抜けて、苦手な方でも食べられそうです。

・エスカルゴとカエル ロックフォールチーズのココット ¥2,400

憧れのカエルちゃん。鶏肉っぽいけど、よりソフトです。美味。メインも色々お願いしました!

・カモのジャンボネット ¥2,800

何だこの絵に書いたような骨つき肉は!と思ったら鴨モモ肉の骨を抜き、詰め物をしてからハム状にしたものだそう。付け合せはポロ葱、芽キャベツ、菊イモなど。ビーツとコンソメのソースで。初めて食べましたが、さっぱりしていて美味!後味もとても良い。

・仔羊すね肉とメルゲーズのカスレ ¥3,000

ボリュームたっぷり。ちょっと分けてもらいましたが、嫌味のない羊感たっぷり。一緒に入っていた羊のソーセージが超美味。

・タラと白子のムニエル ¥2,800

お肉が苦手な方はコチラ。とても厚い白身、白子も大きい。

・バスク産乳のみ仔豚のポシェ 黒オリーヴのソース ¥3,000

一番人気はコチラでした。写真だけでも美味しさの片鱗が伝わりますね。

別腹デザートは・ボンブ・グラッセ

砲弾(ボンブ)型の変わった形。 フランボワーズソース、アイス、ヌガーの3層構造。初めて食べましたが、味と食感のコントラストが素敵!

ワインはボトルで以下をいただきました。良心的な価格設定も嬉しいです。
・白)リムー ラス グラヴァス 2014 シャトー アントニャック ¥7,000
・赤)シャトーヌフ デュ パプ 2012 ドメーヌ ジュリエット アヴリル ¥8,000

いつも美味しい料理と楽しい時間をありがとうございます。またランチにもお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。