ミセス・ダダ|銀座に新たなカレースポット登場/the 459th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」459日目、本日はカレーです。2019年11月にオープンしたカレー店「ミセス・ダダ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り近く「松楠ビル」の地下1階。
ミセス・ダダ
2つ前のお店がお洒落なイタリアンだったこともあり、それを生かしたカレー店らしからぬシックな内装。カウンター席、テーブル席の他、1人用テーブル席もあるのが嬉しいです。

ランチメニューは、定番のチキン、シュリンプ、ラムに日替わりがポークでした。本日は好物の・ラムカレー ¥1,000 をお願いしました。
ラムカレー
カレーですので素早く到着。羊肉もゴロッと入って見た目も素敵、カレー4種の中では辛めの設定ですが、サラサラのルーは食べている途中に水が必要なほどではありません。キレがあり、すっと引く辛さで、油が控えめなのか食後にもたつく感じもないのが良いです。美味。

通しで営業されているので、いつでもカレーがいただけるのも嬉しいのですが、15時から17時はカフェタイムとなっておりパフェなどもいただけます。

・チョコレートパフェ ¥800
チョコレートパフェ
インドのクラッカー「パパド」が刺さっているのがインド的ではあるものの、チョコとバニラアイス、フレーク、コーヒーゼリーなど素材は基本的にベーシック。カレーの後は甘いものが食べたくなるので、それが場所を移動せず実現するという嬉しさがあります。

ちなみにプレオープン中にいただいたのがこちら・シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り ¥1,000
シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り
ワンプレートにマッシュポテト、ピクルスや何かわかりませんが美味しいソース、エディブルフラワーまで飾られ華やかな見た目。しっかりスパイスが効いてコクのある牛すじカレーに、比べて甘く感じるエビカレーでバランス良し。インドと日本のカレーのエッセンスがうまく融合した美味しいカレーライスです。

ディナーは普通のカレーの他に「アートオブカレー」と名付けられたメニューもあるようです。店名は芸術運動のダダイズム(既成概念に対する反抗などの主義を持つ)と関係あるのでしょうね。また別のカレーをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。