ムッチーニさん-気軽に楽しくトリュフ三昧/the 225th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”225日目、本日は珍しいお店にお伺いしました。東銀座にあるトリュフ専門店”ムッチーニ”さんです。
muc9
壁面にワインが並んでいるので、ずっとワインやチーズのお店かと思っていましたが、看板を見ると「TRUFFLE」の文字。見ているとスタッフの方がお声をかけてくれました。マッシモ・ムッチーニ氏がオーナーのムッチー二 イタリア社のトリュフ製品を扱うお店で、カウンターでイートインも可能とのこと。早速ランチでお伺いしました! 

白を基調とした明るい店内は、入って左側に魅惑のトリュフ製品が陳列、右側が4〜5席のカウンター。
muc10
狭いお店ですので、予約が間違いないかもしれませんね。 ランチはなんと赤ワイン”Novecento 28 2012-ノヴェチェント28″がサービス!飲みやすく美味しいワインでした。

前菜 “パルマハム 白トリュフエキストラヴァージンオリーブオイル添え” ¥1,296
muc3
大きい塊をスライサーでサクサク綺麗に切っていただけます。

muc4
ボリュームもたっぷり!赤ワインとの相性も抜群! 白トリュフを漬け込んだオリーブオイルが、香りよく絶品!香りは芳醇ですが、飲み口はあっさりとしております。 このオリーブオイルがあれば、何でもご馳走に早変わりしそうです。 とても美味しいので、残った分は飲んでしまいました。

“バゲット”
muc1 muc2
こちらも先ほどのオリーブオイルと。黒サマートリュフ入りの岩塩で。ご馳走です!

パスタ “黒サマートリュフのタリアテッレとビアンケット(春)トリュフベルタータ・フォーチーズソース” ¥2,700
muc7
トリュフ練りこみのパスタは、卵入りで柔らかい歯ごたえ。 ソースとチーズも春トリュフ入り、上にはトリュフのオイル漬けとトリュフ三昧、贅沢な一皿。 なんとまぁ口福な。

最後はサービスの可愛く美味しい一口”コーヒー”で。
muc8

スタッフの方も皆様、明るくフレンドリーで、知識も豊富で居心地良し。とても楽しい一時でした! 色々試食もさせていただいて、トリュフ好きには堪らないお店です。

販売はしていませんが、ムッチーニ氏がワイナリーとコラボしたワインも飲めるそうで、夜も楽しそうです。 トリュフ製品はギフトにしても、すごく喜ばれると思います。 次回はぜひ生トリュフを。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ムッチーニ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。