ランドルフ エンジニアリング P3 COMBI ベースは潜水艦仕様のサングラス

新規取り扱いブランド「ランドルフ エンジニアリング」のサングラスをご紹介いたします。

ランドルフのシグネチャーモデルといえば「アビエーター」ですが、他にも代表作が色々あります。
Randolph Engineering P3 COMBI col.PI011 Matt Chrome
「P3」は海軍潜水艦の中で着用するために1978年にデザインされたボストンサングラスで、「アビエーター」と同じくミルスペックに準拠しています。モデルが着用しているのは「P3」にイタリア「マツケリ社」のプラスチック製インナーリムを装着した「フュージョンコレクション」のサングラスです。

Randolph Engineering P3 COMBI col.PI011 Matt Chrome
Randolph Engineering P3 COMBI col.PI011 Matt Chrome
ファッション要素を高めており、レンズもグラデーションカラーのプラスチックレンズを採用、軽量で掛け心地の良いサングラスです。

Randolph Engineering P3 COMBI col.PI009 22K Rose Gold
Randolph Engineering P3 COMBI col.PI009 22K Rose Gold
是非店頭にてお試しください。

Randolph Engineering-ランドルフ エンジニアリングについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ランドルフ エンジニアリングのサングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。
Randolph Engineering P3 COMBI

新ブランド Randolph Engineering 入荷しました!

Randolph Engineering
新規取り扱いブランド「ランドルフ エンジニアリング」のサングラスが入荷しました!

アメリカで1978年創業と新しいブランドではありますが、アメリカ軍やNASAに正式採用されています。
Randolph Engineering
写真の「HGU-4/P」アビエーターサングラスは数少ないミルスペック(米国における軍用品の調達規格:MIL-S-25948J)を満たすプロダクトとなっています。

クラシックデザインが見直されている昨今、普通に街で使用してもお洒落なサングラスです。
Randolph Engineering
メガネ製造工場が少なくなったアメリカで、とても珍しい「made in USA」というのも心惹かれます。

より今風のコンビネーションのボストンスタイルなども入荷しました。
Randolph Engineering
取扱店も非常に少ないサングラスブランドです。後日詳細をご紹介したいと思います。

Randolph Engineering-ランドルフ エンジニアリングについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ランドルフ エンジニアリングのサングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

MYKITA RANDOLPH 秋冬もコーディネートしやすいサングラス

ベルリンのアイウェアブランド「マイキータ」のシンプルなサングラスが入荷しています。

MYKITA RANDOLPH col*013 Glossy Gold

レンズサイズ48mmとサングラスとしては小さめ。フレームも非常にスリムで存在感は控えめです。見た目の重たさが全くないため、秋冬でもコーディネートしやすいデザインです。ネジは一切不使用、超軽量で掛け心地も抜群、またレンズはカールツァイス社製の偏光レンズを採用しており機能的にも優れれています。

MYKITA RANDOLPH col*232 Shiny Graphite

こちらは偏光機能に加え、調光機能も備えた特殊な偏光調光レンズ。紫外線に当たるとレンズの色が濃くなる驚きを感じられるレンズです。是非店頭にてお試し下さい。

MYKITA-マイキータについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。MYKITAのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫100点以上と充実しております。