リストランテ エボルタ イル チェーロ |料理、雰囲気、価格のバランス良好イタリアン/the 581th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」581日目、本日はイタリアン、2021年12月16日にオープンした「リストランテ エボルタ イル チェーロ」にランチにお伺いしました。

場所は銀座8丁目、昭和通り沿い「三井ガーデンホテル銀座プレミア」の16階。
リストランテ エボルタ イル チェーロ

120席以上の広く明るい店内。
リストランテ エボルタ イル チェーロ
店名の「E’VOLTA」はイタリア語の「粋=Eregante」と「時間=Volta」を掛け合わせているそう。

また「il cielo(イル チェーロ)」は「天空」という意味で景色が非常に良い。下には浜離宮恩賜庭園やレインボーブリッジ。
リストランテ エボルタ イル チェーロ
現在ランチメニューはパスタ、メイン、デザートが選べる・プリフィクスコース ¥3,630のみです。

・イタリア産トリュフ、冬キャベツ、パルマ産プロシュートのスープ
イタリア産トリュフ、冬キャベツ、パルマ産プロシュートのスープ
冬キャベツのドロッとした濃厚な食べるスープに、トリュフの香り、生ハムの塩気が良いアクセント。

・北陸近海産寒ブリと冬茄子のサラダ仕立て、賽の目のお野菜と
北陸近海産寒ブリと冬茄子のサラダ仕立て、賽の目のお野菜と
寒ブリと香味野菜を合わせた和風な料理、脂の多い魚ですが、レモンドレッシングで爽やかに仕上げています。

自家製パン・フォカッチャ、カンパーニュ
フォカッチャ、カンパーニュ

・ヴェネト産スペックとデュクセルのカルボナーラ、京黒七味のスパッカテッレ
ヴェネト産スペックとデュクセルのカルボナーラ、京黒七味のスパッカテッレ
マカロニを2つに割ったような形のスパッカテッレ、燻製生ハムのスペック、キノコのソースと合わさり面白いテイストに。黒七味が効いており、かなり刺激的。

・農林水産大臣賞11回受賞、美明豚の低音調理、紫タマネギのストゥファート添え、サルディーニャスタイル
農林水産大臣賞11回受賞、美明豚の低音調理、紫タマネギのストゥファート添え
フォン ド ボーとセージのソースを合わせて。美明豚は茨城県行方市産のブランド豚、柔らかく甘みもたっぷり。まろやかなソースも豚肉とよく調和しています。美味。

・ピスタチオのブディーノ、柚子の香りを添えて
ピスタチオのブディーノ、柚子の香りを添えて
中にわらび餅のようなものも入って柚子も香る和風なテイスト。ピスタチオ感は弱めですが、美味しくいただきました。

・小菓子、コーヒー
小菓子、コーヒー
小菓子も6種類から3種選択、フロランタン、ダックワーズ、抹茶のガナッシュをいただきました。

ランチコースはリーズナブルで眺望、雰囲気も良く、料理も美味しい。バランスの良いイタリアンです。ごちそうさまでした!

「リストランテ エボルタ イル チェーロ 」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。