三徳堂、銀座のジンジャー|暑い時期にはかき氷/the 258th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”258日目です。梅雨も終わって8月夏本番。そんな季節に食べたくなるのはやっぱりかき氷。銀座でかき氷が食べられるお店は多いですが、本日は2店をご紹介いたします。

まずは銀座の名店”三徳堂”さん。台湾茶の専門店ですが、かき氷が特に有名です。
santo4
1階で注文を済ませ、2階に上がるとそこが喫茶スペースとなっています。

夏限定、三徳堂さんの象徴ともいえる”マンゴーかき氷” ¥2,000をお願いしました。
santo1 santo2
表面が赤く色付いたアップルマンゴーを丸ごと1個使用した贅沢かき氷。 グラス1杯のプーアル茶付きです。 昔ながらのかき氷で、シロップは黒蜜。何だかスパイスっぽい味がほのかにしたのは何でしょう。 大きめに乱切りされたアップルマンゴーは甘くてとても美味しいのです。

三徳堂さんのマンゴーかき氷を食べなければ夏が始まらない!という方も多いほど人気のかき氷でした。ごちそうさまでした!

続いて当店からは少し遠いのですが、銀座1丁目にある”銀座のジンジャー”さん。
ging7
店名通り生姜製品を豊富に揃えるお店です。1階が物販、2階が喫茶スペースとなっています。

かき氷の前にこちらで腹ごしらえ。”ジンジャーキーマカレー” ¥980
ging1
上には目玉焼きとサニーレタスが乗っており美味しそう。 ひよこ豆と豚ひき肉がたっぷり入ったカレーは、生姜もたっぷり入っています。生姜の辛さだけなので、辛口ではないですが食べていると体が温かくなってきます。生姜好きには嬉しいお味です。 ご飯は雑穀米。栄養のバランスもよく考えられており美味しいカレーライスでした。

続いてメイン。

季節限定 “黒胡麻きな粉と餡ミルクエスプーマ” ¥1,180
ging5
想像したより、ずっと巨大です。 上には栗の甘露煮、きな粉、エスプーマ、練乳の三層構造。 黒胡麻きなこは小瓶で別に提供されるので、足りなくなったら掛けることができます。 ふわふわのエスプーマは、氷との食感のコントラストが面白く、まったりした甘さで美味しい。 もちろん黒胡麻きな粉との相性も抜群です。

2/3ほど食べると、中からコーヒーゼリーが出現。
ging6
よく考えられた和洋折衷なかき氷、美味しくいただきました。

最後はセットの”コーヒー”で体を温め、ホッと一息。
ging3
お店の雰囲気も落ち着いており、カレーも美味しかったのでまたお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

“松崎煎餅”さん、”林屋新兵衛”さん、”麦酒屋 るぷりん”さん、”雪の下”さんなどなど銀座はかき氷が食べられるお店が非常に多いので、かき氷の食べ歩きも面白いかもしれませんね。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。