150年前のバッファローホーン使用のメガネ

本日は珍しい素材を使用したメガネをご紹介いたします。Bison Flex-バイソンフレックスというブランドのメガネでございます。

Bison Flex BF-012
1212_2

テンプル部分に約150年前のアメリカバイソン(バッファロー)の角を使用しています。インディアンの伝統的な職人技と、日本のメガネ生産の最新技術のコラボレーションから生み出された自然素材ならではの肌馴染みの良さ、そして独特の風合いは他の素材にはないものです。

img1

水牛の角を使用したメガネがありますが、バイソンの角はそれより希少。150年以上の時間をかけた自然乾燥により、弾力性に富み、ほとんど変形を生じない品質に仕上がっています。

Bison Flex BF-009
999_2
シンプルな縁なし(ツーポイント)デザインもございます。金属はチタンを使用していることもあり、軽量で掛け心地も良いメガネです。独特の色合いが美しいですね。

その他デザインは色々ございますので、是非店頭にてお試し下さいませ。

Bison Flex-バイソンフレックスについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。Bison Flexのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

新ブランド LEISURE SOCIETY-レジャー ソサエティ 入荷しました

新ブランド LEISURE SOCIETY-レジャー ソサエティが入荷いたしました。

ls_2013_campaign_01ls_2011_campaign_7

LEISURE SOCIETY-レジャー ソサエティは、ルイ・ヴィトンやマーク・ジェイコブズなどのハイエンドなアイウェアをデザインしてきたShane Baum-シェーン・バウム氏が手がけるカリフォルニア州コスタメサを拠点としたブランドです。ヴィンテージスタイルをベースとしていますが、2年半にもおよぶ技術開発、幾度にも渡るプロトタイピングを経て具現化された作品は、非常に華美で独創性に溢れています。

ls_2012_campaign_08ls_2012_campaign_01 ls_2012_campaign_03

素材は12~24カラットのゴールドプレート(金張り)を施したブロックチタン、高品質なアセテート樹脂をベースに、ハイグレードなエナメルや天然のバッファローホーン、あるいはダイアモンドなどを埋め込んでいます。細かな造形を仕上げる工程には非常に神経を使うため、1本のフレームが仕上がるまでに最低でも6時間を要するものもあります。数々の試行錯誤、製作行程を経て完成された作品は、一見して理解できる上質でラグジュアリーな雰囲気を纏い、今までのアイウェアには存在しなかった世界観を有します。

LEISURE SOCIETY-レジャー ソサエティについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。LEISURE SOCIETYのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。