お燗酒と焼き鳥 傳鳥|日本酒のアテも充実の焼き鳥店/the 484th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」484日目、本日は焼き鳥です。こんな大変な状況下の2020年5月13日にオープンした「お燗酒と焼き鳥 傳鳥」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿いの素敵な雑居ビル「ウエストビル」の6階。
ウエストビルの6階
L字型のカウンター10席のみ、竹を使った内装や丸窓に、盆栽が飾られた和風で温かみのある空間です。現在、オープン直後でこのような状況のため夜は・おまかせコース ¥6,000のみで、16:00-20:00(L.O.19:00)の短縮営業です。まずはこちらから。

・山田錦の十倍粥
山田錦の十倍粥
酒米の代表「山田錦」、こうして粒でいただくのは初めてです。食用米とはちょっと違ったニュアンスで、ほっとする一品。

・生湯葉とほうれん草のおひたし
生湯葉とほうれん草のおひたし
ごくさっぱりと仕立てられています。湯葉はとても滑らかな舌触り、ほうれん草はおひたしにかぎります。続いて焼き鳥へ。

・ささみ
ささみ
土佐小夏(ヒュウガナツ)を使った爽やかな土佐酢で。鶏は八ヶ岳名水赤鶏を使用、癖が無く脂も控えめな鶏肉です。

・ねぎま、せせり、生麩(粟麩、よもぎ麩)、しいたけ
ねぎま、せせり、生麩(粟麩、よもぎ麩)、しいたけ
ねぎまは胸肉。首の筋肉部分のせせりは程よい脂感に旨味もあって美味。ねぎ味噌が乗った生麩も日本酒のアテに最適。

・焼き味噌
焼き味噌
日本酒を売りにしたお店ですから焼き鳥以外にも、お酒が進むアテも色々。他、豆腐の味噌漬けも出していただきました。燗酒を店名に掲げているだけあり品揃え豊富です。神亀、竹鶴、扶桑鶴、日置桜、るみ子の酒、鯉川など燗酒好きには大定番とも言える銘柄が色々いただけます。冬の飲み物と思われがちですが、夏こそ楽しめるのが燗酒です。

・ふりそで、ぼんじり、もも、手羽先包み焼き
ふりそで、ぼんじり、もも、手羽先包み焼き
お尻周りのぼんじりはコリっとした食感に滑らかな口当たり、ネギなどの具入りの手羽先も美味しいです。 

・つくね
つくね
やっぱり美味しいつくね。日本酒は「鯉川 純米吟醸 亀治好日(山形県)」「山陰東郷 生酛純米 強力65%(鳥取県)」「るみ子の酒 特別純米 伊勢錦(三重県)」を全てお燗でいただきました。

追加・丸ハツ
丸ハツ
コースの焼き鳥はつくねで終了なので追加。単品価格は1本¥400前後です。丸ハツは心臓を開かずにそのまま焼いたもの。普通のハツより柔らかく旨味も強く美味。

追加・ちょうちん
ちょうちん
提灯みたいな美味しい奴です。口の中ではじけました。

・親子丼、鶏スープ
親子丼、鶏スープ
〆もしっかり。つゆだく親子丼でした。現在12:00-13:30までランチ営業もされており、親子丼、鶏そぼろ丼などを提供されています。

・イチゴ
イチゴ
落ち着いたムードの中、美味しい焼き鳥と燗酒をいただける素敵なお店でした。人当たりも柔らかな瀧澤親方は白金が本店の有名焼き鳥店「酉玉」系列の「門仲 酉直」のご出身だそう。美味しい訳です。レアな日本酒、焼酎も色々揃えられているそうで、お酒好きには嬉しいお店がオープンしました。ごちそうさまでした!

トリプル銀座は11:00-20:00、年中無休、普通に営業しております。メガネでお困りの事がございましたら是非ご相談下さいませ。
ランチメニュー