伽藍バー-外堀通りに潜む、癒しの洞窟/the 241th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”241日目です。本日は初のバー。当店のすぐ近く、曽根ビルの地下2階にある”伽藍バー”さんにお伺いしました。ある方のご紹介でお伺いしたのですが、近くにあっても全く気づかないものですね。

店内は土壁、木の家具がいっぱいの温かい不思議な洞窟のような雰囲気。
garan5
テーブル席もたっぷりあるので、いわゆるバーという感じではないのも立ち寄りやすい理由でしょうか。 なんと今年で12年目。お祝いのお花が飾られておりました。

チャージ、ドリンク、料理だいたいどれも¥1,000程度と良心的。価格のちゃんと記載されたメニュー表もあるので、バー慣れしていない私でも安心です。バーですからお酒を飲みます。

“伽藍Barオリジナルラベル ビルゴビール ホワイト”
garan1
とりあえずのコチラ。さっぱりとして美味しいビールです。

“竹鶴12年”
garan7

“香取(千葉県香取郡)純米生酛 8割磨き”
garan10
美味しい日本酒もあるのは嬉しいですね。店主は女性なのですが、とってもナチュラルで打ち解けやすい素敵な方。私はまで見てもらっていませんが、なんと手相鑑定もしてくれるそう。噂によれば、すごく当たるみたいです。

料理も美味しい!

酒粕と味噌、ゴマをブレンドしたペーストを付けていただく生野菜。
garan8

そして銀座の高級クラブ御用達!京都の竹中罐詰 “いわしのオイルサーディン”
garan9
ヨーロッパの缶詰とは全く違う綺麗な見た目と繊細な味付け。家にストックしておきたい逸品!

鮭の頭と酒粕を使った北関東の郷土料理”しもつかれ”
garan11
これは日本酒と食べると最高!左は鮭と酒粕のみ、右は豆や野菜が入ったタイプ。美味しくて体にも良いっていいですね。

〆はカレーです!

“魔女の瞑想カレー”
garan3
お米は伽藍バーオリジナルの5分づきの酒粕入り玄米。オーガニックスパイス使用し、チキンがゴロゴロ入っております。辛さは控えめの優しいお味。店主の気持ちが伝わりますね。

これ以外にも体にも気づかった新鮮で魅力的なものが多数。飲み物の品揃えはマニアックではありませんが、一通りのものは揃っております。

ベリーダンス、落語のイベントも定期的に開催していますが、それが無い日は、生演奏をバックに、女性店主がマイクを手に取ります。先ほどまで普通にお話していたと思ったら、ドレスに着替えて登場し、急にジャジーな歌が始まったので最初は驚いたものです。

若かろうが、会社の経営者であろうが、誰とでも変わらずニュートラルに接する店主。その立ち振る舞い。時に緩く時に締める、その緩急も素敵です。 料理を美味しく食べるために、お酒を飲むのが好きなので、こういうお店は有難い。行くたびに面白いことがあるバー。またお伺いいたします(もう3回ほど行っています)。ごちそうさまでした!

“伽藍バー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
garan4 garan6