小松庵総本家 銀座店|はじまりの蕎麦からはじめよう/the 441th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」441日目、本日は蕎麦です。東京駒込発のそば店「小松庵総本家 銀座店」にランチ訪問いたしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿いの新築ビル「i liv(アイリブ)」の14階。

「ロンシャン ラ メゾン銀座」が1階に入っているビルです。ちなみにこちらのビル、小松庵以外は全て肉料理のレストランです。

したビルの形状が細長いため、店内も細長。白ベースで洞窟のようなアーチがオシャレな落ち着いた雰囲気でそば屋とは思えません。

奥にはピアノ設置の個室もあるそうです。開店と同時の11時にお伺いして、12時頃まで貸切状態でしたので、とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。

単品メニューもありますが、ムードに合わせて少し贅沢な・はじまりの蕎麦 ランチコース ¥3,500(w/o tax)をお願いいたしました。

・前菜三種 キュウリと水ナスの粕漬け、タイ昆布〆、蕎麦豆腐

日本酒の誘惑を催す前菜、お刺身も甘く、蕎麦豆腐も美味しいです。

・はじまりの蕎麦 二産地の蕎麦のテイスティング

最初に食べてもらいたいのが、こちらの2種食べ比べだそうです。薬味はそばつゆ、水、塩、オリーブオイル。最初はお水に付けて、水に付けていただく蕎麦、噂には聞いていましたが、まさかその日が来るとは。続いて塩、オリーブオイル、そばつゆでいただきます。

左側が中国大陸から伝わった原種に近い品種の・長崎県対馬市産の対州そば、右側のやや緑っぽいのが花が残った状態で早刈りした・栃木県都賀町産の花そば。

やや個性的な青い香りの花そばはオリーブ、しっかりとした対州そばは塩が美味しいが、やはりそばつゆが一番でしょうか。 十割そばなので、コシはあまりありませんが、柔らかな食感で香りが楽しめます。

・はまぐりの蕎麦椀

ややハマグリの風味が強すぎる気もいたしましたが、蕎麦の実たっぷりで良い感じ。

・温野菜 ムラサキカリフラワー、トマト、獅子唐、ナス、ズッキーニ、カボチャ、サツマイモ

紫色のカリフラワーは初めてでしたが、味は白い普通のものと同じで、栄養価が高そうです。薬味の味噌がとても美味しく、やはりナスと味噌の組み合わせは最高です。

・蕎麦コロッケ

蕎麦コースだと通常天ぷらが出る場合が多いのですが、それが無いので変わりにコロッケ。中はとろとろ蕎麦の実が美味しいです。

・花そば せいろ +¥700

最後にまた好みの蕎麦を少しいただけますが、追加料金で普通のせいろサイズに変更。せめてこれくらいの量がないと、食べた気がいたしません。フレッシュな香りがたまりません。

最後は少しだけトロみのある蕎麦湯をたっぷりいただき、ゆっくりさせていただきました。

従来のそば屋のイメージをくつがえすお洒落な内装、料理の説明などサービスも丁寧で、とても快適なランチタイムでした。つまみメニューはチーズを使った洋風なものからベーシックなものまで豊富そうでしたので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「小松庵総本家」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。