レストラン ラフィナージュ|目の覚めるタカラジェンヌなフランス料理/the 391th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」391日目、本日はフレンチです。10月8日にオープンした「ラフィナージュ」にランチにお伺いしました。日本を代表するグランメゾン「銀座レカン」の6代目料理長を務めた高良シェフがオーナーシェフを勤めるフランス料理店です。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い、とても細長く見える新築ビル「GINZA A-5」の2階です。1階にはカリフォルニアワインの「ケンゾーエステイト」がオープンしています。

エントランスで想像するより店内はずっと広々、目前でオープンキッチンが楽しめるカウンター席にテーブル席数卓。レカンのイメージからすると驚きのかなりカジュアルでリラックスできる雰囲気です。

現在ランチは・おまかせランチコース ¥7,000(サ別10%, w/o tax)1種類のみ。まずはこちらから。

前菜1・24か月熟成のコンテチーズのグジェール、竹炭マカロンとニンジンのムース、パテドカンパーニュ

見た目はよくある普通なアミューズですが、何故かとても美味しい。パテドカンパーニュは一口サイズでも肉の旨味が口の中に広がります。

前菜2・ズワイガニ、カリフラワーのムース、甲殻類のエスプーマ

混ぜていただくととても美味しい。期待の高まる前菜2品でした。

パンは・バゲット、カンパーニュ

品質を保つためフランスから直送された巨大なエシレバターから落とされた一片がとても滑らかで美味。パンの食べ過ぎ注意です。

・トラフグとロックフォールチーズ

チーズの主張はごく控えめ、一歩過ぎればストレスのかかるギリギリの食感の素晴らしい仕上げ。カマの部分を唐揚げに仕立てるのが憎い。

・黒アワビのコンポートと秋トリュフのコンポジション

これも素晴らしい一皿。和食では定番のアワビ、肝ソースは、安易に日本の調味料に頼ることなく、フランス料理的。苦味は残しつつも非常にまろやかなため、他の食材との調和も抜群。シンプルなトリュフ卵をより奥深くいただけます。この感覚は凄い。

・長崎五島列島産スジアラのポワレ、ヴァンジョーヌソース

7kg近くあるスジアラ、厚くカットし、中はほとんど生という状態。皮目も非常に美味しい。そしてアルボワ ヴァン・ジョーヌ 2010 ジャック・ティソという黄色ワインを使ったソースも印象的。フュメ ド ポワソン、エシャロットなどを使った軽いものではあるのですが、ベースがしっかりしているせいかで重層的で存在感も充分。

・エゾ鹿のロースト、ポワブラードソース

付け合わせはアピオス(アメリカほど芋)、マッシュルーム、根セロリのピューレ。肉の切れが気持ちよいのは重厚感のあるナイフのせいだけではなさそうです。2歳の雌鹿のロース部分ですが、こんなに鹿らしい鹿肉をいただいたのは初めてかも。ソースも絶品!

・ピオーネとハチミツのグラスのラヴィオリ見立て

アイスの上には白ワインのゼリー、ヨーグルトのエスプーマ。デザートもこれくらいボリュームがあると嬉しいです。

最後は美味しい・小菓子 チョコムース、マカロン、フェナンシェ

・ハーブティー ペパーミントをいただきゆっくりさせていただきました。

高良シェフの料理は初めていただいたのですが、素晴らしい内容。クラシックなフレンチと比べ軽めではありますが、どの料理も奥行きがしっかりと感じられるのが見事。「美味しいものをちゃんと食べて来たシェフが、ちゃんと考えて作った、ちゃんとしたフランス料理」という印象を受けました。

ほとんどお話はできませんでいたが、シェフはスーツを着たら大学教授か学者にしか見えなさそうな上品で寛容な雰囲気で、ソースや付け合わせなど全てが綿密に考えられた気品の感じられる料理は当然ながら味も抜群です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

サーラ アマービレさん-美味しいものを少しづつ/the 159th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、159日目です。本日はイタリアンでございます。銀座の有名店である“サーラ アマービレ-Sala Amabile”さんにおうかがいしました。

場所は銀座2丁目、メルサの正面の“銀座トレシャス”の12階でございます。1階はMiu Miuが入っております。
go15

エレベーター前のウェイティングスペース。下りて右は“アロマフレスカ”さんという高級イタリアン、左は“サーラ アマービレ”さんでややカジュアルなイタリアン、シェフは同じ方でございます。
sala17

天井が高く、明るくゆったりとしたスペースがよいです。奥にはピアノがあり夜には演奏も行われるそうです。
sala1

ランチは¥3,888のショートコースと¥7,020の基本のコースの2種類のみ。本日は、基本のコースをオーダーいたしました。

何とこちらのコースはフリードリンク。ワイン、ビール3種類、サングリア、シャンパン(¥540追加)、ジンジャエール、オレンジジュースなどが飲み放題。素晴らし過ぎます!

“季節野菜のバーニャカウダ”
sala3
彩りも綺麗な新鮮野菜でございました。ソースも美味しいです。こちらのソースは、パンに付けても美味しいということで、食事終了までキープされます。

“フォアグラのフラン 林檎と有機ポップコーンのスパイス風味”
sala5 
ポップコーンとフォアグラとは変わったお料理です。林檎の酸味がうまい具合に効いております。

“秋刀魚の天火焼き 茗荷のソットアチェート添え”
sala8 
秋の味覚でございます。さんまの肝を使ったソースが渋くて美味しいです。

“アジアの香りのタラバ蟹フリット”
 sala9 
白いフワフワはグリーンカレー味のソース、その他レモングラスなどスパイスを付けていただきます。巻かれているのはカダイフです。このパリパリは好み。

お楽しみの小皿 “蝦夷鹿、原木椎茸のソテー”
 sala11
こちらは素晴らしかった。とても柔らかで、清い肉質。こんな美味しい蝦夷鹿は初めてでございました。肉厚な椎茸も美味です。

続いてパスタが2皿。

“北寄貝とブロッコリーのカバティエッディ”
 sala12

“秋茄子とパンチェッタのスパゲッティ ゴルゴンゾーラ風味”
 sala13
サーブされた瞬間、濃密なチーズの香りが。お野菜がおいしいです。

デザート “ババロア”
 sala14
デザートは4種類の中から1つ選択。薄いカラメルに包まれた不思議なババロア。甘さも控えめで美味でございます。

最後はコーヒーで。
 sala15
美しいお料理の数々でございました。美味しいものを少しづつ、そして飲み放題!最高ですね。ごちそうさまでした。

“サーラ アマービレ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。