鮨 鈴木|青木流から鈴木流へ、日々進化中/the 319th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」319日目です。本日は久々のお鮨です。トリプル銀座の正面、能楽堂ビル5階の「鮨 鈴木」さんにランチにお伺いしました。

エレベーターを下りると右手に別世界への入り口、濃紺の暖簾がお目見え。

大将の鈴木さんは銀座の名店「鮨 青木」のご出身。暖簾の「鮨」の字は青木さんからいただいたものだそうです。

心が研ぎ澄まされる清涼感のある美しいカウンター。銀座の鮨店としてはかなりのゆったり感です。

オープンは2015年6月、当初から何度かお伺いしていますが、2年経ち、ぐんぐん味に磨きがかかっているのに驚かされます。ランチは¥8,000、¥10,000の2種類、本日は後者をお願いしました。

・ガリ

生姜を大きめにカットした変わった形ですが、これが非常に美味。いつも数杯お代わりしてしまいます。

・ホシガレイ

シャリは赤酢と米酢のブレンド。鮨職人なのに酸っぱいのが苦手という大将(しかも下戸!)、自分好みの円やか仕上げです。やや硬めの握りが素晴らしく調和しています。

・アラ

・キンメダイ 昆布〆

・赤身漬け

・中トロ

・大トロ

・シンコ

2枚付。今年はこれが最初で最後でしょう。これくらい大きいとしっかり味わいもあって美味。

・サバ棒寿司

この棒寿司がまた絶品。酢〆のサバ、白板昆布の旨みと甘みと食感、シャリの調和が素敵です。

・シンイカ

季節を感じるタネも良いです。ツマミの下足付きでした。

・イシガキガイ

・平貝

・シラエビ 昆布〆

・バフンウニ

・アナゴ

とろとろふわふわ。美味。

・タマゴ

・コハダ(追加)

さらに最後に鯖寿司も追加して終了。お腹いっぱい大満足です。

大将の鈴木さんは見た目はちょっと強面ですが、明るい方で、圧迫感は無し。奥様と2人で切り盛りされており、非常に温かみのあるお店です。値段だけ見れば高額に感じますが、味を考えれば非常に良心的価格だと思います。カウンターのお寿司に慣れていない方でも寛げるお店で、銀座の鮨デビューにもお勧めです。日曜日も営業しているのも良いですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。