エレガントなアイウェア、VOLTE FACEをご紹介して頂きました。

こんにちは、トリプルです。

本日は、VOLTE FACE PARISの竹内さんにメガネをご紹介して頂きました。

ありがとうございます。

ボルトファースはフランス パリのアイウェアブランド。

女性デザイナーのファビエンヌ・クレドーによりデザインされる、おおらさと繊細さを合わせ持つ

愛らしいフレームは、まるでジュエリーのようにお顔を彩ります。

綺麗です。

遠くからでは、わかりませんが、1つ1つ細かい装飾が施されています。

色味は明るくても、派手な感じはなく、エレガントな印象になります。

デザイナーの腕の見せ所ですね。

サイドに特徴があるメガネが多いのも特徴です。この色、すごく可愛いですね。

VOLTE FACE、現在2点しか在庫がございませんが、今月中に何点か入荷いたします。

お楽しみに。

VOLTE FACE-ボルトファースのメガネをお探しの方は東京銀座のトリプルまでどうぞ。


すき焼き万歳! “人形町 今半”さん/the 16th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目グルメ日記、16日目です。

本日は、ちょっとお肉が食べたいな、ということで、

すき焼きの名店、”人形町 今半”さんへ行ってきました。

1階が”BARNEYS NEWYORK”、交詢ビルの5階です。

ちなみに”今半”という名前のすき焼き店は色々ありますが、浅草にある”今半本店”を元に、

“浅草 今半”、”人形町 今半”、”今半 別館”、”代々木 今半”と今では独立して5つに分かれているようです。

本日は”人形町 今半”さんです。

お昼のコースより、団 DAN コースをオーダーしました。

まずは、前菜2品。

“しいたけ、おくら、枝豆豆腐、下に敷いてあるのはエビソーメン”

見た目にも色鮮やか。盛りつけが繊細で、目で見てもすごく楽しめるのが和食の良いところですね。

“牛肉のつくだ煮の白瓜巻き”

7月が旬という白瓜。シャキッとした食感が良い。

夏にぴったりな爽やかで、目にも美味しい前菜でした。

続いてメインのすき焼き!!

“春菊、しいたけ、ネギ、ナス、オクラ、人参、豆腐、麩、しらたき”

夏なのでナスとオクラが入ります。季節によって変わるみたいです。

すき焼きの具で、ナス、オクラって珍しい。

“鳥取県産 黒毛和牛”

産地は日によって変わるそうです。

しかし、この霜降り加減、そして細かいサシ(脂肪)。絶対美味しいでしょう。

作り方が普通のすき焼きと違うためため、調理は全て仲居さんにお任せです。

ちなみに、清楚でお淑やかな雰囲気の素敵な女性でした。

ありがとうございます。

すき焼き調理中。あぁ美味しそう。

慣れ親しんだすき焼きと違い、かなり少なめの割り下で煮るというか、照り焼く?感じ。

お肉は、ちょっと赤い部分が残るくらいがお勧めのようです。火加減が難しそう。

出来上がり(一部)です。

ちょっと、これは、美味しいです。

ベタ過ぎですが、お肉は、溶けるほど柔らかい!割り下も卵も、優秀!

美味しい、しか、言葉無し。

デザート。

“桃のシャーベット、杏と佐藤錦(さくらんぼ)”

杏、佐藤錦、素材のまま。美味しいです。

満足です。ごちそうさまでした!

お部屋はこのような雰囲気です。

3つのテーブルがある大部屋があり、

あとは、個室がいくつかあるみたいです。

大切な人との一時や、接待に、非常に良いですね。

家庭のすき焼きも美味しいですが、また次元の違うすき焼きです。すき焼き万歳!

名店の味、かなり美味しいです。

“人形町 今半”さんのウェブサイトはコチラをご覧下さいませ。

“人形町 今半”さんにお立ちよりの際は、ぜひトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


心が喜ぶ!Anne et Valentinの世界

こんにちは、トリプルです。

本日はフランスのアイウェアブランド、Anne et Valentin-アンバレンタインの服部さんに

メガネをご紹介して頂きました。ありがとうございます!
カラーバリエーションが、とても豊富です。

ゼリービーンズとドロップとマーブルチョコを一遍にひっくり返したような、楽しさ。可愛いなぁ。

小さい時って、虹とかカラフルなお菓子とか、色鮮やかなものを見ると、気持ちが高ぶりました。

そんなことを思い出させてくれる素敵なメガネたちです。

Anne et Valentin ROMANCE

コロンとした可愛いウェリントンメガネ。

シンプルですが、しっかりとアンバレンタインの世界観は感じます。

Anne et Valentin WAVE

こちらは、(似合えば)女性の魅力が確実にアップするメガネ。

これが似合う人は、きっと可愛くて素敵な人です。

Anne et Valentin-アンバレンタインのアイウェアを選ぶ方には、共通点があります。

開かれている感じ。とでも言いましょうか。そんな感じです。

ただ、アンバレンタインのメガネを掛けると、日常生活が、ちょっと(もしくはすごく)

楽しく豊かになるのは間違いないです。

Anne et Valentin-アンバレンタインのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


美しきドイツデザイン!FREUDENHAUSの人気モデルが再入荷しました

こんにちは、トリプルです。

ドイツのアイウェアブランド、FREUDENHAUS-フロイデンハウスの人気モデルが再入荷しました。

シンプルですが、洗練された美しいメガネです。

FREUDENHAUS Miller col*moc

ビジネスシーン、スーツスタイルで大活躍するメガネです。

FREUDENHAUS Miller col*dgr

お色違い。チタンを使用しており、非常に軽く掛け心地も良いです。

続いて、女性にもお勧めのコチラ。

FREUDENHAUS Giulia col*moc

やや上がり目のブローラインが、女性の眉の形と良く合います。

キリッとした、シャープな雰囲気を出すのに最適。

FREUDENHAUS Giulia col*dgr

もちろん男性にもお勧めですよ。

FREUDENHAUS-フロイデンハウス、その他にも色々入荷しております。

FREUDENHAUS-フロイデンハウスのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


ワインの深淵 “Chinois-シノワ”さん/the 15th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しいものをご紹介する”銀座6丁目美食日記”、15日目です。

本日は、ワインバー&フレンチレストラン “Chinois-シノワ”さんに行ってきました。

トリプルの下、地下1階にあります。

街灯のところに、小さくChinoisさんの看板。

注意しないと通り過ぎてしまいますので、当店を目印にどうぞ。

ランチ営業はしていませんので、今回はディナーです。

まず1品目。

“赤ピーマンとコンソメのジュレ”

パプリカ本来の味が美味しいジュレ。

ジメッとした季節に、爽やかな清涼感のあるお味が心地良いです。

ワイン1杯目。

VOSNE ROMANEE “La Colombiere 2009”

ブルゴーニュを代表する畑が多いというヴォーヌ・ロマネ。

ロマネ・コンティの畑もここにあるんですね。

とてもフルーティーで、上品なワインです。スタートに相応しいお味です。

2品目。

“賀茂茄子のロースト”

表面に塗ってあるのはタプナード(黒オリーブ、アンチョビ、オリーブオイルなどで作るペースト)です。

トロリとした食感と、凝縮された味わいがたまらなく美味しい賀茂茄子。

ローストすることで、それが顕著に。タプナードのシャキッとした香りも良い。これ美味しい!

1杯目よりもややしっかりしたお味のワインをリクエスト。

Chateauneuf-du-pape “Raymond Usseglio 2008” 

ローヌ地方南部のワインのなかでは最も歴史があり、かつ最も優れたワインと

いわれているらしいシャトーヌフ・デュ・パプ。

ワインらしいワイン。タンニン(渋さ)はあるのですが、とてもマイルド。

ボトルのデザインが、素敵です。

3品目。

“フランス産チーズの盛り合わせ-エポワス、フルム・ダンベール、ブリドモー、コンテ”

全て嫌な香りがせず、美味しいのですが、手前左のエポワスが特に好きでした。

エポワスは、熟成中に塩水と酒で洗うことで独特の香りと旨みを凝縮させたもの。

匂いは強いのですが、非常にまろやかです。

エポワスの香りは、フランスでは「神様の御御足」の香り、イギリスでは「豚の足の指の間」と言われるらしいです。

どっちも嫌ですね。でも美味しいんです!

3杯目。

“Chateau Sociando Mallet 2006”


近年、注目を集めているシャトーらしいです。

色が黒っぽく、濃密で力強いシャープな味。なのに、非常に飲みやすいワインでした。

これ、好みです。

出てくるワインによって、グラスの形もまちまち。そのワインが一番美味しく飲める

グラスで提供してくれるんですね。こだわりを感じます。

4品目。

“イサキ(八丈島産)の香草焼き”

今が旬のイサキ。

カリッと焼いた皮と、しっとりとして豊潤な白身のバランスが素敵。

香草が食欲をそそります。美味しいです。

4杯目。

「変化球でお願いします。」とかなり曖昧なオーダーで用意して頂いた白ワイン。

“Domaine Antoine Arena 2010”

イタリアのコルシカ島で作られている白ワイン。

土質のためかミネラル感があるようです。

フレッシュで、ストレートにブドウの味わいを感じる白ワインでした。

5品目。

“カラスミと満願唐辛子のパスタ”

フレンチですが、パスタもあるのが嬉しい。

さっぱりとしたクセの無いお味。全然辛くない満願唐辛子の青い味と、

カラスミの仄かな塩味が効いていて美味。

白ワインもこのパスタに合わせて用意した頂いたのでしょう。良く合います。

5杯目。

Gevrey Chambertin “Aux Echezeaux 2000”
o0534080012052988839

古き良きブルゴーニュスタイルという”オー・エシェゾー”。ルビー色が綺麗です。

2000年というだけあり(?)、丸みのある滑らかな味わいで、非常に飲み良い。

ワインって、それぞれに個性豊かで楽しいですね!

6品目。

“シャラン鴨胸肉の春巻き 山椒風味”
  o0800053412052984735  
一口サイズにカットされた、ミニ春巻き。

ちょっとクセの鴨肉ある味が、病み付きになりそうで美味。

さらにデザートもいってしまいました。

“杏のジャムをはさんだチョコレートケーキ”
o0800053412052984734

しっとりした上品な甘さで、スイーツもレベル高しです。

美味しいワインは、美味しい料理。最高ですね。

大満足です。ごちそうさまでした!

バーカウンターもあります。お一人でいらっしゃっている方も多かったですよ。
o0800053412054959457

日本画が随所に飾られており、魅惑的な雰囲気を醸し出します。このセンス、オシャレです。
o0800053412054959362

ソムリエの方がいらっしゃいますので、私のようなワイン初心者でも、安心して美味しく楽しめます。

色々と質問しても的確に答えてくれるのも嬉しいですね。

ワインが苦手な人はワインが好きに、ワインが好きな人はもっとワインが好きになりますよ。

“Chinois-シノワ”さんに付いて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

色々とイベントもやられていて楽しそうです。

行かれる際には是非、トリプルにもお立ちより下さいませ。