閉店)マキシム・ド・パリ|歴史感じるフランス料理店/the 147th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、147日目です。本日はフレンチです。1983年にパリで創業、そして1966年に日本で最初の本格的なフランス料理店として誕生した“マキシム・ド・パリ-MAXiM’S DE PARiS”さんにおうかがいしました。

場所は銀座5丁目、数寄屋橋交差点ソニービルの地下3階でございます。

格調の高いエントランスです。壁面にはパリのマキシムを愛用していた著名人からのメッセージ。レオナール・フジタさん、フランソワーズ・サガンさん、マリア・カラスさんなど錚々たる顔ぶれでございます。
max13
右側にはラウンジがあり、昼はティータイムでアフタヌーンティーなどをいただいたりでき、夜はバーとして営業しています。アール・ヌーボ—様式の手すりが美しい階段を下りダイニングフロアに向かいます。

銀座らしい気品、そして歴史を感じさせるメインダイニング。数々の装飾も一見の価値有りです。特に天井、建築家の小林保治さんによる絵を焼き付けたガラス装飾は圧巻です。
max12
重厚感はありますが、広々としているため圧迫感はございません。

ランチコースは¥4,536から色々ありますが、本日は¥8,640(サ別10%)のロワイヤルをオーダーいたしました。

アミューズ “ひとくちのよろこび”
max1
カリフラワーのムースの上にコンソメのジュレ、さらにオマール海老とイクラ。見た目も美しく美味。けっこうな力を入れなければプチッとできないほどイクラの鮮度は抜群。ムースとジュレのバランスも最高です。

オードブル “若鶏のバロティーヌ 秋の装い”
max3
中には秋の味覚、栗やエシャロットが入っております。ストレートに鶏的な旨さを感じられるお料理。上品な甘みのマデイラワインのソースを付けていただくと、これまた絶品です。

スープ “田舎風 野菜のスープ”
max4
野菜とベーコンなど具沢山で、トマトベースの素朴なお味。フニフニになったバゲットが美味しいです。

魚料理 “真鯛のポワレ レモンの香りのする赤ワインソース 茄子のブレゼ”
max5
こちらもシンプルなお味でございます。茄子はニンジンの下におります。

肉は羊、鴨、牛から選べましたが、鴨をセレクト。

肉料理 “フランス産鴨胸肉のポワレ フワンボワーズソース”
max6
火の入れ加減が素晴らしく、とても奇麗な薄紅色です。ジューシーで野性を感じる濃く深い味わい。鴨ならではの歯ごたえも良いです。ソース無しでも十分美味しいのですが、甘酸っぱいフランボワーズソースを付けると少し優しくなるようです。

アヴァン・デセール “ぶどうのムース”
max8
何気なく金箔が。さっぱりとした品の良いお味のお口直し。

デザート “ポワールのロティ ローストしたナッツとキャラメルソース カシスのシャーベットと共に”
max10
洋梨のローストとシャーベットの間にはシュー生地。こんなにカシスの味がしっかりしたシャーベットは初めてでございました。濃厚。

最後は濃いデミタスコーヒーで一息。お代わり可能です。
max11

濃厚なソースを使い、“フランス料理を食べた!”というような満足感の高いコースでございました。ごちそうさまでした。

モダンなフランス料理店が増える中、伝統的なものを一貫して提供する“マキシム・ド・パリ”さんは銀座になくてはならない象徴的なお店の1つと実感しました。刻まれた歴史、店内に漂う古きフランスの香りは模倣はできません。

“マキシム・ド・パリ-MAXiM’S DE PARiS”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
max9


みやざわさん-銀座クラブ御用達/the 146th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、145日目です。本日は銀座8丁目の洋食屋“みやざわ”さんにおうかがいしました。外堀通りから1本東側の通り沿い“西銀座会館1”階でございます。

たたずむ小父さまや無造作に置かれた自転車さえも絵になります。
miy6
外観、店内ともに非常に味わい深いです。銀座は色々な顔があり非常に面白いのです。

本日はランチでお伺いしてこちらを注文。

“ハンバーグ チーズ&目玉焼き添え” ¥880
 miy5
美味しそうです!小振りのデミグラスソースのハンバーグに、贅沢にもチーズと目玉焼き。添えられたナポリタンも良い雰囲気です。昔ながらの洋食、想像を裏切らない美味しさです。

miy4
アサリの味噌汁とご飯付き。ライスはお代わり無料でございます。素朴な味噌汁も美味しいのです。

最後はコーヒーで。ごちそうさまでした。 
 miy3

みやざわさん、実はサイドイッチが名物でもあります。何と銀座のクラブ御用達。なんと朝の4時まで営業しており、出前も行っています。

サイドイッチは15:30分からテイクアウト可能ということで、お願いいたしました。こちら。

“たまご、ツナミックスサンド” ¥850
  miy2
写真は各2切れづつですが、実際は3切れづつございます。塩が効いた定番のサンドイッチ。化学調味料のたっぷり入ったコンビニのものとは全然違います。体が喜ぶ、心休まるサインドイッチ。美味しいです。

“ヒレカツサンド” ¥950
 miy1
こちらも実際は3切れ。食べやすいようにさらにカットされております。トーストした食パンに温かいヒレカツ。ソースも美味しく、元気が出るお味です。銀座の皆様に愛されるのも納得です。ごちそうさまでした。

ご飯を食べていると、働いている方がお土産を持って入れ替わり立ち代わりご来店。洗練された銀座もよいですが、人情味溢れる銀座もまたよい。正に銀座のオアシスです。素晴らしい!

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
miy7


銀座 いわたさん-ほっこりする家庭料理/the 145th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、145日目です。本日は銀座7丁目の“銀座 いわた”さんにおうかがいしました。

それ聞くと高級店のようですが、そんなことはなく正式名称は“家庭料理 銀座 いわた”さんなのです。外堀通りから1本東の通り沿いの一軒家でございます。良い雰囲気。
iwa7

ランチは何と720円から。20種類以上の定食がございますが、本日はこちらを注文。

“お楽しみ定食 鯛の粕漬焼き” ¥1,000
 iwa3 
ご飯、ひじきの煮物、ブロッコリー、豚汁、白菜の浅漬け。バランス良く体にも良さそうです。

iwa4
焼き方がお上手です。ちょっと焦げているように見えますが、身はふっくらで皮はパリパリ。良い香りと、ほんのりとした甘みが素敵。尻尾のカリッカリに焼けた部分がこれまた美味しいのです。

“おかか” 
 iwa6
テーブルには懐か美味しい“おかか”が常設。素晴らしい。他ポットに入った熱いお茶と、ペットボトルに入れて凍らせたお茶も置いてあります。家感、ナイスです。

さらに次の日お伺いしてみました。

“お楽しみ定食 メンチカツとアジフライ” ¥1,000
 iwa8 
ご飯、切り干し大根煮、コンニャク煮、豚汁、白菜と油揚げの味噌汁。本日も良いバランスです。

iwa9
メンチとアジが大きいのです。アジはとても肉厚でふっくら。よくあるペラペラのアジフライとは見た目も味も全く違います。メンチカツは端を入れると肉汁が溢れ出ます。それでもあっさりとしたお味。どちらもサクサクの衣と柔らかな具のバランスが絶妙。美味です!

ちなみにご飯のお代わりは自由です。女将さんに、半分くらいのお代わりをお願いしましたが、たっぷり盛られます。少し減らしてくれませんかとお伝えすると、「若いんだから食べなきゃー」とのこと。

この感じ、意外に好きです。ごちそうさまでした。

お昼のワイドショーがやや大きめのボリュームで流れる店内。手作りおかか。レトロな炊飯器。祖父母の家と錯覚してしまいそうです。
iwa1
創業70年以上とのこと。女将さん曰く「まだまだ若いよー」。長く続いてもらいたいお店、本当素晴らしいです。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
iwa10


銀座 維新號 本店さん-肉まんゴマまん/the 144th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、144日目です。本日は中華です。銀座8丁目の“銀座 維新號 本店”さんにおうかがいしました。1948年出店の老舗中華料理店でございます。

MARUGENビル隣(旧ゴルフビル)の地下1階、銀座資生堂ビルの近くです。。
is6
1階は宝石店の“ゆきざき”さんです。

まずは、名物のこちらから。

“おまんじゅう 肉まん” ¥561
 is1
大きいです!後ろの割ばしと比較すると分かりやすいのですが、普通の肉まん倍はございます。運ばれて来た時は、触れられないほど熱々。

is2
肉厚でフワフワの皮に、具もたっぷり。具は非常にあっさりしておりますが、北海道産の干し貝柱が隠し味で使われているなど深みがございます。皮もほのかに甘みがあり美味しいので、サイズが大きくても簡単に食べられます。流石の一品です。

維新號さんは赤坂、銀座にもう1店新館がございますが、店内でおまんじゅうが食べられるのは銀座本店だけみたいです。

“中華スープ、ザーサイ” 
 is4
スープはキクラゲ、大根、玉ねぎ、鶏肉と意外と具沢山。中華スープでは珍しいさっぱり感です。

“五目炒飯” ¥972
 is3
海老、角切りの焼豚がちょっとリッチな炒飯です。こちらも塩気は無く、薄味。基本的に料理は薄味なよう。年輩の方に喜ばれそうですね。

“ライチ”
is5
デザートは冷え冷えのライチです。甘い。ごちそうさまでした。

8月下旬に改装するとのことで、改装後再びお伺いしてみました。メニューは変わっていなさそうです。本日は“デラックス饅頭セット” ¥1,728を注文してみました。

“湯麺(たんめん)”
 is7 is8 
芝えび、竹の子、たまねぎなどがたっぷり入っており、量的にも十分。スープはさっぱりとした薄塩味で、麺も爽やかな気持ちのよい喉越しでございます。

“おまんじゅう ゴマまん”
is9 is10
にくまん、あんまん、からし菜まん、ゴマまんの中から、ゴマまんを選択。丸っとした見た目がよい。黒ごま餡にくるみ、レーズン、オレンジピール入り。けっこう甘いです。そしてところどころがシャリシャリします。初めての感覚。不思議です!

“杏仁豆腐” 
 is12
定番のデザートに加え、焼売1個、ザーサイ、ライチ2個付きでボリューム満点です。

店内は、特に床と天井が奇麗な感じに、外の店名の看板もモダンに、少し控えめになっております。ゆっくりとできる雰囲気もよいですね。
is13

“銀座 維新號 本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。