EYEVAN TEARS 見所の多くメタルフレームが入荷

本日は30年ぶりに復活した「EYEVAN アイヴァン」の最新モデルをご紹介いたします。

EYEVAN TEARS

アイヴァンらしいクラシックな六角形(ヘキサゴン)シェイプのフレームですが、特徴が多いです。

EYEVAN TEARS col.G

無駄のないチタン素材のオールメタルフレーム。

巻きツル(ケーブルテンプル)というクラシックなモダン。

0.75mmの3本のβチタンを編み込んで作ったオリジナルのケーブルテンプルは、調整も可能、柔らかくて非常に快適な掛け心地。

一山(イチヤマ)タイプのパッドはどんな鼻の形にもマッチするスイングブリッジを採用。

ドイツのブランド「ルノア」のスイングブリッジが有名でしょうか。そちらよりも日本人向けにやや高めに設定されています。5色入荷しました。

EYEVAN TEARS col.S

EYEVAN TEARS col.P

EYEVAN TEARS col.G-C

リムに七宝を施したカラーも2色あります。やや柔らかい雰囲気となるでしょうか。

EYEVAN TEARS col.S-C

リムやテンプルには全体的に細かい彫金が施されています。

クラシックスタイルと現代のテクノロジーがうまく調和したアイヴァンらしいスタイルです。是非店頭にてご確認下さいませ。

EYEVAN-アイヴァンについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アイヴァンのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

BOSTON CLUB TAYLOR 人気の跳ね上げメガネが再入荷

長らく在庫を切らしておりました跳ね上げメガネが再入荷しました。お問い合わせを多くいただいていたメガネですが、約1年ぶりの入荷となってしまいました。

BOSTON CLUB TAYLOR col*01 Black
taylor1
クラシックなサーモントブロースタイル。同じブランドの跳ね上げメガネ「FISHER」と比べると小ぶりでバランスの良いサイズです。

このように跳ね上がります。
taylor1_2
近視の方は手元の本などを見るときに跳ね上げる、老眼の方は遠くを見るときに跳ね上げるなど色々な使い方ができて便利な跳ね上げメガネです。またレンズをサングラスレンズに交換しての使用も可能です。トンネルに入った時に跳ね上げれば明るい視界がすぐに確保できます。3色入荷しました。

BOSTON CLUB TAYLOR col*03 Brown
taylor3

BOSTON CLUB TAYLOR col*04 Horn
taylor4

遠くから見るとグレーのように見えますが、綺麗な柄が入ったカラーです。
taylor4_2
1本1本全てパターンが異なるのも特徴です。

金属リム部分には彫金が入り高級感を高めています。

人気フレームですので、気になる方はお早めにどうぞ。是非店頭にてお試し下さい。

跳ね上げメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫充実しております。

KOMOREBI Eyewear Lionel 上を向きたくなるメガネ-PS vol.517

本日はベルギーブランド「コモレビアイウェア」のメガネを掛けた素敵なお客様をご紹介いたします。いつもご協力頂きまして誠にありがとうございます。

Ms.H met “KOMOREBI Eyewear Lionel col.Honey”.

色々なブランドから提案されている多角形フレームですが、こちらは珍しい七角形。運を呼び込みそうな多角形です。コモレビアイウェアらしい繊細なデザインがお顔の表情を明るく生き生きと魅せます。「これしかない!」という絶妙な調和です。素晴らしい。お選びいただいたメガネはコチラ。

KOMOREBI Eyewear Lionel col.Honey

美味しそうな「ハチミツ色」。ブリッジを強調したなんとなく似たデザインのメガネは数あれど、繊細かつ上品、この感覚は新鮮です。良く考えられているのが伝わります。

KOMOREBI Eyewear Lionel col.Patagonia Blue

お色違いのブルー。

モダンエンドはお馴染みの葉型。

少し不思議な色合いをしています。

この独特の色合いの理由は裏面のみツヤ消し加工を施しているため。

木漏れ日のように光による繊細な色合いの変化が掛ける方の表情を彩ります。

あいにくの曇り空でしたが、どんな日でも上を向きたくなるメガネではないでしょうか。

外観やファッションに合わせるのも大事ですが、内観に合わせるのが理想です。ご協力いただきまして誠にありがとうございます。またお気軽に遊びによってくださいませ。

コモレビアイウェアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。コモレビアイウェアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

銀座 凛 にしむら|安定感のある綺麗なお寿司/the 408th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」408日目、本日はお寿司です。2019年ミシュランガイドで初1つ星取得の鮨店「銀座 凛 にしむら」にランチにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋橋通り沿い、東建ビルの地下1階です。

ビルの左側が地下への入り口です。入って奥が同系列の「天婦羅おばた」、手前が寿司店「銀座 凛 にしむら」です。

コンパクトな店内はカウンター6席のみ。

大将が怖い人だったら圧力が凄そうですが、はきはきと優しく積極的にお話していただける方なので安心、プライベート空間のような感じで良い雰囲気です。

本日は・ランチ握りコース ¥10,000(w/o tax)をお願いしました。 まずは前菜から

・のれそれ

高知県の郷土料理で有名な「のれそれ」はアナゴの稚魚。やや大きめサイズでしょうか。ツルツル喉越し最高、トコロテンみたいで美味。ちなみに「のれそれ」の由来は不明だそうですが一説には「のったり、それたり」の略だとか。 和んだところで続いてお寿司。

・コハダ

江戸前鮨には絶対に外せないコハダからのスタート。隠し包丁も美しいふっくら仕上げで美味。赤酢と米酢をブレンドしたシャリは、酸味塩味の少ない極円やか仕上げです。

・スミイカ、白アマダイ、サヨリ、イワシ

食感の良いスミイカ、旬のサヨリ、これまた隠し包丁が美しいイワシと美味しいお寿司が続きます。

・サワラ

藁焼きにして香りがとても良いサワラです。

・トラフグ白子

熱いのでお気をつけくださいという注意をいただきましたが、ホントウに熱々。トロトロの白子で贅沢な卵ご飯。

・シロエビ、カワハギ、イカ印籠詰め、マグロ赤身漬け

カワハギはタネの下に肝ペースト、美味しいです。クラシックなイカの印籠詰めも良い雰囲気。

・ホッキ貝炙り、バフンウニ手巻き、クルマエビ、蒸しアワビ

とろけるウニアイスに肝がたっぷり乗った蒸しアワビも美味しいです。

・アナゴ

とろけます。

・キンメダイ炙り

脂の乗ったキンメダイでした。食べ応えのあるサイズです。

・タマゴ

デザート代わりのスイートなタマゴ、これに「鮨屋で食べる味噌汁が大好き」という西村大将こだわりシジミ味噌汁が付きます。

追加・かんぴょう巻き

タネは基本的に厚めに切りつけ隠し包丁は鮮やか、食べ応えは十分。トラフグ白子、アワビなども入ってこの価格なので満足感はしっかりと感じられます。印籠詰めといった江戸前らしいものも入りますが、全体的には現代的、とても食べよく、嫌いな人はほとんどいないタイプの綺麗なお寿司という印象です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 凛 にしむら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。