しぇりークラブ|魅惑のシェリーとチョコレートカレー/the 263th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”263日目です。本日は泰明通りにあるシェリー酒の専門店”しぇりークラブ”さんにお伺いしました。

遅めのランチを求めて泰明通りを歩いていると、”しぇりークラブ”さんがランチメニューを出しているのを発見!4年ほどずっと気になっていたお店ですが、シェリー酒に馴染みもなく、お伺いする機会がありませんでした。
cher8

ランチは来店のハードルが下がるのも良いところです。2階にあるシェリー酒専門のお土産屋さんを横目に、恐る恐る3階へ上がります。 上がってみるとスタッフの方が明るくお出迎えしていただき一安心。木の温かみを存分に感じられる雰囲気の良いダイニングバーでした。

カウンターに腰掛け落ち着きます。壁面の樽を模した装飾がユニーク。ランチは日曜・祝日の14:00〜16:30までされているのですが、9月から日祝が定休日となるので、なんと今日が最後のランチ営業でした。

ランチメニューは2種類でどちらも¥1,500。パエリアとチョコレートカレーです。チョコレートカレー!

カレー好きとしてはここで逃げる訳にはまいりませんが、せっかくなのでシェリー酒もいただいてみました。ランチタイムなので、少しお得にいただけました。なんと200種類以上のシェリーを取り揃えており、2005年には『シェリーの品揃え』でギネスにも認定登録されています。凄。

“ラハンダ フィノ” ¥600
cher1
すっきり辛口タイプのフィノ。そもそもシェリー酒とは白ワインにアルコール度のより高いブランデーなどの蒸留酒を加えて作る酒精強化ワイン。非常に劣化しにくいため大航海時代に船乗りたちに愛飲されていたそうです。マデイラワイン、ポートワインと合わせ世界三大酒精強化ワインと呼ばれるとか。

白ワインがベースですが、よりドライでしつこさが全くなく美味しい! シェリー酒ってこんなに美味しかったんですね。驚きです。

前菜 “トルティージャ、サラダ、ドライトマトを挟んだパン”
cher2
ジャガイモと卵だけのシンプルなトルティージャは、お好みでマッシュルームペーストを付けて。 仕上がりも素晴らしく綺麗、ほのかな甘みでとても美味しい。

スープ “ガスパチョ”
cher3
これもなかなか滋味深し。続いてカレーに合わせたシェリーをチョイスしていただきました。

“ベルトラ オロロソ” ¥600
cher4
酸化熟成の辛口といっても先ほどのものと比べると随分甘く、重い。色も全く違いますね。私みたいなシェリー酒のド素人でも好みや料理に合わせてスタッフの方が優しくチョイスしてくれるので安心です。

そして続いてお待ちかね。

“チョコレートカレー”
cher5
メキシコのチョコレートを使ったソースであるモーレポブラーノから着想を得たカレーだそうです。上には鶏肉と野菜のソテー、中にも鶏肉がゴロッと入っています。甘くないといっても、やはり甘い。ただスパイシーさもしっかりと感じられます。全体的な一体感が有り、完成度は高く、先ほどのシェリー酒とも良く合います。

“バニラアイス”
cher7
極甘のペドロヒメネスシェリーをソースとして使っております。フレンチでも馴染みのある使い方ではないでしょうか。アイスも美味しいです。

チョコレートカレーにも驚きましたが、初めて飲んだシェリー酒の幅広さに驚きました。 個人的には最初に飲んだ辛口タイプが好みです。 ランチ終了は残念ですが(あーランチパエリアも食べてみたかった!)、雰囲気よく料理も期待できるお店ですので夜にまたお伺いしてみたくなりました。 知識豊富なスタッフの方にシェリー酒のことも色々ご教授いただけて大満足です。ごちそうさまでした!

“しぇりークラブ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。

悠久乃蔵|ランチ麹カフェ、ディナー日本酒しゃぶしゃぶ/the 255th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”255日目です。最近の銀座は新店オープンラッシュです。本日は銀座6丁目並木通り沿い、最中で有名な”空也”さんの隣のビル2階に7月1日にオープンした日本酒専門店”悠久乃蔵”さんにお伺いしました。
yukyu10
2階の外壁には、日本酒ラベル照明が取り付けられており、日本酒好きの目を惹きそうです。

実は5月末からプレオープンしており、”利き酒し放題1時間2,160円、2.5時間3,160円”という素敵な企画を行っていらっしゃたのです。私も一度行きましたが2.5時間飲み続けるのは楽しく危険です!飲み過ぎには注意いたしましょう。

ランチタイムは麹カフェ、夜は日本酒しゃぶしゃぶがメインの日本酒バーとして営業しており、店内は、シックで大人な雰囲気。空間の使い方も贅沢ですね。
yukyu2
日本酒を使った化粧品や美味しそうなスィーツなども色々販売しています。

ランチメニューは日本酒しゃぶしゃぶ、蔵麹豚味噌焼き、酒粕生姜焼きなどで、どれも日本酒、酒粕、麹がたっぷり使われているのが特徴です。

本日はお目当ての”吟醸酒粕カレー” ¥900をお願いしました。
yukyu1
yukyu4サラダ、小鉢、吟醸粕汁付き。しかもご飯、粕汁は嬉しいお代わり無料となっています。 カレーは豆がたっぷり入ったポークカレー。 大量に酒粕が入っているそうですが、スパイスの方が勝っており、酒粕の香りはほとんどしませんね。 柔らかい口当たりととろみは酒粕効果でしょうか。

ご飯の炊き具合も良く、ナチュラルでヘルシーな美味しいカレーでした。そして粕汁、これがまた香り豊かで美味しい。流石は吟醸! 野菜も沢山入っており、食べていると体が温まってきました。

せっかくなのでドリンクとデザートもお願いしました。

“玉風味 酒ケーキ” ¥450
yukyu8
新潟の玉川酒造の日本酒”玉風味”で作られたケーキです。ふんわりカステラのような食感ですが、甘さはかなり控えめ。 日本酒の甘み、香りがたっぷり染み込んでいました。 ケーキ、お菓子はテイクアウトもできますよ。

“粕ラテ プレーン” ¥450
yukyu9
カフェラテならぬカスラテ。 酒粕は重いため沈んでいますが、頑張って混ぜていただきます。 ミルクの変わりに酒粕が入った冷たいドリンクです。酒粕や麹を使ったメニューは体にも良く、日本酒が苦手な方でも美味しくいただけそう。

また取り扱う日本酒について非常にこだわりがあり、なんと300年以上続く酒蔵のもののみ。現在いただけるお酒は以下の九つの蔵元。大賀酒造(福岡 創業1673年)、平瀬酒造(岐阜 創業1623年)、源平酒造(福井 創業1673年)、白駒酒造(福井 創業1697年)、室次醸造場(福井 1678年創業)千代の亀酒造(愛媛 創業1716年)、玉川酒造(新潟 創業1673年)、増田徳兵衞商店(京都 創業1675年)、稲田本店(鳥取 創業1673年)。強力なメンバーです!

取り敢えずランチの日本酒しゃぶしゃぶをいただきに、お伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
yukyu11

伽藍バー-外堀通りに潜む、癒しの洞窟/the 241th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”241日目です。本日は初のバー。当店のすぐ近く、曽根ビルの地下2階にある”伽藍バー”さんにお伺いしました。ある方のご紹介でお伺いしたのですが、近くにあっても全く気づかないものですね。

店内は土壁、木の家具がいっぱいの温かい不思議な洞窟のような雰囲気。
garan5
テーブル席もたっぷりあるので、いわゆるバーという感じではないのも立ち寄りやすい理由でしょうか。 なんと今年で12年目。お祝いのお花が飾られておりました。

チャージ、ドリンク、料理だいたいどれも¥1,000程度と良心的。価格のちゃんと記載されたメニュー表もあるので、バー慣れしていない私でも安心です。バーですからお酒を飲みます。

“伽藍Barオリジナルラベル ビルゴビール ホワイト”
garan1
とりあえずのコチラ。さっぱりとして美味しいビールです。

“竹鶴12年”
garan7

“香取(千葉県香取郡)純米生酛 8割磨き”
garan10
美味しい日本酒もあるのは嬉しいですね。店主は女性なのですが、とってもナチュラルで打ち解けやすい素敵な方。私はまで見てもらっていませんが、なんと手相鑑定もしてくれるそう。噂によれば、すごく当たるみたいです。

料理も美味しい!

酒粕と味噌、ゴマをブレンドしたペーストを付けていただく生野菜。
garan8

そして銀座の高級クラブ御用達!京都の竹中罐詰 “いわしのオイルサーディン”
garan9
ヨーロッパの缶詰とは全く違う綺麗な見た目と繊細な味付け。家にストックしておきたい逸品!

鮭の頭と酒粕を使った北関東の郷土料理”しもつかれ”
garan11
これは日本酒と食べると最高!左は鮭と酒粕のみ、右は豆や野菜が入ったタイプ。美味しくて体にも良いっていいですね。

〆はカレーです!

“魔女の瞑想カレー”
garan3
お米は伽藍バーオリジナルの5分づきの酒粕入り玄米。オーガニックスパイス使用し、チキンがゴロゴロ入っております。辛さは控えめの優しいお味。店主の気持ちが伝わりますね。

これ以外にも体にも気づかった新鮮で魅力的なものが多数。飲み物の品揃えはマニアックではありませんが、一通りのものは揃っております。

ベリーダンス、落語のイベントも定期的に開催していますが、それが無い日は、生演奏をバックに、女性店主がマイクを手に取ります。先ほどまで普通にお話していたと思ったら、ドレスに着替えて登場し、急にジャジーな歌が始まったので最初は驚いたものです。

若かろうが、会社の経営者であろうが、誰とでも変わらずニュートラルに接する店主。その立ち振る舞い。時に緩く時に締める、その緩急も素敵です。 料理を美味しく食べるために、お酒を飲むのが好きなので、こういうお店は有難い。行くたびに面白いことがあるバー。またお伺いいたします(もう3回ほど行っています)。ごちそうさまでした!

“伽藍バー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
garan4 garan6

東急プラザ銀座-レストランいろいろ/the 240th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”240日目です。本日は2016年3月31日にオープンした東急プラザ銀座の飲食店を4店まとめてご紹介いたします。
apo11
連日大盛況ですね。

まずは地下2階にある“キャビアハウス&プルニエ サンドイッチハウス”さん。ロシア皇帝に献上されていたスモーク製法を復活させたバリックサーモンや最高級のキャビアなどを使った、ラグジュアリーなサンドイッチがいただけるお店です。

“バリックスモークサーモン” ¥2,100(w/o tax)
pru3
色がとても美しく、食べなくても美味しいと感じる。パンはグラノーラがたっぷり付いた珍しいタイプ。一口食べてみると、自然なスモーク香が口に広がり、柔らかなサーモンは舌に絡みます。 パン、おそらくサーモンを使用したソースとともにいただくと絶品!

“プルニエ キャビア 1スプーン” ¥1,200
pru1
少量では高額なキャビアもシャンパンと合わせていただけますよ。

お値段は高いですが、満足感のあるサンドイッチでした。キャビアは30gで¥20,000もするので確実に無理ですが、スモークサーモンは贈答品としても喜ばれそうです。

続いて同じく地下2階にある話題のラーメン屋“ふぐだし潮 八代目けいすけ”さん。名前の通り世界初のふぐ出汁のラーメンがいただけるお店です。

“ふぐだし潮らーめん美味玉入り” ¥1,150
kei2
kei3天然塩と沖縄の海水塩をブランドした塩スープ。まずは、柚子の香りがやってきて、その後にバランスのよい塩味が。麺は全粒粉入りの喉ごしのよい太さ。フグの昆布〆が乗っており贅沢感も抜群。フグのお味もしっかりと感じて、まるで潮騒が聞こえてくるようなラーメンでした。

続いて11階、最も話題となっていたレストランの1つ、ギリシャ料理店”THE APOLLO“さん。180席と相当広いスペース、。窓に囲まれた明るい店内、大理石のテーブルもこの時期、冷たくて気持ちがよい。平日ランチは¥1,900からありますが、本日は”THE APOLLO” ¥2,800(w/o tax)をお願いしました。前菜3品、メイン、サイドディッシュ、デザート、ドリンクが付いたボリュームたっぷりのコースです。

前菜 “アポロオリジナル ピタブレッド、イエローインゲン豆のディップ”
apo2 apo3
素朴なピタパンを、インゲン豆の甘みが効いたディップに付けていただきます。行ったこともないですが、なんだか田舎風の懐かしさを感じるお味。

デザート “レモンパイ アポロスタイル”
apo8 
メディアでよく登場しているデザート。流石に写真うつりは最高!クラッシュビスケットの上にレモン風味のツンとしたメレンゲ。下にはソースのようなものが仕込んでありました。

ギリシャは海に面している部分が多いのに、魚介を使ったメニューが少ないのは意外(メインは豚肉)でした。どちらかと言えばお肉なんですね。全体的に濃いめの味付け、ボリュームがとにかく多いので2人以上での利用がおすすめです。

そして最後は同じ11階にある“下鴨茶寮 のまえ”さん。京都の料亭下鴨茶寮が手がける新コンセプトの日本酒バルです。

“真アジなめろう仕立て” ¥850(w/o tax)
shimo1
新鮮なアジが手に入ったということで、たたかずにオクラや九条葱と白味噌で絡めて。綺麗です。オクラも綺麗な星型のを選んでいると思われます。優しいお味で美味しいです。

“野菜盛り合わせ5種 大根、九条葱、新玉ねぎ、トマト、京水菜 ” ¥,400
shimo2
玉ねぎ、トマトは丸々1個。ボリュームがありそうですが、さっぱりとしたお味でスイスイお腹に入っていってしまいました。

“而今(三重県)無濾過生 特別純米” ¥700
shimo3
日本酒の品揃えについては、すごく多くはありませんが、京都の酒をはじめ定番のものは揃えておりました。今後に期待です。

〆 “下鴨カレー” ¥700
shimo4
玉ねぎの甘みと和風出汁が効いた甘口スープカレー。 お茶漬けのようにいただける、和食店にも違和感なくマッチするお味でした。

京料理をベースとしたアレンジが面白く、美味しい料理でしたが、スタッフの方々の感じの良さ、士気の高さが際立っていました。これだけで十分お酒が美味しく飲めるというもの。流石です。お値段もリーズナブルで使い勝手のよいお店との印象。商業施設の中にあるので1人でも臆せず入れるのもよいところです。

東急プラザ銀座のレストラン、沢山あるので徐々に行ってみようと思います。吹き抜けが広大なキリコラウンジ、景色が綺麗な屋上のキリコテラスなど、ゆっくり寛げそうなカフェもあり、魅力的な、憩いの商業施設となりそうです。

“東急プラザ銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。

suki1tera2 tera1