西洋料理 三笠会館 銀座三越店|原点回帰の伝統料理とりどり/the 416th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」416日目、本日は洋食です。銀座三越11階に2019年3月18日オープンした三笠会館の系列店「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」にランチにお伺いしました。

三笠会館といえば銀座5丁目、並木通り沿いにある和洋中料理が各階でいただける総合レストランビル。始まりは1925年に銀座でかき氷屋として創業した老舗洋食店なのです。

三笠会館らしい落ち着いた店内、スタッフの方々もピシッと制服で整えていらっしゃいます。¥2,200からのセットメニューもありますが、本日は伝統メニューを中心に色々お願いしました。

・三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え ¥1,200

1932年に外食メニューとして初めて「鶏の唐揚げ」を提供したのが三笠会館だとか。手羽先が入っていましたが、骨はそう多くなく食べやすいです。下味もしっかり付いているので、そのままでも良いですが、胡麻塩が壺。

色々な部位が入っているので、肉質の違いを楽しめます。

骨から出汁が出るからかわかりませんが、骨付きって美味しいです。

・南部鉄釜 チキンと半熟卵のドリア ¥1,600

1957年に登場し、西洋釜飯と呼ばれ親しまれていたというドリアは、個人的には西洋親子丼という印象。プツプツした熱々のベシャメルソースにチーズ、鶏肉にキノコ、下はケチャップライス。上に乗った半熟卵をくずしていただくと、ビジュアルと共に美味です。

・三笠会館伝統 焼きカスタードプリン ¥700

色、サイズ、形状共に理想的なカスタードプリンです。お味も想像通りですが、それが素晴らしい。先ほどのドリアの南部鉄器にも施されていた鹿は創業者が奈良出身のためで三笠会館のマークともなっています。

春日大社の神鹿、「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の一句よりプリンは月の連想。

とても雅なプリンでございました。他インド風チキンカレー、シーザーサラダなどの伝統メニューもいただけます。歴史のあるお店は色々な物語があり良いですね。

こちらは通しで営業されており、カフェ利用なども可能。ちょっとした休憩にも便利です。

銀座の三笠会館系列ではここでしかいただけない・チョコレートパフェなども。

スタンダードに美味しいチョコパフェでした。昭和50年創業のサンミ高松と共に安心できる総合レストランの1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

Lunor SWING A 32 特徴的スイングブリッジ

ドイツのアイウェアブランドLunor-ルノアをご紹介いたします。

ルノアを象徴するコレクションがこちらの「SWING A」。

どんな鼻の形にもフィットする可変式のサドル(一山)ブリッジが特徴です。インスピレーションは、第一次世界大戦直後、片目を失った傷痍軍人が使用していた反転メガネです。このメガネは、一方に近視補正用レンズを、片方に老眼補正用レンズを入れ、反転させることにより近視と老眼の使い分けが可能でした。

Lunor SWING A 31 col.AS

レンズ横幅33mmと非常に小さい丸メガネ。そのためメガネの主張が大幅に抑えられ、落ち着きのある馴染み感、ジェントルな印象が生まれます。

右テンプルにさりげなくロゴが入ります。

昔ながらのドイツ製メガネらしい堅牢で力強い質感も魅力です。ネジ1つに至るまで、全てルノアオリジナルのパーツで製造されています。

Lunor SWING A 31 col.GP

Lunor SWING A 31 col.AG

是非店頭にてお試しください。

LUNOR-ルノアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ルノアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

AG=アンティークゴールドカラーはテンプルもマット仕上げです。

MYKITA PAULIN ビンテージモダンなサングラス

ベルリンのアイウェアブランド「マイキータ」の最新サングラスが入荷しています。

2019年のルックブックですが、何故か三猿「見ざる言わざる聞かざる」のポーズ。実は世界中で有名なモチーフだそうです。

MYKITA  PAULIN col*402 Shiny Copper/Sand

ビンテージ感のあるデザインですが、上部の直線のカラーリングがスポーティーさ演出し、現代の空気感とマッチするデザインに仕上がっています。女性にもお勧めできるスタイリッシュなサングラスです。

 フロント上部のラインが効いています。

このカラーはテンプルもフロント上部のラインのカラーに合わせたベージュ。

MYKITA PAULIN col*362 Black/White

一番上のビジュアルで聞かざるの男性が掛けているカラーです。ブラックに1本の白いラインが純粋な格好良さ。是非店頭にてお試し下さい。

MYKITA-マイキータについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。MYKITAのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫100点以上と充実しております。

BLAKE KUWAHARA BREUER 人気モデルが再入荷

本日は「BLAKE KUWAHARA ブレーク クワハラ」の人気モデルが再入荷しています。

BLAKE KUWAHARA BREUER col.Black

やや大ぶりのサイズ、カラーリングなどブレイククワハラらしい迫力を存分に感じていただけるメガネです。

ブレーク クワハラのメガネは全て福井県鯖江市で8〜9ヶ月かけて製造されています。

切り替えの極スムーズな2種類のアセテートプラスチック、なめらかな質感は日本のメガネ製造技術の結晶と言えます。

BLAKE KUWAHARA PAXTON col.Black

ブレーククワハラの中ではすっきりとした細めのデザインで顔馴染みの良いクラウンパント型。サイズが大きくないので女性にもお勧めです。

BLAKE KUWAHARA PAXTON col.OCEAN

爽やかなブルーカラーも人気です。

テンプルの一部にチタンを使用することで、高級感を高め、デザインのアクセントとなるとともに、掛け心地も向上しています。

日本の職人による超絶技巧で全く違和感なく一体となった奥深いブルーとクリアグレイは類まれな美しさです。

他のブランドには無い存在感です。

是非店頭にてお試し下さいませ。

BLAKE KUWAHARA-ブレーク クワハラについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ブレーク クワハラのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。