ひょうたん屋 6丁目店|蒸さない鰻が美味しい!/the 27th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、27日目です。

残暑が厳しく、バテ気味の本日は、元気を出さねばということで、大好きなウナギです。

松坂屋の裏手にある郵便局の向かいにある“ひょうたん屋 6丁目店”さんにお伺いしました。
ひょうたん屋
可愛い赤いひょうたんマークが目印です。

関東では多くの場合、背開きをして、蒸して焼くところが多いのですが、

“ひょうたん屋”さんのウナギの焼き方は独特で、背開きで、蒸さずに焼きます。

関西風のウナギが好きな私に取っては嬉しい限りです。

焼き場前のカウンターに座ると、ウナギが焼かれていくのを間近で見れるので楽しいです。
ひょうたん屋

本日は、”肝焼き”と”鰻重”をオーダー。

“肝焼き” ¥400

程よい苦みがクセになりそう。

噛むほどに、旨味が染出るような肝焼き。ビールが飲みたくなります。

パワーが付きますね。

“鰻重 竹” ¥2,100

フタを開けた瞬間、香ばしい香り。そして良い焼き色、脂の乗り具合。美味しそう!

そして実際、とても美味。

蒸さないウナギならではのカリッとした表面部分が最高。中は割とフワフワです。

タレも辛口でサラッとしており、非常に食べやすいんです。

いくらでも食べられそうです。

美味しい鰻、ごちそうさまでした!

店内は左側がカウンター、右側がテーブル席です。

鰻を焼く姿カッコ良い。

美味しい鰻、ありがとう。

銀座1丁目にもあるみたいです。

“ひょうたん屋”さんのウェブサイトはございませんので、食べログをご参考にどうぞ。

お立ちよりの際は、是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。