日本ばし やぶ久 銀座店|日本橋の老舗そば屋はカレー南蛮が名物/the 420th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」420日目、本日は蕎麦です。2019年3月にオープンした蕎麦店「日本ばし やぶ久 銀座店(やぶきゅう)」にお伺いいたしました。

場所は銀座4丁目、レンガ通り沿い、新築の「銀座モリタビル」の地下1階。

4階には以前当ブログでもご紹介した「鮨いしやま」が入っています。店名からも分かるように明治三十五年(1902)に日本橋で創業、やぶ系の伝統を継ぐ蕎麦屋です。 

カウンターはなく、テーブル席のみの程よくオシャレで落ち着いた店内。蕎麦屋では珍しく個室も1部屋あります。 

店内に掛けられた暖簾は屋台の名残でしょうか。

本日は2種類あるお昼のランチセットから・江戸前天丼とせいろもり(かけも選択可) ¥1,600(w/o tax)をお願いしました。

美味しそうなビジュアル。蕎麦と天丼どちらからいただこうか迷ってしまいます。

天丼はエビ天2尾、アナゴ、サツマイモ、ナス、シシトウ。

エビ天は大きくてプリプリ、サツマイモも厚めにカットされておりホクホク。蕎麦屋の天丼としてはかなり良い感じです。

蕎麦は「外二」という特徴的もの。通常の「二八」は小麦粉が2割に、そば粉8割。これに対し「外二」は小麦粉2割にそば粉が10割という割合で作られています。 

コシのある蕎麦で香りはあまり感じなかったものの、カツオ節をたっぷり使用した濃い目のツユに付けていただいてみると最後に蕎麦の香りが鼻に抜けて美味しいです。 最後は蕎麦湯をたっぷりいただき、ゆっくりさせていただきました。

「日本ばし やぶ久」の名物がカレー南蛮、後日いただきにお伺いいたしました。 ランチのセットメニューが3種に増えており、その中にカレー南蛮もありました!

単品だと黒豚を鴨に変えることもできるので少し迷いましたが、本日は・そば米アナゴ寿司と名物黒豚カレー南蛮セット ¥1,400(w/o tax)をお願いしました。

カレーとほのかに混じるカツオ出汁の香りに包まれます。辛さも選べるのですが、初めてのため普通にしました。

程よい辛さで、甘みもかなり感じられる蕎麦屋ならではのカレーです。

味がしっかりしているため普通にご飯にかけても美味しそう。 蕎麦はたっぷり入っており、丼の下にはカレーが浸透していない部分もあり、箸休めに良いです。

アナゴ寿司には蕎麦の実を米にように加工した「そば米」使用。

これも食感良くて美味でした。

オープン仕立てのせいか土日でも比較的空いており、周りには蕎麦前で一杯召し上がっている方も。サービスも銀座らしく丁寧で、雰囲気も良好です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「日本ばし やぶ久 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。