資生堂パーラー、ピエールマルコリーニ、デリーモetc.|2019初夏 銀座のパフェ色々/the 429th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」429日目、本日はパフェです。イチゴの季節も終わり、初夏のフルーツパフェが色々と登場しています。フルーツを使ったパフェが美味しい5店を一度にご紹介いたします。

まずは毎月変わるパフェが楽しみな「資生堂パーラー サロン ド カフェ」、6月限定の・静岡県袋井地区産 クラウンメロンのパフェ ¥1,980

マスクメロンの王様クラウンメロンをたっぷりと使用。フレッシュ、シャーベット、ピュレ、ゼリーと余計な素材は使用せず、メロンのみを堪能できるパフェです。


途中のバニラアイスが出てきたら抹茶ソースで味変できるのは嬉しいです。資生堂のパフェを支えているのは、フルーツの上質さもありますが、バニラアイスの素晴らしさではないでしょうか。サービスも上質、いつもながらラグジュアリーでとても美味しいパフェでした。

続いては松屋通り沿いの「キットカット・ショコラトリー 銀座本店」、久しぶりの新作パフェは・マンゴータピオカパフェ ¥1,800(w/o tax)

刺さっているキットカットは、火山島のカカオから作られたサブリム ボルカニック3種のうちの・パプアニューギニア カルカル、少しフルーティーな感じでマンゴーと良く合っています。

パフェの構成はいつもながらシンプル。

インド産のアルフォンソーマンゴー、生クリーム、バニラアイス、マンゴーソース、スポンジケーキ、タピオカ。爆発的ブームのタピオカの必要性はわかりませんが、食べ応えのある美味しいパフェでした。ごちそうさまでした!

3店目は東京ミッドタウン日比谷地下1階のカフェ「パティスリー&カフェ デリーモ 日比谷店」 、ショコラティエの江口和明氏プロデュースのチョコレートとフルーツを組み合わせたパフェがいただけます。

本日オーダーしたのは期間限定の・メランジュフリュイ HIBIYA チェリーメロン ¥2,500(w/o tax)

どのパフェにもチョコレートソースが付くのも特徴です。ワイングラスに入った華やかで綺麗なビジュアル。フルーツは赤肉メロンにさくらんぼ、中にもメロンが沢山入っていますが、ジューシーで甘くて美味しいです。

甘いメロンやチョコレートクリームに対し、ヨーグルトアイス、さくらんぼアイス、オレンジピールの酸味でバランス。個人的にはこの程度の優しい酸味が好み。

下部にはポートワインで煮込んだグリオットチェリー、シャンパンゼリー、ベリーのフィヤンティーヌ、ポートワインコンフィで大人っぽく〆。 全体的な味のバランス良く、クランブルやフィヤンティーヌの食感のアクセント、別添えのチョコレートソースも掛けながら飽きずに完食。ごちそうさまでした!

4店目はベルギー発のチョコレート店「ピエールマルコリーニ 銀座店」、銀座店では初登場のパフェがこちら。

・マルコリーニ ピーチパフェ ¥1,620

上にはピーチのチョコレート、クリーム、ピーチゼリー、ピーチシャーベット、ピーチのコンポート、ホワイトチョコレートアイス。甘酸っぱいと説明に記載してありましたが、酸っぱさより甘み強めで安心しました。一番上のジャムのような雰囲気もあるピーチゼリーが味濃く、チョコレートアイスは流石の美味しさ。


 アドバイスにしたがった全体を混ぜていただいてみると、ザックリと入ったアーモンドの食感と香り、フランボワーズソースの優しい酸味も加わり美味!マルコリーニのパフェの中では軽やかな印象、サイズも大きくないので全く飽きることなく、あっという間に完食です。ごちそうさまでした!

最後の5店目は銀座で最もお気に入りのカフェ「リール銀座」の美しいパフェ・アーリーサマーパフェ ¥2,000

2016年にリール銀座初のパフェとして提供された記念すべき一品。オレンジ、グリーン、イエロー、ピンク、レッドと柔らかいパステルカラーでスタイル抜群のスタイリッシュなビジュアルです。 ジンとライム香るウ ア ラ ネージュ、完熟マンゴー、グレープフルーツのグラニテ、グランマルニエのアイス、フランボワーズのムースアイス、一番下はフルーツが入ったマスカットと白ワインのゼリーです。


1つ1つの素材がとても完成度が高く、春から夏への季節の変わり目にぴったりの爽やかさ。スグリのシャープな酸味がアクセントなった大人なパフェ、美味しくいただきました。

カフェ、喫茶店、チョコレートショップなどが多い銀座。色んなお店のパフェを食べ比べてみるのも楽しいです。初夏は見た目も涼しげなメロン、マンゴーを使ったものが多いようです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

プティオザミ、キットカットショコラトリー、待合室2|チョコレートパフェに萌える季節/the 333th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」333日目、本日はチョコレートパフェです。夏も美味しいのですが、寒い季節になると何故か食べたくなるチョコレートパフェを提供しているビストロ、カフェ3店をご紹介いたします。

まずは銀座1丁目のビストロ「プティオザミ」。

ギンザシックス始め、銀座に系列店が何件もある有名店。こちらで気になるネーミングのチョコレートパフェがいただけると知り、お伺いしました。パフェは14時から(週末14時30分から)のカフェタイムからの提供です。

・日本一美味しい!100%手作りチョコレートパフェ ¥800(w/o tax)

「オザミ」だからこそ許せる強気なネーミング!見るからにサクサクのクッキーとバナナが乗った見た目はシンプルなパフェ。中にはバニラアイス、チョコスポンジ、フレーク状のクッキー。

黒い部分が少なく一見チョコレートパフェっぽくありませんが、コニャックが入ったチョコレートソース(コニャック無しも可能)をかけて完成です。

生クリームもアイスもクッキーも真面目な味ながら、とても美味しいパフェ。そしてコクと甘みのある大人なチョコソースもかなり美味しく大変満足。 リーズナブルなお値段も考えると、シンプルなチョコパフェの中ではかなり上位に入るのではないしょうか。ごちそうさまでした!

“プティオザミ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて、松屋銀座近くの「キットカット ショコラトリー 銀座本店」、いつの間にやら2階にカフェができていたので早速お伺いいたしました。

外観もそうですが、カフェのレジカウンターの下などもキットカットになっており面白い意匠です。

こちらのカフェをプロデュースしている「ル パティシエ タカギ」のケーキも販売されていました。

どれも綺麗で美味しそうです。

メニューはサンドイッチ、キッシュなどもあり食事もできますが、本日はお目当てのパフェをお願いしました。

・キットカット ショコラトリーパフェ ¥1,000(w/o tax)

1サイズが大きい! 食感の良いカカオチップを散らした生クリームには「キットカット I ♡ FRUITS」の柚子、パッションフルーツ、ブルーベリーの3味をセット。フルーツはバナナとパイン、その下のアイスはチョコ、イチゴ、バニラの間にはフランボワーズ味の生クリーム。さらに一番下にはフォンダンショコラにチョコとフワンボワーズソースが控えています。


見た目同様、ボリュームがすごいです! アイス1つ1つが大きく、フルーツもたっぷりで、下にたどり着くまでが長い道のり! フォンダンも大きいのが3欠けも入っているので、終盤かなり苦しい。お味としてはシンプルなのですが、銀座パフェとしてはリーズナブルな価格とボリュームに満足。美味です。

1階では銀座店限定の高級キットカットなども販売されており、贈答用としても喜ばれそうです。ごいそうさまでした!

“キットカット ショコラトリー 銀座本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

最後は銀座駅を数寄屋橋交差点改札を出たすぐにある「待合室2」(待合室も地下駐車場入り口にございます)。

全席喫煙可能のレトロな喫茶店です。簡単な軽食しかないと思っていたのですが、チョコレートパフェを提供していると知りお伺いしました。

・チョコレートパフェ ¥650

ミカンのシロップ漬け、バナナ、ウエハース、バニラ&チョコアイス、クリームにチョコソースがかかった懐かしのパフェ。

期待を上回りも、裏切りもしない予想通りのお味!

そしてなんと下半分は全てコーンフレークそのまんま! ミルクを少々入れておいてくれるとより嬉しいかもしれません。平日は朝8時30分から営業しておりますので、朝パフェにもお勧めです。

お店によって様々な個性があり面白いチョコレートパフェ、冷たく甘美な幸せなスィーツです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

「待合室2」の素朴なサンドイッチです。