御膳房 銀座店|キノコだらけの雲南火鍋/the 157th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、157日目です。本日は体調を崩しており、元気を付けるためキノコ火鍋が名物の「御膳房 銀座店」におうかがいしました。

場所は銀座2丁目、メルサの正面の「銀座トレシャス」の11階でございます。1階はMiu Miuが入っております。
go15

木をふんだんに用いた、落ち着きと高級感のある店内です。銀座のビル群を眺めながらいただけるカウンターも3席ございます。
go12
ランチは1,000円からございますが、本日は・雲南キノコ火鍋 ランチ特選コース ¥5,500をオーダーいたしました。

・季節前菜の盛り合わせ
go1 
鶏肉のクルミ巻き、プーアル茶の煮こごりなど凝った美味しい前菜多数。期待できますね。

ここでキノコが登場。
go2 
マッシュルーム、エリンギ、ジャンボなめこ、ヤマブシタケ(うさぎたけ)、かきの木茸、トキイロヒラタケ、柳松茸、ポルチーニ、アガリスクなど。珍しいキノコも沢山。あと白菜も入っております。美味しそうです!

タジン鍋のような特製鍋で煮込みます。
 go5 
火鍋スープは、十数種類のキノコスープと地鶏、牛テールなど使用の動物性スープの2種類をブレンドしているそうです。15分ほど煮込むと食べられます。

・酢豚
go4
酢豚はそれほど好きではないのですが、これは美味しいです。普通の酢豚とは違った感じです。かなり粘り気のあるあんに、衣のカリカリ感が素敵。それほど酸っぱさも気にならず、パイナップルも美味しく思えます。

・雲南キノコ火鍋
go7
熱々です。なかなか冷めませんので、体がだんだん熱くなってきます。火鍋ということですが、全然辛くありません。モフモフした白いヤマブシタケ、見た目によらず非常に美味です。しかし何といってもキノコの旨味が染み出たスープが美味しい。キノコ好きにはたまりません。最高です。

・キノコ火鍋 2杯目
go9
2杯目は山芋、カボチャ、冬瓜も入ります。アガリスク茸も入っており、どんどん体が元気になるようです。こんな感じでキノコ火鍋は3杯いただけます。

・雲南米線の担々麺
go10
キノコ火鍋の残りのスープを使用した担々麺。米で作った米線は、こしは全くございませんが、ツルツルしており喉越しが良い。中国人の店員の方は辛くないですよとおっしゃいましたが、けっこう辛い。

・杏仁豆腐
go11
タピオカやイチゴな乗っております。最後まで一手間かかったお料理ですね。爽やかで非常に美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

「御膳房 銀座店」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

ちなみにキノコ鍋と言えば同じ雲南地方ですがきのこエキスたっぷりブラックスープの「シャングリラシークレット 銀座店」もお勧めです。「シャングリラシークレット 銀座店」にお伺いした際の日記はこちら

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

独創的な “極上串焼 銀座 匠”さん/the 41th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、41日目です。

本日は、本ブログ初の串焼きです。”極上串焼 銀座 匠”さんにお伺いしました。

自ら極上串焼と名乗るところが自信の表れなのでしょうか。

場所は、久々の交詢ビル。

バーニーズニューヨークの入っているビルです。

クリスマス時期に合わせ賑やかなディスプレイです。

ランチコース”彩” ¥5,000をオーダーしました。

先附 “季節の前菜 三種盛り合わせ”

左からホタルイカ、卵焼きとチーズかまぼこ、白滝のまさご和え

まさご(真砂子)はシシャモの卵らしいです。プチプチする食べ物は好きです。

串焼 “宮崎牛のリブロース、信玄鶏笹身変り、サツマイモ

マヨネーズとナッツが乗った鶏笹身が意外と軽くて美味しい。

サツマイモも甘くって良い感じです。

“根菜盛合せ”

左上の緑のはアボカドソース。アボカド苦手ですが、これはいけます。

刺身 “ヒラメ、本マグロのお造り”

淡白なヒラメが美味。

おまかせ串焼 厳選食材盛合せ

左上から時計回りに宮崎牛、蓮根と白舞茸、豚ロースの野菜巻き、鯛の味噌焼き。

創作串焼きですね。

見た目にも綺麗で、食欲をそそります。

食事 “キノコの炊き込みご飯、赤出し、香の物”

懐かしい感じのする炊き込みご飯。久々に頂く赤出汁が染みます。

甘味 “白ごまのブランマンジェ、小豆の黒糖ロール”

最後はあっさりとした和風デザートで。

創作意欲に富む新しい串焼きでした。ごちそうさまでした!

店内画像はございませんが、シックな落ち着いた雰囲気です。

場所はコチラです。


お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

リニューアル)レストラン ファロ資生堂|格式ある甘美なイタリアン/the 40th day

こんにちは、トリプル銀座です。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、40日目です。

本日は意外とお店が少ないと感じているイタリアンです。理由はわかりませんが、銀座のイタリアンはディナーのみの営業というお店が多い気がします。そんな中では嬉しいイタリアンレストラン「ファロ資生堂」さんにお伺いしました。

中央通り沿い、銀座8丁目、資生堂ビルの10階です。
ランチコース”Falo”¥3,800(+サービス料10%)をオーダーしました。

“パン4種類”

全部美味しかったのですが、特にカボチャのバゲットがお気に入りでした。

“きのことベーコン、リコッタチーズのタルト ドライトマトとオリーブのソース、サラダ添え”

このタルトは絶品でした!定番のきのことベーコンなのですが、リコッタチーズのほんのり感じる甘味と、しっとりとしたタルト生地、そして絶妙な温かさ。全てが調和している感じ。 美味しいです!

“菜の花とアンチョビのバヴェッティーネ”
falo3
バヴェッティーネというパスタ始めた食べました。 断面が楕円形。コシが強く、ツルツルモチモチした食感でコチラも美味。サッパリとした優しい味付けなのも嬉しい所。

“オマール海老のグリル 黒トリュフのドレッシング(+¥1,000)”

野性的な盛り付けも素敵なコチラ。お味も言うことなし!見た目同様お味もややワイルド。 歯ごたえのあるオマール海老と黒トリュフの絡みが堪りません。 もっと食べたい!と思わせます。付け合わせのアーティチョークと焼きトマトも美味しいですよ。

“ドルチェ-ティラミス、マロンのムースケーキ、カスタードプリン”

デザートは8種類の中から好きなだけ頂けるという素敵なサービス。全部という方も多いみたいですが、今回は3種類だけ。どれも(マロンのムースでさえ)くどさがなく、品の良いお味。至福の時間です。

最後はコーヒーで。

やや抑えた温度での提供が嬉しいです。

美味しいのはもちろん、格調が高く、美しいお料理。他も食べたい!また行きたい!と思わせる素敵お店です。 ごちそうさまでした!

銀座らしい、落ち着いた雰囲気の良い上質な店内です。

10階なので、窓際からの景色も素敵です。

“ファロ資生堂”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。