銀座 喰い切り ひら山|日本料理店の優しい和風タンシチューランチ/the 422th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」422日目、本日は和食です。銀座1丁目、東銀座といってもほぼ築地近くにある日本料理店「銀座 喰い切り ひら山」にお伺いしました。

ミシュランガイド湘南で3年連続1つ星、銀座に移転して今年で5年目、2019年4月からお手軽なランチを始められたということで早速お伺いいたしました。 3,800円からはランチコースは要予約ですが、限定15食の・和風タンシチュー御膳 ¥2,000 は突然お伺いしてもいただけます。

和食店らしい落ち着いた店内はカウンター6席に個室2部屋。

金地に墨の「破天荒」の文字が目に飛び込んできますが、平山大将は見るからに優しげなお方なので安心です。

まずは優しく胃を温める・桜茶 から。

ほっといたします。

先付け・アオリイカの揚げ真薯、大根の炊合せ

軽い一品も日本料理店らしい洗練された味わい。続いてメイン。

・和風シチュー

蓋を開けていただくと美味しそうな激グツグツ状態。小ぶりな鍋ですが牛タン、牛すじ、春キャベツ、新玉ねぎ、ジャガイモなど具沢山。シチューはほぼ野菜とお肉の出汁と塩のみ。野菜の甘みがたっぷりでとても滋味深いお味。シチューというよりは野菜煮込みという印象でしょうか。時間をかけて火入れしたお肉も柔らかくてとても美味しいです。 

・切り干し大根、お漬物、揚げパン

シチューとの相性ばっちりの揚げパンが付くのも面白いです。シチューはもともとコースの途中で出していたものということで、他の素材の邪魔をしない非常に優しい仕上がり。味のしっかりしたものも好きですが、こういうシチューもまた良い。 

そしてご飯は南阿蘇のお米を土鍋炊き。お代わりもできます。

最初はそのまま、続いてシチューをかけて。

最後はジャコで。

昼からこの値段で美味しいご飯がいただけて幸せです。

デザートは・酒粕のクリームブリュレ

酒粕のお味も濃厚、風味良くこちらも美味しいです。 和食店のシチューらしく食後感も非常に軽やか。静かな店内でいただくタンシチューはかなりの満足感でした。 雰囲気もとても良かったので、また通常のランチコースもいただきにお伺いしようと思います。ごちそうさまでした!

「銀座 喰い切り ひら山」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

トミーバハマさん-リゾート感 + ホスピタリティ/the 192th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、192日目。本日はアメリカのライフスタイルブランド“トミーバハマ銀座”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから1本東側の通り沿い”ストラータ銀座”の1、2階です。
tom8
地下に中華料理の名店”筑紫楼”さん、1階にカメラの”ニコンプラザ”さんが入っている建物でございます。1階のバーは外から見えるのですが、2階が本格的なレストランということを最近知って早速行ってまいりました。

2階にもバースペースがあり(私の想像の)カリブ海っぽい香りがいたします。 基本的に洋服店で、2階も半分のスペースは洋服が展示してあります。
tom1
細長いレストランスペースは大きい窓から光が差し込み、非常に明るいです。 テーブルもゆとりを持って、設置されていて良いですね。

お昼はワンプレートランチがお得なよう。 6種類ほどあるメニューの中からコチラをお願いしました。

“グリルチキンバーガー セット” ¥1,300
tom3
スープ or サラダ、ポテトフライ、ドリンクが付くお得なセットです。

サイドメニューは、サラダを選んだのですが、何故かスープが。 お伝えするとサラダも別皿で持ってきてくれました。 「よろしければスープもどうぞ」ということで、ちょっとお得な気分です。 本日のスープは、”カボチャの冷製スープ”。優しい甘みが心地よい爽やかなお味でした。

メインの”グリルチキンバーガー”は、 こんがりと焼きを入れられた鶏胸肉の上にとろけたチェダーチーズとたっぷりのフライドオニオン。
tom4
美味しそうな見た目ですね。 中にはガーリックソースとスパイシーなソースがダブルで仕込まれており、食欲を刺激します。 さっぱりとしたお味に、カロカリのタマネギの食感、ソースの風味が心地よく、食べ応えも十分です。 手持ちでは難しそうでしたので、ナイフとフォークでいただきました。

せっかくですのでデザートもオーダー。

“パイナップル クリームブリュレ” ¥1,130
tom10
パイナップルが器のユニークなデザートです。

上からクリームブリュレ、パイナップルのコンポート、パイナップルの果実の3層構造。
tom7
スプーンでお上品にいただくのもよいですが、ここはナイフでザクザクと皮ごとカットして、かぶり付きです。 快楽的な甘みと大胆な食べ方で、リゾート気分を堪能できますね。1人で美味しく完食いたしましたが、2人〜4人でシェアがオススメです!

最後は大きいカップに入った美味しい”コーヒー”で。
tom6
ごちそうさまでした。

スタッフの方々も皆様明るく手際が良い。 バハマ(or ハワイ)的なリゾート感と、日本的なホスピタリティーが見事に融合しておりますね。 ゆったりできそうなボックス席は、ランチでも予約したほうがよいようです。 今度はモヒートを飲みに、お伺いいたします。

“トミーバハマ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
tom2