EYEVAN7285 mod.165 クリングスサドルブリッジ

日本のアイウェアブランド「EYEVAN7285 アイヴァン7285」の最新モデルが入荷しました。

EYEVAN7285 mod.165 col.815
EYEVAN7285 mod.165 col.815
「クリングスサドルブリッジ」と名付けられた新しい一山パッドが特徴のオールチタンフレーム。レンズシェイプはシンプルなスクエア型でお顔馴染みの良いデザインです。

クラシカルな意匠であるイチヤマ(サドル)ブリッジの新しい形に挑戦した意欲作。
EYEVAN7285 mod.165 col.815
鼻と接する面が多いため、掛けやすく重量を感じにくい構造。サドルブリッジは欧米人と比べ鼻の付け根が低い日本人には難易度の高いデザインですが、こちらはちゃんと掛けられます。さらに掛ける方の鼻に形に合わせて、ある程度調整も可能です。

掛けた時にバランスがよくなるよう、モダンエンドはボリューム付け、重くしています。
EYEVAN7285 mod.165 col.815
2色入荷しました。

EYEVAN7285 mod.165 col.901
EYEVAN7285 mod.165 col.901
店頭にてご確認下さいませ。

EYEVAN7285-アイヴァン7285について詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アイヴァンのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

Lunor SWING A Mod.33 レアな廃番モデル入荷しました

ドイツのアイウェアブランドLunor-ルノアのレアモデルが入荷しました。

Lunor SWING A Mod.33 col.AS
Lunor SWING A Mod.33 col.AS
どんな鼻の形にもフィットする可変式のサドル(一山)ブリッジが特徴の「SWING」コレクション。インスピレーションは、第一次世界大戦直後、片目を失った傷痍軍人が使用していた反転メガネです。このメガネは、一方に近視補正用レンズを、片方に老眼補正用レンズを入れ、反転させることにより近視と老眼の使い分けが可能でした。

アンティークフレームを再現したダルマ型ヒンジ、やや丸みを帯びた甲丸リムも魅力的な意匠です。
Lunor SWING A Mod.33 col.AS
ドイツ製メガネらしい温かみのある質感も素敵。ネジ1つに至るまで、全てルノアオリジナルのパーツで製造されています。

Lunor SWING A Mod.33 col.AG
Lunor SWING A Mod.33 col.AG
ラウンド型やボストン型のスイングは既に完売、こちらのオーバル型も廃番で希少な1本となりそうです。

マット加工が施されたストレートテンプルもルノアらしいデザイン。
Lunor SWING A Mod.33 col.AG
是非店頭にてお試しください。

LUNOR-ルノアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ルノアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

EYEVAN7285 mod.166 新しい一山ブリッジの形

トリプル銀座は連休中も休まず営業(11時-20時)しております。メガネの事でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

日本のアイウェアブランド「EYEVAN7285 アイヴァン7285」の最新モデルが入荷しました。

EYEVAN7285 mod.166 col.802800
EYEVAN7285 mod.166 col.802800
新しい一山パッドが特徴のオールチタンフレーム。レンズシェイプはモダンに変形させた八角形、ブリッジの溶接の仕方も特殊でカラーリングもアクセントとなっています。

クラシカルな意匠であるイチヤマ(サドル)ブリッジの新しい形に挑戦した意欲作。
EYEVAN7285 mod.166 col.802800
欧米人と比べ鼻の付け根が低い日本人には難易度の高いデザインですが、こちらはちゃんと掛けられます。さらに掛ける方の鼻に形に合わせて、ある程度調整も可能です。

ブリッジを強調するため、他の部分は装飾無く、すっきりと仕上げられています。
EYEVAN7285 mod.166 col.802800
2色入荷しました。

EYEVAN7285 mod.166 col.802902
EYEVAN7285 mod.166 col.802902
店頭にてご確認下さいませ。

EYEVAN7285-アイヴァン7285について詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アイヴァンのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

今日の銀座。

15時頃の外堀通り、新橋まですっかり見渡せる清々しさ。

コリドー街も、コンビニまで休業しており、すっきりです。

3密とは無縁の銀座です。

オンラインショップも開設しましたので、よろしければご覧下さいませ。

Lunor SWING A 可変式の一山ブリッジ

ドイツのアイウェアブランドLunor-ルノアをご紹介いたします。

「Lunor-ルノア」は、アンティークメガネのコレクターでもあるゲルノット・リンドナー氏が創業したドイツのアイウェアブランド。工房は、黒い森と呼ばれるシュヴァルツヴァルトの北端にあり、そこから生まれる伝統美と機能美を感じるタイムレスなメガネは世界中の人々に愛用されています。

2005年以降の経営は、ウルリッヒ・フックス Ulrich Fuxとその息子ミカエル・フックス Michael Fuxに引き継がれ、さらなる高みに向かって日々邁進しています。

ルノアを象徴するコレクションがこちらの「SWING A」。

どんな鼻の形にもフィットする可変式のサドル(一山)ブリッジが特徴です。インスピレーションは、第一次世界大戦直後、片目を失った傷痍軍人が使用していた反転メガネです。このメガネは、一方に近視補正用レンズを、片方に老眼補正用レンズを入れ、反転させることにより近視と老眼の使い分けが可能でした。

Lunor SWING A 32 col.AS

小ぶりなレンズサイズと、ストレートテンプルも特徴です。


右テンプルにさりげなくロゴが入ります。昔ながらのドイツ製メガネらしい堅牢で力強い質感も魅力です。ネジ1つに至るまで、全てルノアオリジナルのパーツで製造されています。

Lunor SWING A 31 col.GP

レンズ横幅33mmと非常に小さい丸メガネ。そのためメガネの主張が大幅に抑えられ、落ち着きのある馴染み感、ジェントルな印象が生まれます。是非店頭にてお試しください。

LUNOR-ルノアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ルノアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。