閉店)びふてき松江|素晴らしき世界観/the 230th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”230日目、本日は島根の美味しい和牛がいただけるというお店、”びふてき松江”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、昭和通り近くの松屋通り沿い、”銀座AZAビル”の6階です。エレベーターを降りると、レンガ様の壁面に、味のある手書きの「びふてき松江」、下には花が活けられています。
matsue1
これは、、、ホームランか空振り三振のどちらか、という趣。。。

入店すると、ハッシュドビーフ(=カウンター席)かステーキ(=テーブル席)かを尋ねられます。今日はステーキで。

ランチステーキは50g ¥3,800からありますが、本日は”ステーキランチ 80g” ¥5,000(w/o tax)をお願いしました。

まずは、和装のご主人が”お抹茶”を立ててくれます。
matsue8
素敵なおもてなし。そして美味しいお茶。

“サラダ”
matsue9
matsue10
自家製トマトドレッシングをお好きなだけ、物足りない場合はヨーグルト、オリーブオイルを追加。ドレッシングは油不使用で美味。ポリポリ太い海藻麺も素敵。 この時点で、ホームランの予感!

“コンソメスープ”
matsue12
パンが入って玉ねぎたっぷり。濃厚です。

“薬味”
matsue13
薬味も多数。お勧めは藻塩と自分でおろす山葵。そして江戸胡麻・弥勒と江戸おろし・萬歳の1対1ミックス。 びふてき専用醤油、ぽん酢も用意されます。これは期待が膨らみます!

“ビーフステーキ 80g”
matsue14
焼き方はおまかせ。思ったより大きく、イタリア産のトリュフが乗った半熟卵付き。見た目がもう美味しい!まずは何も付けずにいただきます。 一口食べて驚きました。半端ない上質さ!非常に柔らかく広がる口福感。しかもこの価格。これは凄い。

続いて塩と山葵、弥勒&満歳ミックスでいただきましたが、どちらも肉の旨みアップで美味!
matsue16
個人的にはお肉は塩山葵、付け合せは弥勒&満歳で。 ハナビラタケも新鮮で、食感が素晴らしい。贅沢にぶ厚く切られたトリュフも香りがたまりません。貴重な80g、大事に大事に完食いたしました。

デザートは”ぜんざい”
matsue19
小豆たっぷりで美味!上品な甘さで、小豆、お餅もかなり良いものを使用しているようです。

最後は美味しい”コーヒー”で。
matsue17

当初の予想に反して特大ホームラン!「美味しかったので、また明日もお伺いします。」とお伝えし、揚々と帰路に着きました。ごちそうさまでした!

そして次の日もお伺いしました!久々の連ちゃんです。お目当てはコチラ。

“シャトーブリアンを使ったハッシュドビーフ サラダ付” ¥1,500
matsue5
これまた凄い見た目、この塊。 ハッシュドなルー部分は少しで、ほぼビーフ。贅沢過ぎます。 トロトロに煮込まれており、美味!食べ応えも十分でございました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
matsue7
デザートは、昨日店主のご友人からいただいたという松江銘菓”焼きモグラ”、変わった名前だなと思って後で調べてみたら”八雲小倉”でした。。。 外はフワフワのカステラ、中は上質な小豆がぎっしり詰まった美味しい和菓子でした。

ハッシュドビーフも美味しいですが、やはりステーキの方が満足度は上ですね。 店内は昭和初期の応接間のようなテーブルセット、ワイングラスがぶら下がったカウンター、レトロなランプ、茶釜、お雛様、禅語の書、日本画。
matsue2matsue11
一見混沌としているようですが、ご主人の存在により見事に統一されています。松江ワールドへようこそ。 このオンリーワンな感性、ある意味銀座らしくて大好きです。また夜にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。