ケー ミナモト 宗家 源 吉兆庵|料理も甘味もフルーツたっぷり/the 453th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」453日目、本日はカフェ「ケー ミナモト 宗家 源 吉兆庵」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、2019年10月3日に移転オープンした宗家 源吉兆庵 銀座本店(本社ビル「THE HOUSE」の1階部分)。
宗家 源吉兆庵 銀座本店
岡山発祥で、フルーツを使った和菓子が名物のお店です。2階〜5階がフルーツをコンセプトにしたカフェ「K.MINAMOTO」として10月19日にオープンしました。

2階は2人掛、4人掛のテーブル席のみで大きい窓から明るい光が入り、華美ではなく落ち着いた雰囲気。
ケー ミナモト 宗家 源 吉兆庵
3階から上は多人数で利用できる個室風の席やソファー席もあるそうです。せっかくなので食事とデザート両方いただきました。

食事メニューはサンドイッチ、ローストビーフ、ガレット、サラダなどがあり、ソースなどにフルーツが使われているようです。本日は好物の・秋の果実を乗せた「THE HOUSE」カレー ¥1,600(w/o tax)をお願いしました。

まずは果実のスープ・イチジクと梨のスープ
イチジクと梨のスープ
温かいのかと思って期待していたら、普通の冷たいジュース状でした。。。フレッシュで美味しいです。

・秋の果実を乗せた「THE HOUSE」カレー
秋の果実を乗せた「THE HOUSE」カレー
ハウスのバー○ントと関係ないのでしょうが、こちらもリンゴたっぷりだそうです。乗っているのはイチジク、柿、ナシ、ブドウ、グレープフルーツ、キウイなど彩りも鮮やか。それほど辛くはありませんが、そこそこインパクトのあるスパイス感は、フルーツとの調和を考えてのことでしょうか。豚肉がゴロゴロ入っているのが良く、付け合わせのうずら卵のピクルスも面白です。

デザートはパフェ、プリン、モンブランなどがありましたが、本日は・栗とブドウのミルフィーユ ¥2,000 をお願いしました。
栗とブドウのミルフィーユ
厚めのパイ生地にモンブランクリーム、生クリームがサンドされ、周りにイチジクとブドウが散りばめられています。中に入ったレモンピールが味を引き締めるアクセントとなっています。パイ生地もサクサクです。美味。

最後はセットの・コーヒー +¥300をいただきゆっくりさせていただきました。
コーヒー
お店の雰囲気もよく快適なランチタイムでございました。また別のメニューをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「宗家 源 吉兆庵」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ア ヴォートル サンテ エンドーさん-フルーツよりヒマラヤ/the 219th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”219日目、本日はフルーツカレーが有名なイタリアンレストラン、”ア ヴォートル サンテ エンドー”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、銀座三越の晴海通りを挟んだ向かい側の”田創館ビル”の2階です。
endo7
11時半オープンですが、平日その時間に伺うと無情にも「closed」の札がかかっていることがほとんどですので、お気をつけ下さい。また臨時休業の日もあるので、事前の電話確認が間違いありません。

endo9
ポスターや芸能人のサインが沢山飾られ賑わいのある雰囲気。入って手前が喫煙席、奥が禁煙席。 窓際は三越前の中央通りが見渡せ良い景色です。

とりあえず名物の”フルーツカレー” ¥1,400をお願いしました。いったいどんなカレーなのでしょうか。

その前にアミューズ “アンチョビーラスク”
endo3
パリパリで美味しい。

“フルーツカレー”
endo4
これが噂のフルーツカレー!トロピカルな景色が目の前に広がります! 梨、リンゴ、オレンジ、バナナ、キュウイ、フランボワーズと果物盛り沢山。 だんだん辛くなってくるカレーのようで柚子シャーベットがお口直し。 うーん。しかしどうにもフルーツとカレーがベストマッチには思えず。。。正直良さがわかりませんでした!

別々に美味しくいただきましたが、 キーマ風のカレーはスパイシーで美味しいです。 フルーツカレー、話のネタにはお勧めできます!

最後は美味しい小ぶりの”コーヒー”で。
endo14
ごちそうさまでした。

カレー自体は良かったので別のものを食べるべく後日お伺いしました。 (次の日お伺いしたら臨時休業でした・・・)

本日は”ヒマラヤカレー” ¥1,200をお願いしました。
endo11endo13
求めていたのはコレでした! 鶏肉、ジャガイモ、玉ねぎ、人参(大量)、ナス、パプリカ、ズッキーニなど野菜たっぷりで美味しいそうです!

ネパール人スタッフの方が、ご家庭の味を再現されたメニューで、ネパールカレーらしい優しいスパイス感。鶏肉含め全ての具材は柔らかく、生姜が良い感じに効いております。とろみのないルーは、日本人にも食べやすい辛さで、お肉や野菜の旨味が溶け込んでおり美味。 南魚沼産コシヒカリを使ったライスも美味しいですね。

最後は美味しい”コーヒー”で。 個人的にはフルーツカレーよりヒマラヤカレー。点数はヒマラヤカレーのみのものです。 ポパイとオリーブのカレー、名物のオムライスなど気になるメニューもありますので、またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

“ア・ヴォートル・サンテ・エンドー ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。