K18セピアゴールドのレトロフレームが入荷

とても素敵な18金のメガネが入荷しましたので、ご紹介いたします。

INCOULEUR CLSG-2 K18SG ¥445,000P1320974
鼻パッドとレンズ以外は全て18金でできたボストンフレームです。

P1320995P1320972
レンズの横幅44mmと小さめのサイズがクラシック感を高めており、男女問わずお勧めできます。無駄が全くなく、シンプルだからこそ18金の輝きが生きる美しいメガネですね。

P1320966P1320981
K18ならではの滑らかさ、密度の濃さが伝わりますでしょうか。こちらはセピアゴールドという珍しい色の18金を使用しているのも特徴です。ピンク(ローズ)ゴールドより少し白っぽく、肌馴染みの良いカラーです。クラシックなデザインに合わせた特別な色調なのです。

是非店頭にてお試し下さいませ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。18金、14金のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。

“Jacques Durand 511 HOAPINSU” 入荷です

フランスのアイウェアブランドJaques Durand-ジャックデュランの人気モデルをご紹介いたします。511 HOAPINSUです。5色入荷いたしました。

Jacques Durand 506 PAQUES col*002  Matt Black
511_2m

Jacques Durand 506 PAQUES col*001 Matt Tortoise
511_1

Jacques Durand 506 PAQUES col*009 Matt Chocolate
511_7

Jacques Durand 506 PAQUES col*013 Matt Brown
511_13

Jacques Durand 506 PAQUES col*021 Matt Tokyo Tortoise
511_21
坂本龍一さん愛用の506 PAQUESとぱっと見は似たデザインですが、レトロ感、柔らかさは511の方がございます。是非店頭にてお試し下さいませ。

Jacques Durand-ジャックデュランについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ジャックデュランのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫、充実しております! 

銀座シシリア-レトロな老舗イタリアン/the 115th day

2018年5月追記)「ピザが美味しいよ」というお客様のお話を聞いて4年ぶりにお伺い。時間の流れは早いものです。。。週末はランチメニューはないのでアラカルトでオーダーいたしました。

・新タマネギのサラダ ¥550

グリーンサラダと迷って季節メニューのこちらを選択。見事に新タマネギのみ! しかしこの時期のタマネギ、苦味が全くなく美味。 続いて楽しみなピザが到着。

・ミックスピザ(サラミ、マッシュルーム) ¥750

珍しい長方形がの薄型タイプ、ピザはクリスピータイプの方が好みなので嬉しいです。 具材などは非常にシンプルですが、懐かしいというより新鮮な味。


カリカリ生地が良い感じ。これは美味しい!サイズも大きくないので2枚くらいはペロリといけそうですね。 狙っていたレアチーズケーキが品切れのため、こちらをオーダー。

・自家製プリン ¥500

クラシックなプリンを想像していたら、クレームブリュレ風。甘さは控えめ優しいお味のプリンです。ベースの分量が多いので、下にもカラメルが入っていると嬉しかったかもしれませんが、こちらも美味しくいただきました。 最後は・コーヒー ¥380をいただきゆっくりと。

桜エビのピザなども美味しそうでしたので、次回は4年も開けずにお伺いしたいと思います。 ごちそうさまでした!

以下2014年2月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、115日目です。本日は、昭和46年開店の老舗イタリア料理店、“銀座シシリア”さんにお伺いしました。昭和29年に六本木で創業のシシリアさんの姉妹店だそうです。

場所は銀座8丁目外堀通り沿い、京都新聞銀座ビルの地下1階。隣のビルのアシックスストアを目印にするとわかりやすいです。

老舗の香り感じる喫茶店風の看板とメニューです。

本日のオーダーはコチラ。

Aセット ・ナポリタン&ハンバーグ ¥980

ポテトサラダが付いた既視感のある大定番メニューです。パンかライスか選べます。


タマネギ、ピーマン、トマトなどの入ったトマトケチャップ味のスパゲッティ。密度高めの、ぎっちり歯ごたえのあるハンバーグ。どちらも一度は食べたことのあるような気がする懐かしいお味でした。

・マスカルポーネプリン ¥500

この重量感はマスカルポーネ(クリームチーズ)の賜物でしょうか。表面はパリパリのカラメルです。カロリーは高そうですが、甘さは控えめ。プリンとチーズケーキの間のような感じです。

最後は温かいコーヒーで。ごちそうさまでした。

ピザも名物らしいので次回は是非。

広い店内はメニュー内容含め、洋食店のような雰囲気も漂います。テーブルクロスがレトロ感を高めます。落ち着きますね。

「銀座シシリア」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

煉瓦亭|池波正太郎さんも愛した洋食/the 36th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、36日目です。

本日は定番の洋食、昭和28年創業の”煉瓦亭”さんにお伺いいたしました。

場所は松屋銀座のすぐ近く。歴史を感じさせる建物です。

作家の池波正太郎さんにも愛されたお店らしいです。

入り口に近づくと、店員の方が、柔やかにドアを開けてくれます。

こちらが1階。

昭和の濃厚な香りが漂います。家みたいです。

お店は地下1階~3階まで、かなりの席数だと思われます。

地下1階に案内されました。

オーダー。

“ポタージュスープ” ¥800

非常に淀みなく、滑らかなポタージュスープでした。

綺麗なクリーム色。

“元祖オムライス” ¥1,300

一般的なオムライスとは全然違います。

卵にご飯、具(マッシュルーム、グリーンピース、鶏肉)を混ぜ込んで焼いて、形を整えたもの。

当時は”ライスオムレツ”と呼ばれていたそうです。

洋風卵ご飯というか、具沢山の卵焼きというか。

外は固くて、中はトロトロ、懐かしくも新しい感覚です。

口当たりも優しく、シンプルなお味で、スプーンが進みます。

美味しく頂きました。ごちそうさまでした!

地下1階、チェックのテーブルクロス、店員さんの淡いピンクの制服などレトロ感たっぷり。

昼からビールやワインを飲んでいらっしゃる、羨ましいお客様が多いようでした。

“煉瓦亭”さんについて詳しくは、これまたレトロなウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラ。


お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さい。