銀座 大石|希望に溢れるカウンターフレンチ/the 445th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」445日目、本日は前回に引き続きフレンチです。今年の料理業界を大いにざわつかせつつ2019年9月2日にオープンした期待の新店「銀座 大石」にお伺いしました。四ツ谷のフランス料理の名店「北島亭」から独立された大石義壱シェフのお店です。

場所は銀座2丁目、マロニエ通り沿いの新築ビル「マロニエ通り銀座館」の2階。1階に今年6月に復活した老舗ラーメン店「共楽」が入っているビルです。
マロニエ通り銀座館
外の路上に並ぶ大御所からの胡蝶蘭が壮観です。シェフ曰く「ひっそりオープンしました」が、全然密やかではありません。。。20時スタートなので2回転目かと思いきや1回転。明るい店内はオープンキッチンのカウンター12席、現在料理は・おまかせコース ¥24,500(サ別10%)のみです。まずはこちらから。

・北海道噴火湾産毛ガニとキャビアのグジェール
北海道噴火湾産毛ガニとキャビアのグジェール
お手をどうぞと乗せられた可愛い前菜。アボカドバターのアイス、キャビアは桜チップで燻製。アミューズから素晴らしいセンスとバランス感覚を感じさせる料理です。美味。

・バフンウニのコンソメゼリー寄せ、カリフラワーのムース
バフンウニのコンソメゼリー寄せ、カリフラワーのムース
北島亭のスペシャリテでもある料理ですが、アレンジが奮っています。余市の塩水バフンウニが絶品。牛出汁の代わりに日本料理の一番出汁、穂紫蘇を使って穏やかな香りと旨味。

・ボタンエビ寿司
ボタンエビ寿司
とても微妙(良い意味)で興味深い一品でした。どう見てもお寿司ですが、和酢の代わりに25年熟成バルサミコ酢を、ボタンエビは紹興酒ではなくマデラ酒でマリネ。上の緑はボタンエビの卵、玉ねぎのキャラメリゼのアクセント。完成度が上がれば新しい扉が開きそうな印象です。

・スッポンのコンソメスープ、サマートリュフ掛け
スッポンのコンソメスープ、サマートリュフ掛け
鶏ガラを使用し8時間かけて仕上げるそう。大石シェフの楽しいトークも冴え渡ります!滋味。

 続いてカウンターに置かれた箱の上にはホオズキ、稲穂、栗と秋の装い。
八寸
花より団子なので箱の中の料理が気になりますが、和食をイメージした八寸。随所に和食のテイストを取り入れています。

・八寸 パテドカンパーニュ、ヴェネト産ウサギのテリーヌ、キャロットラペ、オーストラリア産グリーンアスパラ、イチジク(福岡県産とよみつひめ)、ピクルス
八寸
ウサギのテリーヌは清潔感のある仕上げ、野趣味のあるアスパラが美味しい。

・公認フォアグラ栗最中
フォアグラ栗最中
大石シェフのご友人という和食店「銀座しのはら」でお馴染みの最中。パクりでなくもちろん公認です。提供の仕方まで研修したという最中は完璧。フォアグラを使わせたらフレンチのシェフは強い。ラム酒ゼリー、クルミのキャラメリゼ、生クリームを使用しデザートとしても通用しそうなお味。一口の絶佳。

巨大なヨーロッパを代表するセップ茸(イタリア語はポルチーニ)。
セップ茸
こうなりました。

・セップ茸のフライ
セップ茸のフライ
松茸フライに対抗。肉や魚にパン粉を付けてソテする料理ヴィエノワーズ仕立て、パン粉にチーズを合わせますが、キノコとチーズの組み合わせって絶対。旨いです。手前の柑橘は宮崎県産のヘベス(平兵衛酢)。優しい酸味と爽やかな香りで素材に寄り添います。そのままかじってみても美味しい。

続いての食材はコチラ。
愛知県一色産鰻
愛知県一色産の大サイズの鰻です。

大石シェフが絶対やりたかったという炭火焼きスペースで美味しそうに焼かれていきます。
愛知県一色産鰻の炭焼き
香りもたまりません。

・愛知県一色産鰻の白焼き ジャガイモ、パースニップ、藁燻製キャビアのピュレ
愛知県一色産鰻の白焼き ジャガイモと藁燻製キャビアのピュレ
途中で少し蒸しを入れ関東風と関西風の中間のようなフワカリ食感。ワサビで食べても良さそうですが、和食になってしまうのでソースはフレンチ。

料理はどんどん続きます。
オーストラリア産仔羊の岩塩包み焼き
北島亭でのスペシャリテ、オーストラリア産仔羊の岩塩包み焼き。作る過程で開催される大石料理教室も楽しい趣向でした。

・オーストラリア産仔羊の岩塩包み焼き、香草風味
オーストラリア産仔羊の岩塩包み焼き、香草風味
ドライトマトとオリーブのジュのソース、万願寺唐辛子添え。手前は蒸し焼き、奥はしっかり火を入れて脂を落としたペルシヤード(パセリ、パン粉、ニンニクを合わせた調理)仕立てで同じ素材で全く違う2種類の味わい。流石に完璧な火入れ、大石シェフが「羊嫌いの方に食べてもらいたい」というだけあり、羊らしさはありながら、クセなく旨味だけを残しています。美味。

さらに肉料理が続きます。
飛騨牛飛び牛ランプ
飛騨牛飛び牛ランプの塊です。飛び牛はA5ランクの中でも最高品質のもの。こちらも炭火で塊のまま焼いていきます。その前に口直し。

・松本産スイカのジュース、ライムのグラニテ
松本産スイカのジュース、ライムのグラニテ
北島亭ではデザートに冬でもスイカが出るのですが、こういうさり気ない一品に古巣への愛情と敬意を感じます。

・飛騨牛飛び牛ランプの炭火焼
飛騨牛飛び牛ランプの炭火焼
ランクの高い和牛は赤身といえども綺麗なサシが入っており旨味たっぷりで美味しい。しかもお代わり可能でした。最高。

続いてはご飯もの。
鮑のリゾット
発酵バターのブールノアゼット(焦がしバターのソース)と肝で仕上げています。豊潤な香りも素敵で、美味しいに決まっています。

・鮑のリゾット
鮑のリゾット
カボスの爽やかな香りで。はい、美味しいです。さらにさらに、まさかのもう一発ご飯もの。

・ランプのカレーライス
ランプのカレーライス
カレーは別腹。大盛り+お代わりもいただきてしまいました。お肉もしっかり入った軽やかですがコクのあるカレーです。美味。デザートもしっかり。

・フランス栗のモンブラン、紅あずまチップ、ホオズキのキャラメリゼ、マールのシャーベット
フランス栗のモンブラン、ホオズキのキャラメリゼ、マールのシャーベット
デザートは別腹。味の濃いシャテーニュ栗のペーストが幸せ。最後はキリッとした蒸留酒のシャーベットと美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

銀座にカウンターのみのフランス料理店は少ないのでとても新鮮、そして北島亭の料理からは全く予想できないコース構成とシェフの軽妙過ぎるトークに対する驚きが素晴らしい。オープンして2週間ながら、どの料理もしっかりと腰が据わっておりシェフの感度の高さを感じます。基礎がしっかりしている方の料理はやっぱり美味しいです。

北島亭の料理(=大石シェフの料理)を食べて感激したことがきっかけで集まったという若い4人のシェフからも、料理が好きな気持ちが伝わってきて、この空間にいる皆が笑顔になれる、素晴らしい雰囲気。フランス料理、日本料理界の希望に溢れるとても良いお店です。

大石シェフ、銀座に来ていただいて本当にありがとうございます!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!
銀座 大石

フルヌス銀座|魅惑のレンガ窯、新鮮なコンセプトのフランス料理店!/the 387th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」387日目、本日はフレンチです。銀座6丁目、外堀通り沿いに6月オープンしたフランス料理店「フルヌス銀座 FURNUS GINZA」にお伺いしました。

新広東菜 嘉禅、JOTAKIなどが入っている美術館ビルの6階。

店内は8席のみのL字型カウンター、やや照明暗めのシックでスタイリッシュな雰囲気です。

入って目に入るのは中央に据えられた特注のレンガ窯、熱源は炭です。目の前に火があると何だか気持ちが落ち着きます。

まずは今日使用する食材を見せていただきます。秋らしい食材色々、美味しそうです。

基本は全5皿の・おまかせコース ¥12,000(w/o tax)で、そこからカルト的にお願いすることも可能です。

まずは見た目も楽しい・アミューズ盛り合わせから。

だだちゃ豆のババロア、イクラの手まり寿司、ブーダンノワール、〆鯖、ピザ、パテ ド カンパーニュ、ジャンボン ペルシエ、鴨の燻製、自家製ハム、フォアグラなどなど。 どれも一口サイズですが、これだけ賑やかで、加えて美味しいと楽しいです。

前菜・人参のムースとコンソメジュレ ウニ添え

銀座フレンチの名店マノアールダスティンででも定番の間違いのない前菜。ボリュームが非常に多くて食べ応え十分。フルヌス銀座の加藤シェフはマノアールダスティンの五十嵐シェフのお弟子さん、すぐ近くにお店を出されたのは偶然だそうです。

前菜2・野菜と魚介のサラダ +¥2,000

シロイカ、ムール貝、アワビ、〆サバと野菜たっぷり。 この野菜たちがなかなか衝撃的。窯の余熱でじっくり火入れされており、外側の食感は生に近く食感が良いのですが、中は極めてジューシー。野菜の甘みを存分に感じられます。

静かに火をたたえるレンガ窯、凄いです。

・ハモ、栗、マツタケ

下には青梅酢漬けのソース。程よい酸味がアクセントとなっています。

・キノコ色々、リードヴォー

長野県のキノコ、なんと5-6種類も使われています(名前全失念)。ほぼキノコという滋味溢れたソースは、生の落花生を加えて香り良く、奥深く仕上げてあります。美味!

・仔羊背肉の窯焼き

フランス ロゼール産の羊、非常に柔らかで軽くシルキーな肉質で絶品。羊的な存在感はごく控えめ、むしろ仔羊の繊細な旨味や甘みを楽しめます。レンガ窯、恐るべし。 デザートは別料金ですが、面白そうなので追加オーダー。

・イチジクの窯焼き、バニラアイス +¥1,800

好物のイチジク、見るからに水々しく香り立つ断面、今年は色んな形でイチジクをいただきましたが、これは強烈!ただ焼いただけだそうですが物凄い濃厚。レンガ窯、欲しくなります。バナナも面白い仕上がりになるそうで、とても興味深いです。

前橋の煉化石窯製造会社と共同開発したというフレンチ用レンガ窯が非常に強力。レンガ窯(炉窯)のステーキ店も増えていますが、フレンチへの応用はとても面白く感じます。同じ調理器具でも人の使い方により、出来上がるものは全く違ってきますが、経験豊富なシェフだけに今後の展開にも期待、ジビエも色々扱われるそうなので、非常に楽しみです。 シェフとサービスの方お2人で切り盛りされていますが、お話も弾み、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。またお伺いたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

自家製タリオリーニ、香茸の粉末をたっぷりと振りかけて。フレンチですがパスタのご用意があることもございます。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ|日本一予約が取れないレストラン!?/the 340th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」340日目です。本日は銀座で最も有名なイタリアンレストランの1つ「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんにお伺いしました。

場所は銀座1丁目、新富町寄り、京橋公園のすぐそばです。

以前は「日本一予約が取れないレストラン」と言われていましたが、現在はやや落ち着いております。1週間ほど前にランチを予約してお伺いしました。お店はカジュアルな食堂的雰囲気、席間かなり狭目です。

ランチは¥1,200からありますが、本日は前菜、パスタ、メインが選べる・Pranzo C ¥2,800(w/o tax)をお願いしました。選べる料理の種類が多くて迷います。

・前菜盛り合わせ

カポナータ、ブロッコリーのアーリオオーリオ、フリッタータ、サーモン、鶏もも肉、木の子ソテー、リコッタチーズ、生ハム どれも安定感のある美味しさ。

・フォカッチャ

ほの温かくてふわふわ。

・ズワイガニと九条ネギのからすみスパゲティ

思ったよりポーションは少なめ。からすみの塩気が効いています。ネギのシャキシャキ食感とズワイガニのお出汁が良い感じ。

・仔羊の香草グリル

こちらはしっかりボリューム有り! ほんのり香草の香り、クセが全くなく柔らかで、とても美味しいお肉でした。 最後は手に持って骨の隅までかぶり付き。付け合わせの芋もホクホクで美味しいです。

せっかくなのでデザートもオーダー。

・カスタードプリン ¥450

こちらも嬉しいたっぷり感。味、質感ともにベーシックで懐かしさを感じるプリンですが、卵の味もしっかりして甘さのバランス良く上質感有り。理想的プリン、一番人気も納得の美味しさです!

最後は美味しい・コーヒー ¥350 でゆっくりと。

選ぶのに迷う豊富な料理のバリエーション、リーズナブルな価格など人気があるのも納得です。 平日でしたので、予約無しの方でも普通に入店されていましたが、こちらを目指して行くなら予約が確実ですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

イヴォワール|温かみも心地よい仔羊系ビストロ/the 326th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」326日目です。本日は昨年11月にオープンしたビストロ「イヴォワール」さんにお伺いしました。「十勝産の仔羊を一頭買い」というキャッチコピー、羊好きには非常に気になるお店です。 

場所は銀座6丁目、数寄屋通り沿い、トニービルの3階です。

1階に「加藤牛肉店」、2階の日本酒バー「庫裏」が入っています。一体どんなお店なのかとドキドキしながら細い階段を上がる可愛い青いドアが現れホッといたします。

店内はさらにホッとする温かみのある空間。

右側が4人掛けのテーブル席3卓、左側がオープンキッチンと4席のカウンター。壁は店名と同じアイボリー、アンティークの家具、オリジナルの照明、小物にいたるまで統一感があり、とても落ち着く雰囲気。シェフとサービス担当の方、フレッシュで爽やかなお二人で切り盛りされています。

カルトでも頼めるのですが、本日は・おまかせコース ¥5,500(w/o tax)を予約時にお願いいたしました。まずはコチラから。

・日向灘産 カンパチの軽い燻製カルパッチョ 柚子胡椒のヴィネグレットソース

軽くというネーミング通り、燻製香はあまり無し。さっぱりした白身魚にはこれくらいがベスト。ほんのり甘みが良いですね。

・豚の頬、舌、首のジュレ寄せ グリビッシュソース

美味しいです。特にクセもなく、綺麗な仕上がり。 食感も素敵で、ワインが進むお味です。

・アユのコンフィ 焦がしバターソース

卵がたっぷり入った子持ちアユ〜。卵をご飯に乗せて食べたくなります。 この時期になると流石にアユの醍醐味はありませんが、淡麗で美味しい魚、顔から尻尾まで全ていただけます。付け合わせのキュウリの叩き、ニンニクも良し。

・十勝産仔羊 鞍下肉のロティ 香草風味 グリーンペッパーソース

こちらはビジュアルからして間違いなし! 食べる前から美味しいです。 鞍の下の背中のお肉は、しっとり柔らかな素敵なお肉。火の入れ方も抜群です。クセのない上質なお肉にはシンプルな調理法がぴったり。

厚みもあって食べ応えも十分です。
付け合わせの食感の良いコーン、マッシュルーム、ニンニクも家庭的で良いムード。 羊好きも大満足の美味しさでした!

最後はこんがり滑らか・クレームブリュレ

ハンドドリップでいれていただく美味しい・コーヒーで。

ドリンクは以下をいただきました。
・白)ヴァンサン リカール/ル プチオ 2015 ¥850
・赤)エステザルグ/コトー デュ ポン デュ ガール キュヴェ デ ガレ 2016 ¥750

家庭的で温かみがありながらも、優しい味付け技術の高さを感じられるコースで、特に肉料理の2皿が印象的でした。お値段も良心的で、雰囲気も良好、銀座で普段使いできる優良ビストロ。 他の羊料理もいただきに、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「イヴォワール」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。ウェブサイトもお洒落です!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。