西洋料理 三笠会館 銀座三越店|原点回帰の伝統料理とりどり/the 416th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」416日目、本日は洋食です。銀座三越11階に2019年3月18日オープンした三笠会館の系列店「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」にランチにお伺いしました。

三笠会館といえば銀座5丁目、並木通り沿いにある和洋中料理が各階でいただける総合レストランビル。始まりは1925年に銀座でかき氷屋として創業した老舗洋食店なのです。

三笠会館らしい落ち着いた店内、スタッフの方々もピシッと制服で整えていらっしゃいます。¥2,200からのセットメニューもありますが、本日は伝統メニューを中心に色々お願いしました。

・三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え ¥1,200

1932年に外食メニューとして初めて「鶏の唐揚げ」を提供したのが三笠会館だとか。手羽先が入っていましたが、骨はそう多くなく食べやすいです。下味もしっかり付いているので、そのままでも良いですが、胡麻塩が壺。

色々な部位が入っているので、肉質の違いを楽しめます。

骨から出汁が出るからかわかりませんが、骨付きって美味しいです。

・南部鉄釜 チキンと半熟卵のドリア ¥1,600

1957年に登場し、西洋釜飯と呼ばれ親しまれていたというドリアは、個人的には西洋親子丼という印象。プツプツした熱々のベシャメルソースにチーズ、鶏肉にキノコ、下はケチャップライス。上に乗った半熟卵をくずしていただくと、ビジュアルと共に美味です。

・三笠会館伝統 焼きカスタードプリン ¥700

色、サイズ、形状共に理想的なカスタードプリンです。お味も想像通りですが、それが素晴らしい。先ほどのドリアの南部鉄器にも施されていた鹿は創業者が奈良出身のためで三笠会館のマークともなっています。

春日大社の神鹿、「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の一句よりプリンは月の連想。

とても雅なプリンでございました。他インド風チキンカレー、シーザーサラダなどの伝統メニューもいただけます。歴史のあるお店は色々な物語があり良いですね。

こちらは通しで営業されており、カフェ利用なども可能。ちょっとした休憩にも便利です。

銀座の三笠会館系列ではここでしかいただけない・チョコレートパフェなども。

スタンダードに美味しいチョコパフェでした。昭和50年創業のサンミ高松と共に安心できる総合レストランの1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

資生堂パーラー|銀座の正統/the 56th day

こんにちは、トリプル銀座です。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ、”銀座6丁目美食日記”56日目です。本日は銀座の洋食店の草分け、そして正統ともいえる”資生堂パーラー”さんにお伺いしました。

資生堂ビルの4,5階です。

銀座モダンランチ¥4,000をオーダーしました。

・野菜のスープ

大根、人参、白菜、筍などがたっぷり入ったコンソメスープ。寒い日に温かいスープはとても良い気分です。

・伝統のクロケット

外はカリッと、中はトロトロの大定番料理。色が綺麗です。中はクリーム状ですが、細かく刻んだ仔牛のお肉が入っているようで、歯ごたえもしっかりあり、満足感、高いです。

・ハンバーグステーキ

定番料理が続きます。ドミグラスソースが優しいハンバーグ。サイズも小振りで助かります。

・プチサラダ

シンプルに美味しいサラダは箸休めにも最適です。

・ハヤシライス

こちらも定番。

ご飯にかけて。

具は、牛フィレ肉、玉ねぎ、マッシュルームなど。比較的あっさり目の爽やかなハヤシライス。量もささやかで、あっという間に完食です。

・桜薫るパフェ(ミニサイズ) ¥1,360

季節限定の和洋折衷パフェです。上には、桜のシャーベット、桜の形の落雁、わらび餅、白玉などが鎮座。下の透明部分はスパークリングワインのゼリー。

定番洋食のフルコースで満腹です。ごちそうさまでした。

最後はコーヒーで一息。

古き良きゴージャス感のある店内です。

正統派の洋食が食べたくなったら是非。

“資生堂パーラー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。