ギンザ フルーツブーン by ウツワ|東急プラザにフルーツサンド専門店/the 515th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」515日目、本日は10月2日に東急プラザ銀座の地下2階にオープンしたフルーツサンドとバナナジュースの専門店「GINZA FRUIT BOON by Utsuwa ギンザ フルーツブーン by ウツワ」にお伺いしました。

フルーツ盛り沢山の明るい店内。
GINZA FRUIT BOON by Utsuwa
テイクアウト中心ですが、3席のみカウンター席もありますので、店内でいただくことも可能です。

2等分されたフルーツがゴロッと入った美味しそうな見た目。
GINZA FRUIT BOON by Utsuwa
早速いくつか購入して店内でいただきました。

・ハニーグローパイン ¥600(w/o tax)
ハニーグローパイン
パインがどどんと入って厚みが凄いです。手づかみでかぶりつくと果汁が溢れるフィリピン産のパイナップル。薄めのエアリーな食パン、甘さ控えめのクリームがフルーツを引き立てているようです。最終的には手で持つことが不可能になりましたので、ナイフとフォークでいただきました。

・フルーツミックス ¥680
フルーツミックス
一番人気の定番フルーツサンド。フルーツ1個1個が大きくて存在感があるので、食べた際のミックス感は有りませんが、4種類のフルーツサンドを食べているような満足感はございます。こちらは崩れることなく、とても食べやすいです。

・Wキウイ ¥630、 バナナ餡バター ¥530
Wキウイ、バナナ餡バター
Wキウイは、半分にカットしたグリーンとゴールド、2種のキウイが入ったフルーツサンド。食べ比べると味の違いがよくわかって面白い。柔らかくて甘みが強く感じられるゴールドの方が好みですが、クリームとのバランスは酸味と食感のあるグリーンのが良いかも。バナナ餡バターは、間違いの無い組み合わせ。餡子は大豆でなくレンズ豆を使用しているそう。こちらも大変美味しくいただきました。1つ1つボリュームがあるので、2種いただくとお腹も満たされますね。

せっかくなのでタピオカに続くブームとなりつつある・バナナジュース すっきり レギュラーサイズ ¥500 もオーダー。
バナナジュース すっきり レギュラーサイズ
エクアドル産バナナと牛乳のみを使用。自然な甘さでオヤツにも最適です。銀座エリアには「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ」、「銀座千疋屋」、「セントル ザベーカリー」などフルーツサンドが美味しいカフェは多々ありますが、専門店は初めてなので、フルーツサンド好きには嬉しいお店です。また新しいフルーツが登場したらいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ギンザ フルーツブーン by ウツワ」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

2016年も誠にありがとうございます!

2016年もお客様、メーカーの方始め多くの方に支えられ、無事に営業終了することができました!誠にありがとうございます。


今年の銀座中央・はるみ通りのイルミネーションはフランスのクリエーションスタジオ「PITAYA ピタヤ」がプロデュースする「ヒカリミチ 光の庭園」。シャンパンゴールドの上品な花々が咲いています。

新しい商業施設も沢山できました。数寄屋橋交差点の「東急プラザ銀座」、三越前に「ギンザプレイス」、数々のホテルもオープンしました。

そして2017年の注目は松坂屋跡地に春オープン予定の「G SIX ギンザシックス」

暖簾をイメージしたというモダンな外観。ディオール、サンローランの旗艦店、能楽堂などが入ったラグジュアリーな施設になりそうです。

銀座4丁目、中央通りで建て替え中の「ミキモト本店」も来春オープン予定。

フレンチの名店「レカン」も復活するそうで、とても楽しみです。

トリプル銀座も来年で10年を迎えます。毎日銀座に通い日々変わる銀座を見るのはとても楽しいですが、反面親しみのある風景やお店が無くなっていくことも多く、寂しさを覚えることも。

それでも銀座はやはり大好きな街。当店も銀座で次の10年、そして100年とずっとそこにありたいものです。そのためにも真っ当な眼鏡店としてのあり方を追求し続けていきます。

来年は1月2日からの営業でございます。それでは、皆様良いお年をお迎え下さいませ。

エスキスサンク、メトア銀座-チョコレートに溺れる/the 244th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”244日目です。本日は、東急プラザ銀座の美味しいスイーツが食べられる2店をご紹介いいたします。

まずは4階にある”エスキスサンク”さん。ミシュランガイド2つ星フレンチ”エスキス”さんの成田シェフ・パティシエのデザートがいただけるお店です。
ess1
電球が沢山ぶらさがったアートスペースのような店内。ムード満点です。

テイクアウトのケーキなどもありますが、本日はカウンターに座り”デザートコース ドリンク付き” ¥4,100をお願いしました。

プレデセール “チェリージュヴレ”
ess2
小さなパイにチェリーとクリームを付けていただく、ミニチェリーパイ。 氷のような飴細工も綺麗です。 酸味が程良く味覚を刺激し、次のデザートへの準備を整えさせてくれます。 パイが小さいのでもう1つ欲しいくらい。

グランデセールは3種類から選べましたので、”チョコレートスフレ”をお願いしました。 お馴染みの”シュークル”は3年ほど前にエスキスさんでいただいた時、アーティスティックな容貌と美味しいさ感動したものです(下は当時の写真)。
ess
なんて当時のことに思いを馳せているとスフレが到着!

どかんと大きいスフレをイメージしていましたが、全然違いました。 スフレに色々なバリエーションのチョコレート、クリーム、ブラックベリーが彩りを添えます。
ess3
フワフワしっとりのスフレはもちろん美味しいのですが、ソースが絶品。チョコにチョコソースを付けても、お味に重厚感が生まれて美味!見た目はドロッとしていて濃厚なのですが、食べた後の爽快感が素晴らしかったです。

プティフールは”フィナンシェ、パイ”でした。
ess5
こちらもハイレベルで、”コーヒー”と一緒に美味しくいただきました。ランチの変わりでしたが、ボリュームもけっこうあり、お腹もいっぱいです。 非常に特別感のあるデザートでございました。

いまは売り場から店内丸見えですが、実は内装はまだ完成しておらず、しきりが付くそうです。 開放的なお店が苦手なので、個人的にも嬉しいところ。 また、近々パンの販売も始めるということで、こちらも期待です。 月ごとにメニューが変わるそう。しきりが完成した頃にまたお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

続いて1階みゆき通り沿いの”METoA Ginza-メトア銀座”さん。
met9

サービスのお水が普通水、炭酸水、デトックスウォーターから選べるのも高ポイント。炭酸水をお願いしました。
met1

オーダーしたのは”デスバイチョコレート” ¥1,100
met6
直訳すると「チョコ死に」というチョコレート好きには気になる名前なのです。

チョコアイス、チョコソース、ナッツ、カカオ、砕いたオレオにポップコーン。頭に花飾りの付いたマシュマロ帽子を被った見ているだけでも甘さ伝わるデザートです。下にはチョコにまみれたフワフワの柔らかいパン状のものが2つ入っており食べ応えも十分。スーパーフードのカカオニブスも入っているので、カロリーたっぷりの罪深さからも、少し救われますね。見た目も綺麗で、かなり満足感のあるスイーツでした!

最後は美味しいコーヒーで。
met5
ごちそうさまでした。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
met8

東急プラザ銀座-レストランいろいろ/the 240th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”240日目です。本日は2016年3月31日にオープンした東急プラザ銀座の飲食店を4店まとめてご紹介いたします。
apo11
連日大盛況ですね。

まずは地下2階にある“キャビアハウス&プルニエ サンドイッチハウス”さん。ロシア皇帝に献上されていたスモーク製法を復活させたバリックサーモンや最高級のキャビアなどを使った、ラグジュアリーなサンドイッチがいただけるお店です。

“バリックスモークサーモン” ¥2,100(w/o tax)
pru3
色がとても美しく、食べなくても美味しいと感じる。パンはグラノーラがたっぷり付いた珍しいタイプ。一口食べてみると、自然なスモーク香が口に広がり、柔らかなサーモンは舌に絡みます。 パン、おそらくサーモンを使用したソースとともにいただくと絶品!

“プルニエ キャビア 1スプーン” ¥1,200
pru1
少量では高額なキャビアもシャンパンと合わせていただけますよ。

お値段は高いですが、満足感のあるサンドイッチでした。キャビアは30gで¥20,000もするので確実に無理ですが、スモークサーモンは贈答品としても喜ばれそうです。

続いて同じく地下2階にある話題のラーメン屋“ふぐだし潮 八代目けいすけ”さん。名前の通り世界初のふぐ出汁のラーメンがいただけるお店です。

“ふぐだし潮らーめん美味玉入り” ¥1,150
kei2
kei3天然塩と沖縄の海水塩をブランドした塩スープ。まずは、柚子の香りがやってきて、その後にバランスのよい塩味が。麺は全粒粉入りの喉ごしのよい太さ。フグの昆布〆が乗っており贅沢感も抜群。フグのお味もしっかりと感じて、まるで潮騒が聞こえてくるようなラーメンでした。

続いて11階、最も話題となっていたレストランの1つ、ギリシャ料理店”THE APOLLO“さん。180席と相当広いスペース、。窓に囲まれた明るい店内、大理石のテーブルもこの時期、冷たくて気持ちがよい。平日ランチは¥1,900からありますが、本日は”THE APOLLO” ¥2,800(w/o tax)をお願いしました。前菜3品、メイン、サイドディッシュ、デザート、ドリンクが付いたボリュームたっぷりのコースです。

前菜 “アポロオリジナル ピタブレッド、イエローインゲン豆のディップ”
apo2 apo3
素朴なピタパンを、インゲン豆の甘みが効いたディップに付けていただきます。行ったこともないですが、なんだか田舎風の懐かしさを感じるお味。

デザート “レモンパイ アポロスタイル”
apo8 
メディアでよく登場しているデザート。流石に写真うつりは最高!クラッシュビスケットの上にレモン風味のツンとしたメレンゲ。下にはソースのようなものが仕込んでありました。

ギリシャは海に面している部分が多いのに、魚介を使ったメニューが少ないのは意外(メインは豚肉)でした。どちらかと言えばお肉なんですね。全体的に濃いめの味付け、ボリュームがとにかく多いので2人以上での利用がおすすめです。

そして最後は同じ11階にある“下鴨茶寮 のまえ”さん。京都の料亭下鴨茶寮が手がける新コンセプトの日本酒バルです。

“真アジなめろう仕立て” ¥850(w/o tax)
shimo1
新鮮なアジが手に入ったということで、たたかずにオクラや九条葱と白味噌で絡めて。綺麗です。オクラも綺麗な星型のを選んでいると思われます。優しいお味で美味しいです。

“野菜盛り合わせ5種 大根、九条葱、新玉ねぎ、トマト、京水菜 ” ¥,400
shimo2
玉ねぎ、トマトは丸々1個。ボリュームがありそうですが、さっぱりとしたお味でスイスイお腹に入っていってしまいました。

“而今(三重県)無濾過生 特別純米” ¥700
shimo3
日本酒の品揃えについては、すごく多くはありませんが、京都の酒をはじめ定番のものは揃えておりました。今後に期待です。

〆 “下鴨カレー” ¥700
shimo4
玉ねぎの甘みと和風出汁が効いた甘口スープカレー。 お茶漬けのようにいただける、和食店にも違和感なくマッチするお味でした。

京料理をベースとしたアレンジが面白く、美味しい料理でしたが、スタッフの方々の感じの良さ、士気の高さが際立っていました。これだけで十分お酒が美味しく飲めるというもの。流石です。お値段もリーズナブルで使い勝手のよいお店との印象。商業施設の中にあるので1人でも臆せず入れるのもよいところです。

東急プラザ銀座のレストラン、沢山あるので徐々に行ってみようと思います。吹き抜けが広大なキリコラウンジ、景色が綺麗な屋上のキリコテラスなど、ゆっくり寛げそうなカフェもあり、魅力的な、憩いの商業施設となりそうです。

“東急プラザ銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。

suki1tera2 tera1