銀座 焼鳥 雅流|調和が素敵な焼鳥体験/the 458th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」458日目、本日は焼鳥です。2019年9月にオープンした焼鳥店「焼鳥 雅流」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い、1階にベルギーの老舗チョコレートショップ「デルレイ」が入っているビルの4階です。
銀座 焼鳥 雅流
やや暗めの照明の落ち着いた店内はカウンター10席のみ。私は存じ上げませんでしたが、中島親方は麻布十番の焼鳥名店「鳥善 瀬尾」のご出身だそう(銀座 鳥幸の立ち上げにも関わっておられたとか)。お若く見えますが焼鳥一筋のベテラン職人です。

遅い時間だとカルトでも頼めるのですが、本日は焼き鳥以外も色々食べられる・特選コース ¥8,000(お通し代¥500, サ別5%, w/o tax)をお願いしました。焼鳥前にも美味しいもの色々。

・大根サラダ、ブッラータチーズのカプレーゼ、レバーペースト、合鴨のロース、九条ネギのサラダ
大根サラダ、カプレーゼ、レバーペースト、合鴨のロース、九条ネギのサラダ
チーズたっぷりが嬉しいカプレーゼ、レバーペーストはクセはありませんが味わいは深め、炭で焼いたパンもとても美味しい。九条ネギも青臭さはなく爽やかで意外な美味しさ。肉厚の合鴨も食べ応え有ります。続いて焼鳥タイム。

・せせり
せせり
鶏肉は山梨県銘柄鶏である甲府健味どりを使用、炭は紀州備長炭です。最初の「せせり」が絶品。旨味もあり、首のよく動く部分のお肉で上質な脂が口の中に広がるのが最高。

・かしわ、白レバ、つくね、砂肝
かしわ、白レバ、つくね、砂肝
苦手なので避けようとした白レバ、砂肝ですが、美味しいから食べてみてということでいただきました。確かにクセは全くなく美味。流石です。

焼鳥の間に・寿雀卵の茶碗蒸し
寿雀卵の茶碗蒸し
寿雀卵(じゅじゃくらん)は神奈川県伊勢原市のブランド卵、濃厚で卵ご飯にすると美味しいそうですが、鶏肉や銀杏入りた茶碗蒸しでも卵の味が濃いのがよくわかります。

・ふりそで、げんこつ、椎茸、ハツ&ハツ元
ふりそで、げんこつ、椎茸、ハツ&ハツ元
希少部位も色々いただきます。柚子胡椒を付けていただく「ふりそで」は手羽元の根元で旨味たっぷり、「げんこつ」は膝の軟骨で食感が楽しいです。このコースは通常7本付きなのですが、美味しかったこともあり流れで全種類いただいてえしまいました。。。

・ぼんじり、銀皮(ぎんかわ)、皮、手羽先、せせり
ぼんじり、銀皮(ぎんかわ)、皮、手羽先、せせり
「銀皮」は砂肝500gから1本しか取れない処理が大変な部位、新潟の唐辛子調味料「かんずり」を乗せて、食感良く、そして有り難みを感じながらいただきます。最後は追加で一番印象的だった「せせり」をいただきました。

・親子丼、鶏スープ、山芋のたまり漬け
親子丼、鶏スープ
焼鳥同様、軽やかさを感じさせる親子丼、出汁が染みたご飯も美味しいです。熱々の鶏スープも最高。

最後は・自家製 濃厚プリン
自家製 濃厚プリン
小さいですが、味が濃いので満足感有ります。最後は熱いお茶をいただき一息。お酒は日本酒をいただきましたが、ご主人は焼酎が大好きで、貴重なものなど色々取り揃えていらっしゃるそうです。

軍鶏やある種の地鶏のような強い味わいは無いものの、食感や調和の取れた旨味は焼きのテクニックと、丁寧な仕込みによるものかと感じました。味が重くないので、食べ心地が良く、食後感も非常に爽快でした。

銀座での開店に漕ぎ付けるまでの紆余曲折で艱難辛苦なお話も興味深く伺いました。これからも色々あるかとは思いますが、誠実な仕事をされている方の作る料理は間違いなく美味しく、応援したくなるお店でございました。店名の「雅」という字からも焼鳥への自信を感じました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「飲食人研究所」というウェブサイトに「焼鳥 雅流」開店までの中島親方奮闘記も掲載されています。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

鳥泉|東銀座の燻し銀/the 273th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”273日目です。本日は東銀座の焼き鳥店”鳥泉”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、歌舞伎座の2本裏の静かな通り沿い。
torisen5
 看板には「やきとり」と共に「居酒屋」の文字も並び良さげな外観。思ったより店内は奥に広く、右側がカウンター、左側がテーブル席。お一人様の場合は、カウンターの奥から順番に座るように伝えられます。

席にはすでに”お新香”が並んでいます。この全く気取らない感じ、落ち着きます。とても好きな雰囲気です。焼鳥丼などもありますが、本日は”カツカレー” ¥950をお願いしました。

カレーをお願いすると、素早くスプーンを、さらに大きいコップに入ったお水と”大根サラダ”がセットされます。
torisen1
すでに冷たい麦茶を出してくれているに何故?と思いましたが理由は後ほど判明しました。

10分ほどで”カツカレー”と”味噌汁”が到着。
torisen2
見た目はゴロッとしたニンジンが目立つオーソドックスなチキンカレーとの印象。

まずは二切れ乗っているチキンカツをいただきます。
torisen3
衣はサクサク、お肉はプリプリで美味しい。もう二切れくらいは楽に食べられそうです。 続いてカレーを。最初は甘みが強くバクバク食べていたのですが、中盤から辛さの波が。けっこう辛いです!確かにお水は必須。 寒い日でしたが、途中からジワっと汗が出てきて上着を脱ぎました。味噌汁が舌に沁みますね。

最後にお水を飲み干してさっぱり。外の冷たい風もとても美味しく感じました。 大将(オヤジと呼ぶ方が合っているか)が「うちのカレーは、カレー好きな方でも、満足できるよ」とおっしゃるのも分かります。焼き鳥屋ですから、焼き鳥丼など丼系はもちろん人気がありますが、カツカレーも頼まれている方が多く人気メニューのようでした。 大将始めスタッフの方々も気さくで、雰囲気もばっちり。ごちそうさまでした!

ランチが良かったので夜にも早速お伺いしてみました。夜はより大衆居酒屋感が増してさらに良い雰囲気ですね。色々頼んでみました。

“チーズ揚げ” ¥480
torisen6
春巻き皮にチーズと海苔が入っています。 外はカリカリ、中はフワッとビールのおつまみに最高!

焼き鳥はどれも1本¥200前後。たれ塩はお任せで。

“ささ身 ワサビ乗せ、ねぎま、椎茸”
torisen7 torisen8
一串一串のボリュームもしっかりあって美味しい。塩はレモンが付き、お皿も都度新しいもので出してくれるのも好感触です。

“つくね、ギンナン”
torisen9
つくねは塩がお勧め。軟骨が入っており時折のコリッとした歯ごたえも楽しい。お肉の甘みが塩が引き立てられて美味。お酒が進みます。

“こころのこり、鶏そで串”
torisen10
こちらはタレで。お勧めにしたがい、山椒を掛けていただきました。こころのこりは、心臓と肝臓の付け根のお肉。トロッとした歯ごたえと脂のグッドバランス。鶏そでも美味しい。

最後はランチでいただいてお気に入りとなったチキンカツで〆。

“和風チキンカツ” ¥680
torisen11
ピリ辛の大根おろしと一緒に。こちらは間違いのない美味しさです。

ドリンクも生ビールが¥500と良心的。 串のバリーションは多くはないですが、素材がとても良く安心できるお味。この場所で20年以上お店を続けられている腕は伊達ではありません。また、 築地らしくマグロ刺やさんま焼などのメニューがあるのも良いですね。味、お店の雰囲気、価格どれも非常に好みの良店! ちょくちょくお伺いすることになりそうです。ごちそうさまでした! 

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。

鳥半|路地裏の良心的焼鳥店/the 251th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”251日目です。本日は路地裏の焼き鳥店”鳥半”さんにお伺いしました。お店への入り口は2箇所。

1つは、みゆき通り沿い。「ジュンアシダ」さんと「風月堂」さんの間の路地。こちらの看板は少し違和感があって、目立っていますね。
toriho17

もう1つは、ソニー通り沿い。ランプのように美しく飾られたエミール・ガレやドーム兄弟のガラス工芸品が目を引く「銀座ジャンセンギャラリー」さん脇の路地。
toriho18

路地を抜けると、何とも素敵な風情のお店が現れます!
toriho16
頑固親父のピリピリしたお店だったらどうしようと心配していましたが、扉を開けたら一安心。木の質感が優しい雰囲気の良いお店でした。 入って左側がカウンター、右側がテーブル席。ホールは女性2人で切り盛りし、奥ではご主人が一生懸命、鳥を焼いたりしています。

柔らかい気質のカウンター、落ち着きます。 お店に入ると「初めて?コースだけだけどいい?」と聞かれますが、望むところです。 こちらのお店は単品ではオーダーできず、¥3,500のコース1本ですが、苦手なものは抜いてくれます。

小さいコース内容の書いた紙を見せていただき、内容を確認(カウンター奥の壁にもコース内容を書いた木札が下げてあります)。 砂肝を抜いてもらったので価格は¥3,300(w/o tax)でした。

“大根サラダ”
toriho1
最初に嬉しいサラダ、大盛りです。

“つくね”
toriho2
小粒ですが、軟骨の食感がよく美味。鶏肉は以前は茨城産だったのですが、今は福島県の伊達鳥を使用しているそう。なんだか好感持てますね。

“うずら玉子、正肉、椎茸焼き、合鴨”
toriho6
もも肉を使った正肉は大きくて満足感あり。 合鴨は程よい歯ごたえで、旨味も感じます。美味。

“鳥わさ”
toriho5
ここで堪らずビールから日本酒にチェンジ。 お肉自体は申し分ないのですが、ワサビがもう少し効いていてもよかったでしょうか。

“ささみ”
toriho9
見た目は少し微妙ですが、美味。 中は生で柔らかく、意表を付く味噌味が素敵。今日一番印象的でした。

“冷やし玉子”
toriho10
次の一団に備えて、ここで一旦小休憩。

“手羽先、かわ、レバー、ぎんなん”
toriho7
手羽先は食べ応えあり美味しいです。

最後は美味しい”とりスープ”でさっぱりと。
toriho15
お酒を飲んだ後では、熱すぎるくらいの熱さ、ちょっと強めの塩気が丁度良いですね。 全体的なボリュームは腹8分目くらいの丁度よく感じました。

ドリンクは以下をいただきましたが、良心的価格です。
“サッポロ中瓶” ¥600
“花の露 樽酒 枡” ¥500
“加賀鳶 純米大吟醸 グラス” ¥650

そつなく美味しい料理に、ご主人の高めのよく通る掛け声−「おっ願いしま〜す!」「はいっぎんなんっ!」−がよいアクセントとなっています。 単品でオーダーできると嬉しいですが、コース1本だからこそできる良心的価格なので文句は何もありません。 一人でも何の気兼ねもない家庭的なお店で、とても好きになりました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業は平日の夜のみ。予約も取れませんのでお気をつけ下さい。コースはお腹がいっぱいになったらストップすることも可能です。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。

鳥ぎん 本店さん-釜飯焼鳥 素敵なセット/the 132th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、132日目です。本日は“鶏”です。銀座のお隣の築地は魚介類だけに目が行きがちですが、実は鶏も美味しいのです。築地の卵焼きは有名ですよね。というわけで、銀座も鶏料理屋さんが沢山ございます。

昭和28年創業の老舗“鳥ぎん”さんにお伺いしました。場所は銀座5丁目西五番街(ショコラストリート)付近の路地にございます。
tori5
ピエールマルコリーニさんとタルボットさんの間を入ります。

ニューギンザビル6号館の地下1階。
tori4
向かいには姉妹店?の“ニュー鳥ぎん”さんがございます。

本日はこちらを注文しました。

“とり丼” ¥750
tori1
塩気がやや強めの昆布の佃煮が乗っております。醤油ベースのタレで品の良い鶏肉の淡白さを生かした味付けです。佃煮が良いアクセントになります。

tori2
お新香、きんぴらごぼう、鳥スープ付き。スープが美味しいです!

食べ終わり、周りを見てみると釜飯を召し上がっている方がほとんど。とり丼まっしぐらで訪問したのですが、釜飯が名物でした。というわけで次の日お伺いしました。

平日の2時まで注文できるサービスランチ“釜めし焼鳥セット”を注文しました。好きな釜飯にプラス¥440で焼とり3本が付きます。

カウンターに座ると料理人さんが隙のない手付きで鳥を焼いていく身のこなしを楽しめます。炭は和歌山紀州産備長炭を使用しているそうです。
tori7

“焼鳥、ねきま焼、はさみ焼” ¥440
tori6
定番の3種類のセットです。老舗らしい、これぞ焼鳥というお味。美味しいです。周りを見回すとビール、日本酒で楽しんでいる方多数。羨ましいです。

15分ほどで釜めしが提供されます。
tori8

“貝柱釜めし” ¥990
tori9
開けた瞬間、海の香りが広がります。貝柱好きにはたまらない非常にあっさりとした清廉なお味。美味しいです。1つ残念だったのは、薄味なせいかお焦げができなかったことでしょうか。美味しかったです!ごちそうさまでした。

通しで営業していることもあり、いつも賑わっております。
tori3

“鳥ぎん”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。