紹興苑 |東銀座で手作り点心ランチコース/the 521th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」521日目、本日は中華料理です。2020年12月10日にオープンした「紹興苑」にお伺いしました。

銀座3丁目、昭和通りの1本東側の通り沿い「楽心ビル」の1階。
楽心ビルの1階
イタリアン「クラッティーニ」や喫茶店「Ken’s珈琲店」が入っているビルです。

飾り気の無いすっきりとした店内。
紹興苑 紹興苑
L字型のカウンター席、その周りにテーブル席も沢山あります。現在ランチは・点心コース ¥2,500 のみですので、そちらをお願いしました。

・季節野菜のサラダ、蒸し鶏の焼きネギソース
季節野菜のサラダ、蒸し鶏の焼きネギソース
ロマネスコやカリフラワーなどの入った新鮮なサラダに柔らかい蒸し鶏、栄養バランスも良いです。

・大根もち、もち皮揚げ餃子
大根もち、もち皮揚げ餃子
大根もちは円やかなお味の豆板醤を付けて、久々に食べましたが、モチモチでほんのり豚の旨味も感じられ美味。初めていただいた餅米皮の餃子は皮の主張と甘みの強い味付けが面白い。

・エビ蒸し餃子、エビと豚肉のシューマイ、チャーシューまん
エビ蒸し餃子、エビと豚肉のシューマイ、チャーシューまん
蒸し餃子は皮厚めで中はプリプリ、とびっこが乗った焼売は椎茸入りで他と比べると濃厚、肉まんの皮が美味しい。形がいびつですが、きちんと手作りされた食べ物は素敵です。

・ワンタン麺
ワンタン麺
よく見るワンタン麺はワンタンの具が少なく薄いですが、こちらはこんもりしています。柔らかい縮れ麺にくっきりとした魚介系のスープが良く合います。

・クコの実と金木犀のゼリー
クコの実と金木犀のゼリー
最後は見た目もキラキラ、とても綺麗なデザートをいただきました。

ややお高めではありますが、旨味もしっかり感じられ満足感のある点心ランチでした。粉ものが多いので、お腹もいっぱいです。店名の通り「紹興酒」の品揃えも魅力的だそう。またランチメニューが増えたらお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
紹興苑

そうかわ-コスパ良好美味しい天丼、おまけのギンザマン/the 242th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”242日目です。本日はて天ぷらです。新橋と銀座の境目の高架下、大衆的な飲食店が並ぶ銀座ナイン2の地下1階にある”そうかわ”さんにお伺いしました。
so5

お客さんがいっぱいで写真はとれませんでしたが、カウンターにテーブル数卓の飾り気なく落ち着いた、昔ながらの雰囲気です。
so4
夜はふぐ料理など高級和食スタイルですが、お昼は天ぷらがリーズナブルにいたあけます。

“天丼定食” ¥1,000、”天ぷら定食” ¥1,100の2種類があるのですが、本日は”天丼定食”をお願いしました。 天ぷら鍋の前で一心不乱に天ぷらを揚げ続ける方と、大将の見事なコンビネーションで次々と配膳されていきます。10分ほどでやってきました。

so3
美味しそうです! タネはエビ2、ナス、イカ、カボチャ、レンコン、ゴボウかき揚げ。 サクッとした軽め天ぷらで、大きいカボチャ、レンコンの歯ごたえが素晴らしい。

so2
エビやイカもこの価格にしては非常に良い感じ。極少なめでかかった甘めのタレ、ご飯の炊き加減も最適でとても美味しいです!

“白菜の浅漬け”、ネギのたっぷり入った”豆腐味噌汁”も味がよく大満足です。 きっと夜も美味しいと想像されます。 周囲は”天ぷら定食”を食べている方が多く、大きいアナゴがとても美味しそうでした。 次回はこれですね。

12時過ぎにお店を出たのですが、待っている方が何名かいらっしゃいました。 お昼時は銀座ナイン2地下1階、良心的なお店ばかりで、どのお店も非常に賑わっていますね。 よいランチタイムでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

その帰りに見つけたのが、銀座8丁目のテイクアウト専門店「ギンザマン」!とても気になるので出直して購入しました。

ギンザマン(五目まん)¥490
ginza3
でっかいです!皮に「ギンザ」と印字されており、わかりやすい。

ginza4
餡は、豚肉の他、しっかりサイズのエビ、タケノコ、シイタケ、さらにはウズラタマゴが丸っと1個入っており本格的。ジュワッと滲み出るお出汁もなかなかです。皮は厚めで、もっちりとした食感。皮でけっこうお腹がふくれますね。ごちそうさまでした!

“そうかわ”さん、”ギンザマン”さんにお立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
ginza1
平日の営業時間は夕方16時半から深夜3時と規格外。夜の銀座を支えるギンザマンなのです。

銀座 維新號 本店さん-肉まんゴマまん/the 144th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、144日目です。本日は中華です。銀座8丁目の“銀座 維新號 本店”さんにおうかがいしました。1948年出店の老舗中華料理店でございます。

MARUGENビル隣(旧ゴルフビル)の地下1階、銀座資生堂ビルの近くです。。
is6
1階は宝石店の“ゆきざき”さんです。

まずは、名物のこちらから。

“おまんじゅう 肉まん” ¥561
 is1
大きいです!後ろの割ばしと比較すると分かりやすいのですが、普通の肉まん倍はございます。運ばれて来た時は、触れられないほど熱々。

is2
肉厚でフワフワの皮に、具もたっぷり。具は非常にあっさりしておりますが、北海道産の干し貝柱が隠し味で使われているなど深みがございます。皮もほのかに甘みがあり美味しいので、サイズが大きくても簡単に食べられます。流石の一品です。

維新號さんは赤坂、銀座にもう1店新館がございますが、店内でおまんじゅうが食べられるのは銀座本店だけみたいです。

“中華スープ、ザーサイ” 
 is4
スープはキクラゲ、大根、玉ねぎ、鶏肉と意外と具沢山。中華スープでは珍しいさっぱり感です。

“五目炒飯” ¥972
 is3
海老、角切りの焼豚がちょっとリッチな炒飯です。こちらも塩気は無く、薄味。基本的に料理は薄味なよう。年輩の方に喜ばれそうですね。

“ライチ”
is5
デザートは冷え冷えのライチです。甘い。ごちそうさまでした。

8月下旬に改装するとのことで、改装後再びお伺いしてみました。メニューは変わっていなさそうです。本日は“デラックス饅頭セット” ¥1,728を注文してみました。

“湯麺(たんめん)”
 is7 is8 
芝えび、竹の子、たまねぎなどがたっぷり入っており、量的にも十分。スープはさっぱりとした薄塩味で、麺も爽やかな気持ちのよい喉越しでございます。

“おまんじゅう ゴマまん”
is9 is10
にくまん、あんまん、からし菜まん、ゴマまんの中から、ゴマまんを選択。丸っとした見た目がよい。黒ごま餡にくるみ、レーズン、オレンジピール入り。けっこう甘いです。そしてところどころがシャリシャリします。初めての感覚。不思議です!

“杏仁豆腐” 
 is12
定番のデザートに加え、焼売1個、ザーサイ、ライチ2個付きでボリューム満点です。

店内は、特に床と天井が奇麗な感じに、外の店名の看板もモダンに、少し控えめになっております。ゆっくりとできる雰囲気もよいですね。
is13

“銀座 維新號 本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。