鰻ひつまぶし備長、サラマンジェetc|やっぱり鰻が食べたい土用の丑の日2019/the 436th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」436日目、本日は土用の丑の日ということで、色々問題とはなっていますが、やっぱり食べたいウナギです。本日はウナギの美味しい銀座のレストラン3店をご紹介いたします。

まずは名古屋発のうなぎ店「鰻ひつまぶし備長 三越銀座店」、マロニエゲートに続き2店目が昨年10月、三越銀座11階にオープンしました。銀座のデパートらしいシンプルではありますが、明るく落ち着いた店内、組子の壁面が良い感じです。

備長といえば名古屋飯の代表格の「ひつまぶし」ですが、本日は・うな重 ¥3,880(w/o tax)、お吸い物を ・肝すい +¥150 にグレードアップしていただきました。

東京と違い、名古屋は蒸さずに焼く「地焼き」ですが、出身地もそうであるため違和感なく、むしろ懐かしく感じます。脂が乗りすぎですと厳しい場合がありますが、丁度良い塩梅の三河産ウナギを使用。

パリッとした食感とやや辛めのタレがよく合っており美味しいウナギです。

銀座三越でこのボリューム、この価格なら十分満足、あっと今に完食してしまいました。私以外は全ての方がひつまぶしをオーダーしているようでした。東京では、なんちゃってひつまぶしを出すお店も多い中、正当なものを出すこちらのお店の人気があるのも納得です。 ずいぶん東京風に慣れてしまいましたが、たまには地焼き、とても良いです。ごちそうさまでした!

続いては当ブログでも数回ご紹介させていただいている銀座7丁目、数奇屋通り沿いのビストロ「サラマンジェ ド イザシ ワキサカ」の夏のスペシャリテ、フランス的ウナギ料理がこちら(前回のサラマンジェの記事はコチラ)。

・ウナギのマトロート ¥6,400

日本料理ではあまり見られないぶつ切りウナギ、古典的な料理ですが、こういう料理をいただくとフレンチの凄さを思い知らされます。付け合わせはプチオニオンとマッシュルーム、ベーコン、ジャガイモと菊芋のピュレ。繊細な仕上げで臭みは一切なし。骨はありますが、スプーンで軽く押すとあら不思議、身が左右に綺麗に骨から外れてくれます。

身はトロトロ、サイズは通常ですが、味、香り、正しくウナギ、ウナギらしい旨味もしっかり凝縮されており絶品、そして赤ワインと野菜、ウナギ出汁のソースがこれまた絶品。

ウナギ×ウナギの旨さのシナジーは和食にはあまり見られないものかもしれません。ウナギの価格は高騰していますので、このボリュームでこの価格はむしろリーズナブルに感じます。余韻も素晴らしい料理です。

デザートも美味しいサラマンジェ、季節限定の・ペッシュ(ピーチ)メルバ ¥900

完熟桃とバニラアイスの定番デザートは酸味の強い白ワインのジュレがアクセント。桃の美味しさを生かしたストレートなお味で美味です。ごちそうさまでした!

最後は以前もご紹介した「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」で不定期で密かに開催されるボニュ河島シェフコラボディナー「鰻の会」から。和食店に多いカウンタースタイルは、目の前で調理を見られるライブ感も素敵です(前回のキュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケの記事はコチラ)。

高知県仁淀川の800g程度の天然鰻を炭火で焼いていきます。

串で刺しながら焼くことで余分な脂を落とすというオリジナルな焼き方。「串打ち3年、裂き8年、焼き一生」という言葉もありますが。。。

美味しそうに焼かれていくウナギ。美味しければそれで良しです。

短時間で焼き上げ完成。

・天然ウナギの炭火焼き

皮目はパリパリ、身はふっくらという見事な仕上がり。下にはウナギの使用しない部分(頭や内臓など)をミキサーしたソース。ウナギって美味しい魚だなと実感させてくれる美味しさです。

続いて焼き上がったのは、先ほどより小さい養殖ウナギ。

どんな形で提供されるのかと楽しみにしていましたが、こうなりました。

・ウナカツサンド

食パンは銀座ポンパドウル製。河島シェフによると「一回やってみたかった。」だけとのこと。初めていただきましたが最高です。ビーフカツよりよっぱど贅沢なカツサンドかもしれません。ごちそうさまでした!

暑い日はやっぱりウナギを食べて精力を付けたくなります。来週から35度を越える暑い日が続くということですので、皆様何卒ご自愛下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

追伸:河島シェフの変な料理

夏に美味しいゴーヤと笑顔の河島シェフ。先ほどまでホイルに包まれ炭火で焼かれていました。あやしい切れ目が入っているのが分かりますが。

中にはまさかの鮎!!

お味は、ご想像にお任せいたします。

丸福珈琲店 ザ・パーラー 銀座三越店|美味しいフルーツと濃い珈琲/the 424th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」424日目、本日はカフェです。銀座三越6階、紳士服フロアに2019年3月にオープンした「丸福珈琲店 ザ パーラー 銀座三越店」にお伺いしました。

丸福珈琲店は大阪の新世界で1934年(昭和9年)創業の老舗喫茶店、東急プラザ銀座にもありますが、より高級感のある業態となっています。

自然光も入り、明るく気持ちの良い店内。

入ってすぐの場所でテイクアウト用のケーキ、洋菓子なども販売しています。2019年4月から銀座三越は10時営業、こちらでモーニングセットやカレーなどの洋食メニューもいただけますが、本日はスイーツを中心に。

・フルーツパフェ ¥1,836

銀座の老舗デパートらしい華やかで、ちょっと懐かしさも感じられるビジュアル。中はシンプルにバニラアイス、グラノラ、生クリーム、一番下が果肉入りのイチゴソース。

上にはフルーツがたっぷり。

リンゴ、イチゴ、グレープフルーツ、オレンジ、バナナ、メロン、キウイ、ブルーベリーが花のように盛り付けられた迫力のあるパフェ、フルーツ好きにはたまりません。 大変美味しくいただきました。

続いて・フルーツサンドイッチ ドリンクセット ¥2,100(w/o tax)

8種類ほどの色鮮やかなフルーツが盛り付けられた綺麗なプレート。

フルーツサンドに使用されているのはイチゴ、キュウイ、バナナの3種。

せっかくフルーツが沢山あるので、もう2種類くらい中に入れてもいいのにと思うのですが、欲張りもいけません。 ふわっとした食パンに、たっぷり入った程よい固さのクリームも優しく、後味も良い美味しいフルーツサンドです。

そして丸福珈琲店の名物はこちらの・コーヒー

「深煎りの極み」、苦くて濃い真っ黒な珈琲です。注文する際に「当店のコーヒーは苦いですが大丈夫ですか?」と尋ねられるほど。酸味はありませんが、他のお店と比べても圧倒的な苦味です。ブラックでいただくとぼんやりしていた脳が一口で一気に覚醒。ぴったりの気分の時にいただくと非常に美味しいコーヒーで、たまに無性に飲みたくなります。

また他店舗と違い、ケーキもお店の厨房で毎朝自家製です。

・ミルクレープ ¥810

上にはマンゴーなどのフレッシュフルーツ、土台はふわふわのスポンジに中にはグランマルニエシロップ漬けのイチゴと少し手の込んだミルクレープ。甘みはやや強めですが、苦いコーヒーとの相性は抜群でした。

 東急プラザ店もそうですが、サービスも上質で、気持ちよく過ごせるカフェです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「丸福珈琲店 ザ・パーラー 銀座三越店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ボンボヌール|モダンにアップデートされた可愛いデザート/the 418th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」418日目、本日はカフェ、2018年12月に銀座三越4階にオープンしたフレンチ&デセールカフェ「ボンボヌール」にお伺いしました。

レストランフロアではなく婦人服売り場の一画にあります。白金高輪のフレンチ「ラ クープドール」のシェフと、リヨンのパティシエ兼ショコラティエ「セバスチャン ブイエ」のコラボレストランだそうです。

店頭ではケーキやチョコレートなども販売されています。ハイヒール型のチョコレートはプレゼントで喜ばれそうですね。

百貨店内らしいシンプルで落ち着いた店内、席数はわりと多め、窓からはあずま通りが見渡せます。

食事メニューはパスタ、クロワッサンサンド、サラダなど色々。本日は・クロワッサンサンド パンバーニャ ¥1,400(w/o tax)をお願いしました。

カリフラワーのスープ付き。南仏ニースのサンドイッチ。具材はシンプルにツナ、卵、キュウリ、トマト、レタスなど。見た目の通り、お味もナチュラルで美味しいです。

続いて楽しみなデザート、ボンボヌールの看板メニュー・セバスチャン ブイエ スペシャル フォレノワール ¥1,800(w/o tax)をいただきました。

フォレノワールは「黒い森」という名前の通りドイツのお菓子、原型はほぼ無く非常にモダンな仕上がりです。中央には大きなリンゴ、ではなくチェリー。ナイフを入れるとたっぷりのチェリーソースとキルシュ漬けのグリオットチェリーが流れでます。

ソースにはマスカルポーネなどを加えコク十分、外側は厚めのチョコレートでソースとの相性は間違いありません。周囲に飾られたチョコレート、クリームも合わせていただくと食べ応え十分。

周囲のグリーンのグルグルはスパイシーな抹茶のチュイール、ポキポキ折れるのでやや食べにくいですが、非常に濃厚なデザートのお口直しにも最適で美味。 見た目も綺麗で、なかなか満足感のあるデザートでした。

現在フォレノワールは終了しており、イチゴ型がフォトジェニックな・セバスチャンブイエスペシャル ジャルダン デ フレーズがいただけます。

また別の日にお伺いしていただいた春のデザートはこちら・ミルフィーユ オ アブリコ ¥1,600

好物の金柑を使ったデザート、3層のミルフィーユ生地の間にはオレンジ蜂蜜クリーム、金柑とアプリコット。一番上はヨーグルトのソルベ。フォレノワールと比べると構造も味も非常に軽い仕上げ、春らしい爽やかなデザートでした。

スタッフの方々の感じも良く銀座三越らしい上質感のある雰囲気で快適です。ちなみに2019年4月から銀座三越は10時から営業しており、ボンボヌール、ラデュレ、みのりカフェなどのカフェは10時から営業しております。

また気になるデザートが登場したらお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!  

「ボンボヌール」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

西洋料理 三笠会館 銀座三越店|原点回帰の伝統料理とりどり/the 416th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」416日目、本日は洋食です。銀座三越11階に2019年3月18日オープンした三笠会館の系列店「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」にランチにお伺いしました。

三笠会館といえば銀座5丁目、並木通り沿いにある和洋中料理が各階でいただける総合レストランビル。始まりは1925年に銀座でかき氷屋として創業した老舗洋食店なのです。

三笠会館らしい落ち着いた店内、スタッフの方々もピシッと制服で整えていらっしゃいます。¥2,200からのセットメニューもありますが、本日は伝統メニューを中心に色々お願いしました。

・三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え ¥1,200

1932年に外食メニューとして初めて「鶏の唐揚げ」を提供したのが三笠会館だとか。手羽先が入っていましたが、骨はそう多くなく食べやすいです。下味もしっかり付いているので、そのままでも良いですが、胡麻塩が壺。

色々な部位が入っているので、肉質の違いを楽しめます。

骨から出汁が出るからかわかりませんが、骨付きって美味しいです。

・南部鉄釜 チキンと半熟卵のドリア ¥1,600

1957年に登場し、西洋釜飯と呼ばれ親しまれていたというドリアは、個人的には西洋親子丼という印象。プツプツした熱々のベシャメルソースにチーズ、鶏肉にキノコ、下はケチャップライス。上に乗った半熟卵をくずしていただくと、ビジュアルと共に美味です。

・三笠会館伝統 焼きカスタードプリン ¥700

色、サイズ、形状共に理想的なカスタードプリンです。お味も想像通りですが、それが素晴らしい。先ほどのドリアの南部鉄器にも施されていた鹿は創業者が奈良出身のためで三笠会館のマークともなっています。

春日大社の神鹿、「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の一句よりプリンは月の連想。

とても雅なプリンでございました。他インド風チキンカレー、シーザーサラダなどの伝統メニューもいただけます。歴史のあるお店は色々な物語があり良いですね。

こちらは通しで営業されており、カフェ利用なども可能。ちょっとした休憩にも便利です。

銀座の三笠会館系列ではここでしかいただけない・チョコレートパフェなども。

スタンダードに美味しいチョコパフェでした。昭和50年創業のサンミ高松と共に安心できる総合レストランの1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。