アクアリウム at アルフレッドダンヒルさん-男子目線のラグジュアリー感では銀座随一!/the 216th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”216日目、本日はカフェバー、「アクアリウム at アルフレッドダンヒル」さんにお伺いしました。

店名でもお分かりのように、中央通り沿いのダンヒルの3階にあるカフェ。
dan11
1階にも小さいメニューが出ているだけなので、気づかない方も多いのではないでしょうか。

2階にはバーカウンターがあり、3階はカフェスペースです。 ラグジュアリー感が凄い!
dan3dan2
重々しいソファやテーブルは全てアンティーク。何気なく置かれた金属の双眼鏡や地球儀状のオブジェがクールです。 さらに壁面にはダンヒルに縁のある貴重なレーシングスーツやゴーグル、ライター、時計など男心をくすぐるアイテムが展示されております。

さらに窓からは中央通り、ティファニー、ブルガリ、ルイヴィトンのブティックが見渡せる最高の眺め。
dan4

テンションが上がったところで、限定5食の・自家製デミグラスのビーフハヤシ 十六穀米セット ¥2,800をお願いしました。まずはこちらから。

・桃のスープ
dan5
小さいカップで。上品な甘さで気持ちが安らぎます。

・サラダ
dan6
色々な種類の野菜がたっぷり入っていました。 新鮮で美味しい。

・ビーフハヤシ
dan8
こちらはエリンギ、シメジなどキノコが沢山入っています。 しつこさは全くなく上質感のあるお味。

dan7
十六穀米も合わせて美味しいです。付け合わせのピクルスも茎付きで何だか洒落ています。

デザート ・レアチーズケーキ、フルーツ
dan10
一口サイズですが、しっかり作られております。

最後は美味しい・コーヒーで。
dan9
健康にも気を使ったメニューで、このお店のムードは魅力的!

創業者のアルフレッドが現代に生きていたら「こんな”家”に住んでいるのでは?」という想定のもと造られたということ。 今回はずっと貸切状態でしたので、展示品もゆっくり見られて、存分にその気分を楽しむことができました。 17時以降はチャージがかかるそうです。 次回は少しお洒落してお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
dan1

レストラン エールさん-軽やかな和モダンフレンチ/the 215th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”215日目、本日はフレンチです。

9月18日にオープンしたデパート”EXITMELSA-イグジットメルサ”の8階にある”レストラン エール”さんにお伺いしました。恵比寿にあった超人気店”ビストロ門”さんが銀座に移転して生まれ変わった話題のお店です。
air12

白を基調とした店内は、ごくごくシンプルで清潔感満点なのが好ましい。サービスがしやすいテーブル配置となっているようです。

昼も夜もメニューはおまかせ1コースのみ。 本日はランチコース”Art”¥3,800(w/o tax、サ別10%)をお願いしました。

アミューズ “フォアグラのソフトクリーム”
air1
女性ならずとも可愛い見た目にキュンとしてしまいます。コーンの中にはコンポートしたイチジクとフランボワーズ。これがまたフォアグラのムースと良く合い美味。 恵比寿時代からの名物料理で、一度止めてみたら大勢のお客様から大クレームが来たというのも納得です。

スィーツが続きますよ。

スペシャリテ “野菜のパフェ”
air4
オブジェとして飾っておきたくなるような綺麗な一品ですが、写真が鮮やかに撮れず残念!紫人参のアイスに紫キャベツとコンソメのジュレ、カブのムース、中にはズワイガニやグリルした野菜。最下層部は美容にも良いという穀物アマランサスとアンチョビソース。20種類以上の野菜が使用された贅沢パフェ。美味しくないわけがありませんね。

パン “バゲット、カンパーニュ”
air6
奥沢の人気のパン屋”クピド”さんにオリジナルで焼いていただいているそうです。 カンパーニュは焼き直したものと、そのままのフワフワなもの。ライ麦の香りがとても良い。

無塩バターは炭塩とライムの皮で軽くトッピングしてあり美味。
air3
普段ほとんどバターは使用しないのですが、ほぼ完食してしまいました。

魚料理 “ヒメダイと白子のベニエ ビーツのリゾット”
air7
こちらは絶品! 大和芋の衣で揚げた天ぷら。上にはオカヒジキ。ソースは焦がしバターのブール・ノワゼット。身の引き締まったヒメダイに、サクサクの軽やかな衣が素敵。タラの白子も美味でしたが、ヒメダイが今日一でした!

肉料理 “フランス産鴨肉 柚子とタイムのアロマロースト”
air8
付け合せは紫大根、イチジク、青リンゴ。葉ワサビのピュレと柚子胡椒を付けて。皮はカリッと中はフワッとの美味しい鴨でした。溢れた肉汁までパンに付けて綺麗にいただいちゃいました。

デザート “フォンダンショコラ、イチゴのムース”
air10
プラリネとフランボワーズのソース。

最後は美味しい”コーヒー”で。
air11

森の空気をイメージしたグリーンのお出迎えのお皿など、食器はモダンな有田焼き。 料理も随所に和のテイストが感じられました。サービスも完璧で、2時間の間リラックスして美味しく料理がいただけました。ドレスコードも無く、堅苦しくないのも良いですね。

1コースしかないため、価格もリーズナブル。2ヶ月で内容が変わっていくそうです。 銀座にまたまた素晴らしいフレンチレストランができましたね!料理に比較した価格、サービスは最高レベルで大満足でした! それほど席数も多くなく1回転しかしないので、予約必須ですよ。ごちそうさまでした!

“レストラン エール”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

閉店)ローライフカフェ|野菜が足りない私に/the 214th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”214日目、本日は野菜がたっぷりいただけるお店をご紹介いたします。

2015年5月にオープンしたローフード専門の”ローライフカフェ”さんにお伺いしました。場所は銀座2丁目、並木通り沿いの雑居ビルの7階です。
raw10
下に看板は出ていないようで、少し入り難いですが、ずんずん進みます。奥の無愛想なエレベーターで7階へ!

店内は、清潔感のある白で統一、会社のちょっとした休憩スペースのような感じ。
raw1
テーブル席にカウンター席もございます。専門書や果物なども販売しているようですね。注文はレジで先にするシステム。お水もセルフです。

本日は”Cセット” ¥1,684をお願いしました。 こちらはメイン2品に加え、スムージー、スープ、スイーツから2品を選べるセットです。再利用できる瓶に入っているのが特徴ですね。瓶のままテイクアウトも可能です。
raw3

“Rawウォルドーフジャーサラダ” (単品¥800)
raw4
自分でボウルに出すのがやや手間ですが、ぎゅっと詰まっていたサラダをボウルに出してあげるときの、葉っぱがのびのびする開放感は愉快。

サラダはレタス、ベビーリーフ、トマト、リンゴ、レーズン。 ドレッシングはアーモンドマヨネーズで、レモンとセロリで味のアクセントを出しています。
raw5
クルミもたっぷりで、腹持ちも良くなるように考えられています。お味のしっかりしたドレッシングが美味しいかったですね。

“Rawラップサラダ オレンジロール 梅カシューマヨラップ” (単品¥500)
raw2
中身はオレンジとパプリカペースト、レタス、キュウリなど。 食物繊維のサイリウムパウダーも入っているそうです。ナッツとチアシードなどで作られたというラップ、これは美味しい!

“Rawスープ トマトとアサイー” (単品¥500)
raw6
蓋を開けるとキュウリが載っている。 濃厚なトマトジュースのようで、塩気がやや強め。

“Rawジャースイーツ チョコチャイケーキ” (単品¥400)
raw7
砂糖、小麦粉、バター、卵は不使用。 これも瓶に入っており子供の時、駄菓子屋でよく買ったモロッコヨーグルを思い出しましたよ。スムージを選ぶのが正解だったようです。

体に良さ気なものを沢山食べられて満足感はございます。お腹もいっぱいになりました。あまりに早い時間に行くと料理が揃ってないので、注意が必要です。 ラップサラダは、また食べてみたい逸品ではありました。 野菜が足りない時にまたお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ローライフカフェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
raw8

リール銀座さん-ミキモトラウンジ横田氏プロデュース/the 213th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”213日目、本日はスィーツ。2015年10月21日にオープンしたばかりのカフェ。今はなき名店ミキモトラウンジの横田シェフがプロデュースするお店です。待ってました!という方も多いのではないでしょうか。

場所は銀座3丁目、昭和通りの1本西側の通り沿いのビルの2階、赤いテントが目印です。オープン仕立てでお花がいっぱいですね!
rire10
1階はお昼時は行列ができるお蕎麦屋”桂庵”さんです。白く明るい店内は、カウンター席もあり、程よいサイズ感。

本日はこちらをお願いしました。

“グラノーラ アイスモンブラン” ¥1,200

土台はオーツ麦、ローストしたクルミやカボチャの種が入ったグラノーラ生地。 さらに卵黄たっぷりで黄色のバニラアイス、茨城県産の和栗を使ったモンブラン。上にはイタリア栗のシロップ漬け。 中はさっぱりとした生クリームで、周りにはシェフが最近はまっているというグラノーラクッキーとチョコレート。見た目にもインパクトのある贅沢モンブランです。

食べてみるとまずは豊満な栗の香りが口の中に柔らかに広がります。美味っ!これは良いモンブランです。 バニラアイスもコクがあって非常に美味しい。素材のバランスも良く、完成度は非常に高いようです。

“コーヒー” ¥900

1杯お代わり無料が嬉しいです。 ケーキ同様優しいお味でした。 ケーキセット的なものがあると嬉しいですね。ごちそうさまでした!

ランチタイムは食事メニューもございます。 ケーキが美味しかったので、早速次の日お伺いしてみました。ランチメニューは3種類でフレンチトースト、キッシュ、鶏ムネ肉のソテ。全て¥1,500で、ミニスープ、ミニデザート、ドリンク付きです。

本日は”岡本シェフの季節のキッシュ” ¥1,500をお願いしました。

“タイム風味のコーンスープ”
rire5
タイムってどんな香りでしたっけ?

“カボチャとレンコンとゴボウのキッシュ”
rire6
サラダとミニポテトグラタン付き。

こんなに厚みのあるキッシュは初めてです。焼くのが難しそう!
rire7
カボチャ生地に野菜がたっぷり。ほんのり温かく、体にも良さそうです。

デザートは小さい”バナナとクルミのケーキ”
rire8

最後はセットの”紅茶 アールグレイ”で。
rire9
午前中にコーヒーを2杯飲んでしまったので、慣れない紅茶にしてみました。 さっぱり味で不慣れでも飲みやすい。お湯の継ぎ足しもしていただけますよ。美味しかったのですが、モンブランの完成度と比べるとまだまだ手探り段階かと思われます。これからに期待です!

スタッフの方々も皆様、礼儀正しく親切、適度に気さくで思わず長居してしまいそうな良い雰囲気。 笑顔が溢れるお店になりそうな予感です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“リール銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。