アンシュマン|フランス料理の良心と醍醐味/the 537th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」538日目、本日はフレンチ「アンシュマン」にお伺いしました。4年前にも当ブログでご紹介したお店ですが、にお伺いしました2021年3月1日に移転され、店名も少しだけ変わりました。

※その時の記事はこちら

場所は銀座5丁目、ソニー通り沿い「西五ビル」の7階。

1階はフランス料理の老舗「エスコフィエ」、面白いお店が色々入居している楽しい雑居ビルです。

店内は以前の6席より席数が少しだけ増えたといっても、カウンター8席のみ。
アンシュマン
広いカウンター、座り心地の良いアームチェアーが設置され、食事を楽しむのに最適な空間です。ランチコースは¥3,850、¥6,500の2種類、本日は・7品の季節のランチコース ¥6,500(w/o tax)をお願いしました。

・ノルウェーサーモン、クリームチーズ、ウニのグジェール
ノルウェーサーモン、クリームチーズ、ウニのグジェール
チーズ香る甘くないシュークリーム。中にサーモン、クリームもたっぷり入って小さいですが、食べ応えあります。ディル、エシャロットの香りが効いています。

・トリュフのシフォンケーキ
トリュフのシフォンケーキ
アンシュマン大岸シェフのスペシャリテ、最初はトリュフの香りを味わい、後半はマッシュルームのデュクセルで味変。前回もいただきましたが美味。軽やかな味わいですのでホールで食べられそう。

・ファアグラ、ドライ黒イチジク、バルサミコ酢のマルブレ仕立て、イチゴサラダ
ファアグラ、ドライ黒イチジク、バルサミコ酢のマルブレ仕立て、イチゴサラダ
フォアグラはそれほど好きな素材ではないのですが、これは良い。フォアグラ、イチジク、バルサミコ酢を使ってテリーヌ状に仕上げています。コクはありますが、苦手なこってり感がほとんど無く、爽やかと言ってもよいほど。

・芦ノ湖産マスのミキュイ、チーズリゾット、菜花
芦ノ湖産マスのミキュイ、チーズリゾット、菜花
半生の火入れで風味豊かに仕上げたマスに焦がしバターとレモンのソース、クルミとアーモンドのロースト、下にチーズリゾット。シェフからは「鮭茶漬けのように食べてみて下さい」とユーモアのある一言。1品1品のボリュームはそれほど大くないものの、香りや素材の調和で、満足感が高まります。上に乗せたパリッパリの皮が素晴らしいアクセント。

・ブリ、マッシュルームとポルチーニのソース、パセリのピュレ
ブリ、マッシュルームとポルチーニのソース、パセリのピュレ
旬を過ぎて脂ノリは控えめですが、ブリ照りなど日本人に親しみのあるブリは存在感もあって美味しい魚です。

・ウサギのパイ包み、グリーンピースのピュレ、ホワイトアスパラガス
ウサギのパイ包み、グリーンピースのピュレ、ホワイトアスパラガス
春が旬のウサギ、日本で飼育されたウサギですので、クセは全くありません。ホワイトアスパラ、グリーンピースを添え春らしく仕上げられています。

パイの中はウサギ、新玉ねぎ、フォアグラ。
ウサギのパイ包み、グリーンピースのピュレ、ホワイトアスパラガス
パイ包みはもちろんですが、ソース(ガストリック ヴァン ルージュ)が絶品。フレンチでソースが美味しいと嬉しくなります。

・チョコムース、マスカルポーネのババロア、キャラメルアイス
チョコムース、マスカルポーネのババロア、キャラメルアイス
一緒に食べるとティラミスのようなお味に。それぞれの素材が共鳴し合っており、美味しいデザートでした。

最後は美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
コーヒー
クラシックなフレンチがお好きというだけあり、素材の組み合わせ、ソースの美味しさなど、銀座らしからぬリーズナブルな価格でフレンチの醍醐味を感じられる素敵なレストランです。

大岸シェフは関西弁のちょっと強面ですが、気さくで楽しい方、1人でもリラックス気分で食事を楽しめます。大岸シェフ1人で切り盛りされている場合もあるので、時間には少し余裕を持っていくのが良いかもしれません。ちなみにコースは月変わりだそうです。また季節を変えてお伺いいたします。ごちそうさまでした。

「アンシュマン」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

Anne et Valentin DESSIN2 春に似合うバイカラー

フランスのアイウェアブランド「アンバレンタイン」の最新モデルをご紹介いたします。

CONCEPT「MAP」
CONCEPT「MAP」
コンセプト「マップ」は、19世紀後半、画家のクリムトを中心に結成された芸術家グループ「ウィーン分離派」による芸術や建築デザインをモチーフとしたコレクション。各所に見られる幾何学的ディテールはヨゼフ・マリア・オルブリッヒの建築やヨーゼフ・ホフマンの家具を連想させます。

Anne et Valentin DESSIN2 col.20A23
Anne et Valentin DESSIN2 col.20A23
バタフライにも見えるボストン型、都会的かつ女性的なデザインですが、ダブルブリッジが思慮深い印象を与えます。これからの季節にぴったりの明るい2色使いのフロントカラーも新鮮です。

モダンエンドのメタルパーツは樹脂で埋め込まれています。
Anne et Valentin DESSIN4 col.20A25
日本の扇を想像させる模様です。2色入荷しました。

Anne et Valentin DESSIN2 col.20A25
Anne et Valentin DESSIN2 col.20A25
是非店頭にてお試し下さいませ。

Anne et Valentin-アンバレンタインについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アンバレンタインのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫本数300点以上と充実しております!

Lunor A5 226 クリップサングラスも付けられるボストンメガネ

ドイツのアイウェアブランドLunor-ルノアの定番ボストンフレーム「226」が再入荷いたしました。

Lunor A5 226 col.01

線は細いですが感じる温かみ、バランスの良いサイズ、丸過ぎずキリッとした雰囲気のある定番ボストンフレーム。男女問わずお勧めできるルノアの傑作モデルです。

Lunor A5 226 col.02

全てのパーツがドイツ製のオリジナル。

堅牢で強度の高いオリジナルのヒンジパーツも特徴で、独特の丸みが柔和さを醸しています。

Lunor A5 226 col.16

Lunor A5 226 col.41
Lunor A5 226 col.41
新色のクリアグレー。

Clip on SUnglass for Lunor A5 226
Clip on SUnglass for Lunor A5 226
クリップサングラスのご用意もありますので、これからの季節重宝いたします。慣れればワンタッチで取り外し可能です。

一般的な厚みのあるリムではなく、ワイヤー状フレームを使用し、非常に軽量。
Clip on SUnglass for Lunor A5 226
負担が少ないので、女性にもお勧めです。すでに「A5 226」をご愛用の方はクリップサングラスのみのご購入も可能です。是非店頭にてお試しください。

LUNOR-ルノアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ルノアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

Randolph Engineering CONCORD 大定番ティアドロップサングラス

アメリカのサングラスブランド「ランドルフ エンジニアリング」のサングラスが再入荷しました。

Randolph Engineering CONCORD col.CR101 23K Gold

「アビエーター」と並ぶシグネチャーモデル「コンコルド」、ランドルフ創設4年後の1976年に運行を開始した超音速旅客機「コンコルド」から名付けられたティアドロップサングラスです。

男性はもちろん、女性が掛けても非常に格好良いデザイン。
Randolph Engineering CONCORD Randolph Engineering CONCORD
どのブランドもリリースしているティアドロップサングラスですが、やはり独特のムードを醸し出しています。もちろんアメリカ軍のミルスペックに準拠した性能となっています。

Randolph Engineering CONCORD col.CR111 Matt Black
Randolph Engineering CONCORD col.CR110 Matt Black

Randolph Engineering CONCORD col.CR176 Matt Chrome
Randolph Engineering CONCORD col.CR176 Matt Chrome
マットクロームの57mmサイズも入荷しました。是非店頭にてお試しください。

Randolph Engineering-ランドルフ エンジニアリングについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ランドルフ エンジニアリングのサングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。