ビストロ・ヌガさん-料理とワインのシナジー効果/the 108th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、108日目です。本日は珍しく夜お伺いいたしました。”ビストロ・ヌガ-le nougat”さんです。平日は夜のみ、土日祝日はランチ営業もしています。

場所は銀座6丁目、東京銀座ビルの1階です。

中央通りから東(昭和通り方面)に3つ目の通り沿いです。

今回は2階に案内されました。2階の方が若干落ち着いた雰囲気のようです。寒い日でしたので、まずはこちらで体を温めます。

“ホットワイン” ¥900

身にしみます。ハチミツが入っているので喉にもよさそうです。シナモンの香りも爽やかで飲みよく美味しいです。

“ラタトゥイユ” ¥960

ナスとズッキーニにタマネギやトマトソースが絡みます。ほんのり温かく、何とも柔らかいお味です。期待できます。

“フリュイ・ド・メールのクリームソース” ¥1,890

こんがり美味しそうに焼かれたパイを開くと・・・


クリームソースとともにサーモン、ホタテ、イカなどが流れ出します。フリュイ・ド・メールとはフランス語で”海の果物(幸)”という意味だそうです。パイのサクッ、ソースのトロッ、具材のフワッの協奏曲。ワインが進みます。

“クスクスロワイヤル(Half)” ¥1700

仔羊のメルゲーズ(香辛料たっぷりのソーセージ)が乗ったクスクスに、オクラ、パプリカ、人参、ナス、大根などの野菜が沢山入った仔羊の煮込みを掛けていただきます。2人でしたらハーフサイズで十分なボリュームです。クスクスとスープの相性がとても良い。体ポカポカ、元気が出るお料理です。

お好みで”フェレロ・アリサ”という辛い唐辛子ペーストを付けていただきます。
初めて見ましたが、クスクス、タジン料理では定番のようです。辛いです!

“ヌガ・グラッセ” ¥960

最後はデザート。ナッツが入った冷たいコーヒー味です。こちらも2人でちょうど良いサイズ感。ナッツの高密度具合に驚きます。ナッツ好きにはたまらないデザートでしょう。

お勧めのデザートワインのシャトー・カントグリル、ソーテルヌ(ボルドー) ¥1,575と一緒に頂きました。深い濃密な甘さで、デザートととても良く合いました。料理を食べるとワインが進み、ワインを飲むと料理が進む楽しい時間でした。ごちそうさまでした!

2階席の一部。ヌガさんのシンボルであるピンクの像がたくさんいて賑やかです。

シノワさん(当店と同じビルの地下1階です)と同系列のお店だけに、ソムリエの方がいらっしゃってワインの知識も種類も豊富。フレンドリーな対応もお店の雰囲気に合っておりよいです。サービス料が10%かかります。

“ヌガ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
nou12

銀座フォアグラさん-月曜だけ!限定30食のフォアグラランチ/the 101th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、101日目です。本日は珍しいフォアグラ専門料理店、その名も“銀座フォアグラ(正式名は銀座フォワグラ)”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、外堀通りを少し入ったところ。ニューギンザビル2階です。お隣は花屋さんのようですね。
銀座フォアグラ外観

ランチは月曜日のみ。ランチメニューはオムライスとハンバーグのみで、どちらも15食限定です。

というレア感もあり開店(11時30分)前にはこの行列です。

店内は20席ほどですので、2巡目には完売してしまいます。お気をつけ下さい。

本日は”フォアグラのせハンバーグランチ”¥1,000を注文しました。

ミニサラダとミニスープ付き。
サラダ 白いカップに入ったスープ
本日は卵スープでした。温まります。

そしてメイン!

“フォアグラのせハンバーグ”
フォアグラとチーズがのったハンバーグ ハンバーグのアップ

ドミグラスソースがたっぷりかかったハンバーグ、その上に大きいフォアグラにバターまで。見た目通りに、とても濃厚なお味。フォアグラの火の通り具合も良い具合。こってりフォアグラ好きには堪らないお料理かと思われます。この価格、この品質を考えるととても良いコストパフォーマンスです。ごちそうさまでした。

“銀座フォアグラ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
青い看板とランチ完売しましたの看板

アピシウスさん-グランメゾンの力/the 100th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、100日目です。本日はフレンチ。有楽町のフレンチといえばコチラ“アピシウス-APICIUS”さんにお伺いしました。

場所は有楽町、蚕糸会館の地下1階です。黒い看板とメニュー
店内画像はございませんが、ウエイティングバーもあり、グランメゾンの名に相応しい華やかさがございます。

ランチコースは5,250円、8,400円(サ10%別)の2種類。今回は後者の”HIVER”をオーダーいたしました。

アミューズ “カレイのマリネ シャンパンのビネガーソース”
カレイのマリネ シャンパンのビネガーソース
一口サイズ。パンは3種類から好きなものを頂けます。

“CHATELDON-シャテルドン” ¥2,100
シャテルドン
ルイ14世も愛飲していたという炭酸水。お店の方は「炭酸水の王様」とおっしゃっていました。確かに美味。硬水ですが、とても飲みよく、水らしからぬ味わい深さを感じます。

前菜 “宮﨑産「ひのかげ栗」のスープ フォワグラと茸入り”
スープ
主張の強い栗とフォアグラの共演ですが、しつこさは全くなし。温もりのある上品な甘さと、時々ソテーされたフォアグラの香ばしさが素敵。

メイン “北海道厚岸産牡蠣のポシェ 生海苔と胡椒風味”
北海道厚岸産牡蠣のポシェ 生海苔と胡椒風味
艶かしいプリプリの牡蠣はもちろん、エキスが沁みた白ワインベースのソースは、雄大かつ寛容さを感じます。

メイン “オーストラリア産仔羊の背肉と挽肉のグリエ ショロンソース”
オーストラリア産仔羊の背肉と挽肉のグリエ ショロンソース
間違いなく今まで食べた羊料理の中で最も美味しいコチラはトマトのソースに付けて頂きます。羊肉の魅力を感じさせる逸品です。見た目はこんがりですが、中はしっとり赤身の残る絶妙は火入れ具合です。

デセール “青リンゴとキャラメルのムース、マロンケーキ、タルトタタン”
青リンゴとキャラメルのムース、マロンケーキ
タルトタタン
デザートはワゴンにて。6種類の中から好きなだけ選択。またアイスクリーム、シャーベットもそれぞれ5種類から好きなだけ。リンゴのムースが好みでした。

最後はコーヒーで。
コーヒー

30周年を迎えたグランメゾンの料理とサービス、堪能いたしました。ごちそうさまでした。

“アピシウス-APICIUS”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

ドミニク ブシェさん-ソースの余韻に浸るニューフレンチ/the 94th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、94日目です。本日もフレンチです。”ドミニク・ブシェ-DOMINIQUE BOUCHET”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通りの1つ東側の通り、清月堂ビル地下1階はカフェ、2階がレストランです。
 シックな黒いビル

ランチはMenu a votre choix ¥8,500 、Menu du marche ¥5,500 の2種類。本日は¥8,500(サ10%別)のコースをオーダーいたしました。。

アミューズ “鴨のテリーヌ”
鴨のテリーヌにレタス
何とも清々しいお料理。

前菜 “ホタテ貝のムースリーヌ オマール海老のビスク”
カブが2つ

見た目にも愛らしいコチラは、カブの中にホタテ貝のムース。
カブの中のホタテムース
前菜の印象通りホタテは清潔感のあるお味。そしてやや濃厚なオマール海老のソースが絶品。ホタテとエビ、海の物同士、合性は抜群です。

魚料理 “パリっと揚げたエビ バジル風味”
黒い器の海老フライ
シースルーの衣が美しい。下にはカリフラワーのソース。パリパリとした衣とプリプリの海老の食感のコントラストが美味しいです。

肉料理 “松阪牛テールの赤ワイン煮込み「ミレニアムカップ」”
松阪牛テールの赤ワイン煮込み
料理名は、2000年に料理の鉄人に出演して受賞したミレニアムカップより。見た目とは裏腹に、決して濃い味ではない奥深いソース。当然ですが、お肉は唸るほど柔らかいです。

じゃがいものピューレと温野菜
こちらのソースに、バターたっぷりのジャガイモのピューレを混ぜながら頂きます。入れるたびに、お味は円く優しく、そして重厚になります。このソースで温野菜もご馳走に変わります。美味しいです。

デザート “フランボワーズのスフレ”
スフレの上にフランボワーズ
熱々でフワフワ。口の中でとろけます。けっこう甘い。

最後は美味しいコーヒーと”パリジャンの小菓子”で。
コーヒーと小菓子
とても上品で温かい何かに包み込まれるような優しいお料理、そして余韻が残るソースがとても素敵でした。ごちそうさまでした!

白い落ち着いた店内。接客もとても上品ですが、真面目すぎないのが良いです。
ダンサーの絵のある白い店内

2013年9月オープンの新しいお店です。フランス料理好きは是非。“ドミニク・ブシェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。