鳥ぎん 本店さん-釜飯焼鳥 素敵なセット/the 132th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、132日目です。本日は“鶏”です。銀座のお隣の築地は魚介類だけに目が行きがちですが、実は鶏も美味しいのです。築地の卵焼きは有名ですよね。というわけで、銀座も鶏料理屋さんが沢山ございます。

昭和28年創業の老舗“鳥ぎん”さんにお伺いしました。場所は銀座5丁目西五番街(ショコラストリート)付近の路地にございます。
tori5
ピエールマルコリーニさんとタルボットさんの間を入ります。

ニューギンザビル6号館の地下1階。
tori4
向かいには姉妹店?の“ニュー鳥ぎん”さんがございます。

本日はこちらを注文しました。

“とり丼” ¥750
tori1
塩気がやや強めの昆布の佃煮が乗っております。醤油ベースのタレで品の良い鶏肉の淡白さを生かした味付けです。佃煮が良いアクセントになります。

tori2
お新香、きんぴらごぼう、鳥スープ付き。スープが美味しいです!

食べ終わり、周りを見てみると釜飯を召し上がっている方がほとんど。とり丼まっしぐらで訪問したのですが、釜飯が名物でした。というわけで次の日お伺いしました。

平日の2時まで注文できるサービスランチ“釜めし焼鳥セット”を注文しました。好きな釜飯にプラス¥440で焼とり3本が付きます。

カウンターに座ると料理人さんが隙のない手付きで鳥を焼いていく身のこなしを楽しめます。炭は和歌山紀州産備長炭を使用しているそうです。
tori7

“焼鳥、ねきま焼、はさみ焼” ¥440
tori6
定番の3種類のセットです。老舗らしい、これぞ焼鳥というお味。美味しいです。周りを見回すとビール、日本酒で楽しんでいる方多数。羨ましいです。

15分ほどで釜めしが提供されます。
tori8

“貝柱釜めし” ¥990
tori9
開けた瞬間、海の香りが広がります。貝柱好きにはたまらない非常にあっさりとした清廉なお味。美味しいです。1つ残念だったのは、薄味なせいかお焦げができなかったことでしょうか。美味しかったです!ごちそうさまでした。

通しで営業していることもあり、いつも賑わっております。
tori3

“鳥ぎん”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

羅豚 ギンザ・グラッセさん-新感覚・蕎麦しゃぶ/the 127th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、127日目です。本日は豚しゃぶでございます。2014年4月18日にオープンした“羅豚-らぶ”さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、外堀通り沿いギンザ・グラッセの10階です。1階のディーゼルさん、お隣は映画館 東映さんを目印にどうぞ。
ra13

こちらの特徴は全てのメニューにビュッフェが付いてきます。銀座に4店ある羅豚さんの中でこちらの店舗だけかと思われます。本日は大定番の黒豚しゃぶしゃぶ ¥2,400をオーダーいたしました。

“ビュッフェコーナー”
ra2
サラダ、揚げ物、天ぷら、デザートなど約20種類。嬉しいことにドリンクバーもございますので、ジュース、コーヒーなども飲み放題なのです。素晴らしい!

“黒豚ロースとバラ”
ra5
奇麗で美味しそうな色です。

まずは大量のネギと、ニンニクを投入。
ra4

しばらくしてから、お肉も投入。
ra6
10秒ほどで色が変わり食べごろに。

“黒豚しゃぶしゃぶ”
ra7
かつおベースのだし(蕎麦つゆ)でいただきます。豚とネギは間違いのない相性の良さですが、蕎麦つゆが意外や意外、とても合います。あっさりとしており、よいです。柚子胡椒を入れて味を変えて楽しむこともでき、いくらでも食べられそうです。

“蕎麦”
ra8ra9
山形の蕎麦粉を使った細打ちの蕎麦です。豚しゃぶの後になかなかのボリューム。のどごしのよいお蕎麦です。

最後はチョコバナナとコーヒーで。
  ra10
ビュッフェ付きはかなりお得な印象ですが、メインの量も多く、そんなに食べられるものではございませんね。ごちそうさまでした。

後からご飯と豚汁を食べていないことに気付きました。きっとビュッフェのコーナーにあったのでしょう。気付きませんでした!また次回。

店内は非常に広く、座席間もゆったりで落ち着けます。“羅豚 ギンザ・グラッセ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

5月19日〜21日はオープン記念で全品半額。すごすぎます!
ra12

場所はコチラです。

10階ですので、眺めも気持ちよいです。
ra11
お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

柿安さん-お得なすき焼きランチです/the 120th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、120日目です。本日は三重県桑名市で1871年創業の老舗すき焼き、しゃぶしゃぶ店“柿安”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、GINZA gCUBEの7階です。中央通りのH&Mが入っているビルです。
kaki1
飲食店の入り口は建物の裏側にございますので、お気をつけ下さいませ。

エレベーターを出ると、そこには雅な高級感のあるエントランス。
kaki10

ランチは“黒毛和牛すき焼定食”1,575円からございますが、本日は“柿安御膳”¥3,675をオーダーいたしました。

“柿安御膳”
kaki2
すき焼きとしゃぶしゃぶと選べます。今回はすき焼きをセレクト。三段重の豪華なセットでございます。

“一の重”
kaki6
マグロ、鯛、イカの刺身、茶碗蒸し、牛肉の佃煮、冷や奴。

“二の重”
kaki5
焼き魚、牛肉ごぼう巻き、もずく酢、卵焼き、ホタルイカの煮物など。春だからか桜の花びらが所々にございます。どれもしっかりと作られており、美味しい物を少しずつ頂けます。流石に牛肉を使った料理は特に美味しく感じます。

“すき焼き”
kaki3
素敵な霜降り肉は北海道産の黒毛和牛です。煮込みます。

kaki7
舞茸、ごぼう、タマネギ、ニンジン、糸こんにゃく、豆腐など野菜もたっぷり。とき卵に付けていただきます。お肉はもちろん柔らかで、あっさりめの割下も丁度良く、あっという間に完食です。

“三の重”
kaki4
品のよい炊き込み御飯に、これまた品のよいちりめん山椒。とても和やかな味付けで、すき焼きの〆には最適。東京ではなかなか味わえない濃いめの赤出しも美味です。

デザート “抹茶ようかん、イチゴ”
kaki8
煎茶と一緒に。こちらもあっさりと上品なようかんでございました。ごちそうさまでした。

14時頃お伺いしましたが、個室しか空いておりませんでした。
kaki9
相席になるかもと言われましたが、なりませんでした。個室で相席は少し気まずいと思われます。接客も親切丁寧で接待にもよさそうです。

“柿安”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

蕎麦 流石さん-東銀座で蕎麦づくし/the 114th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、115日目です。本日は、たまに無性に食べたくなるお蕎麦です。“蕎麦 流石”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、東二ビルの2階。東銀座駅から徒歩5分程度の落ち着いた(わかりにくい)場所にございます。1階は“ピッツェリア イルビアンコ”さんです。

イタリアンを目印にした方がわかりやすいでしょうか。メニュー表が外に出ておりますよ。

1,050円から蕎麦は頼みますが、本日の蕎麦を堪能したいということで“そばづくし”¥4,200を注文いたしました。

 “タコ、菜の花、卯の花、そば味噌”

素材を生かした自然なお味の前菜が期待をもたせます。そして日本酒の誘うそばの実たっぷりのそば味噌が美味しいです。料理の合間にチビチビいけるのが良いです。

“温かいおそば”

こちらのお蕎麦は、全て十割(じゅうわり)そば、そして細いです。のどごしがよく、蕎麦同様にあっさりとしたお汁がとても美味しいです。温かいおそばは特に伸びやすいので、素早くいただきましょう。

“そばがき”

そば粉の味のみですので、濃厚な溜まり醤油とワサビでいただきます。お餅のように粘りがありフワフワです。素朴ですが、風味がとても豊かです。やはり日本酒ですね。飲める体でお伺いした方が楽しめそうです。

“蕎麦サラダ”

茹でたての十割そばと新鮮な野菜に、ごまドレッシングがからみます。清涼感のある引き締まったお味です。お蕎麦とシャキシャキした食感の掛け合いもよいようです。温かいそばとサラダは埼玉県産のそば粉を使用しているそうです。次が最後のそば料理です。

“ひやかけそば”

こちらの名物だそうです。最初はそのまま、途中から梅おろしを入れていただきます。こちらは群馬県産のそば粉使用。細いですが十分なコシ。さらに、おそらく冷たいお汁の効果で喉越しは一際滑らかです。小気味良い薄味で、十分楽しめるお料理でした。

そば湯が無かったのが残念。美味しい蕎麦づくし、ごちそうさまでした。

テーブル席、カウンター、半個室がございます。上品で清潔感があり、女性一人でも立ち寄りやすい雰囲気です。

“蕎麦 流石”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。