閉店)SALON1950|歴史は続く、どこまでも/the 237th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”237日目です。1年半ほど前に閉店した老舗洋食店の銀座キャンドル。名前を変えて移転営業しているとの情報をキャッチし、早速ランチでお伺いしてみました!

職場がキャンドルさんがあった場所に近いため、今でもたまに「キャンドルって何処でした?」と聞かれることがあります。閉店したんですよと告げた時の、残念そうな表情、または驚きで、こちらも辛い気分になっていたのですが、移転されていたんですね。

場所はコリドー街の合同(オエノン)ビルの地下1階。
salo9
看板も何もありませんが、突き進みます。それらしき入り口を開けると、左右の壁には著名人のサインが飾られています。間違いありませんね。さらにガラスのドアを開けると、不思議な空間が。

salo8
なんとワインセラーの中にお店があるのです。ちょっと他にない素敵な雰囲気!オープンキッチンで、客席は大きな一枚テーブル、ここにいる人全てが何かを共有している感覚ですね。BGMはクラシックで、料理を待っている間に何もしていなくても、そこにただ座っているだけで退屈しないのが不思議です。

お店はキャンドルにいらっしゃったシェフと、ホールの方,お2人で切り盛りされているそうです。夜は事前予約必須の¥10,000コースのみですが、昼はカルトでオーダー可能。記載は税抜き価格です。

まずはドリンクをオーダー。

“アラン・ミリア ブルーベリー ネクター 330ml” ¥2,500
salo1
興味本位でお願いしたフランスの高級ジュースでしたが、これは美味しい。まず、グラスに注ぐ時の粘性の高さに驚き、飲んでみるとブルーベリーの甘酸っぱさが口の中に充満いたします。 ブルーベリーを本当に食べているような、高級なワインを飲んでいるような錯覚に陥るスペシャルドリンクでした。

そして絶対外せないコチラ!

“チキンバスケット” ¥1,600
salo2
キターッ!ナイフとフォークもありますが、熱々で火傷しそうですが、もう手づかみでいっちゃいました。久々のキャンドルのフライドチキン!感動です!

サクサクの衣に、ジューシーで甘味のある美味しいお肉。美味し過ぎ。手羽元にササミの部分も入っておりました。「皆様、ここにありましたよ!まだ食べられますよー!」と心の中で叫びながらいただきました。大満足です。

味付けなどは今までと全く変えていないそうですが、前回よりずっと美味しい気がいたします。チキン以外にポテトコロッケ、ポテトフライ付き。 本来トーストも付くのですが、別の料理も頼んだので無しにしてもらいました。

“和牛ハンバーグ” ¥3,900
salo4
未経産の雌の黒毛和牛にコクを出すため少しだけ黒豚のお肉を混ぜているそうです。 丸々分厚い貫禄のあるハンバーグの重量は240gほど。大きい。十分に味が付いており、そのままでもとても美味しく、上質感たっぷり。

salo7
デミグラスソース、数種類のお塩などでいただくのですが、一番美味しかったのは胡椒。 ハンバーグの横にチョコンと添えてあるのが手積みの胡椒。 こちらを一粒手にとり、実を奥歯で噛むと胡椒の刺激が口の中に広がります。その余韻でハンバーグをいただきます。こんなハンバーグの食べ方初めてです。胡椒って美味しいんですね。

定番のグラタン、ハンバーグなど以前より値段は上がっていますが、食材は明らかにグレードが高くなっており、空間も素晴らしい。 本当に移転していてくれて嬉しいです。これで場所を尋ねられても堂々と答えられて一安心。 夜のコースはドリンクも付いて断然お得ということですので、またお伺いしてみます。 ごちそうさまでした!

“SALON1950”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


ぎんざ古窯-ビーフシチューが名物ですが/the 235th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”235日目、本日はビーフシチューが有名な山形料理のお店”ぎんざ 古窯”さんにお伺いしました。
koyo7
前回ご紹介した”カフェ&ダイニング 玲”さんと同じビルの2階でございます。

茶色を基調としたレトロで落ち着いた店内、なかなか広そうです。お一人様はカウンターへ。ビーフシチューが有名ですが、本日は平日 (火~金) 限定10食 “山形牛・米沢牛のスープチャーハン定食” ¥1,450(w/o tax)をお願いしました。

まずは、山形名物芋煮、サラダ、インゲンのお浸し、香の物、味噌汁。
koyo1
“芋煮”は里芋と牛肉、こんにゃくが入っており、こってりとした味付けが美味! インゲンも美味しい。こういう郷土料理は大好きなのです。

数分後、チャーハンが、開けたら鳥の丸焼きが入っていそうなゴージャスな蓋つき盆で運ばれてきました。
koyo3

スタッフの方にスープをかけていただき完成ですが、凄い!
koyo4
グツグツが止まりません!熱すぎます。カメラのレンズが曇ります。 スープの良い香りも感じられますね。火傷しないように少しづついただきます。

koyo5
チャーハンはしっかりめ、卵がたっぷり入ったスープは柔らかい味付け。 渾然一体となって、素敵なハーモニー。コショウが効いており、食べ進むうちに体も熱くなってきます。 新感覚の美味しいスープチャーハンでした!

追加で”茶碗蒸し” ¥300をお願いしました。
koyo6
器が高くボリュームも多そうに見えましたが、蓋を開けてみると以外と少なめ。。。 白身魚、エビ、銀杏などが入った優しいお味でした。

お店は繁盛しており、カウンター前の厨房で調理するのも見ていたのですが、チャーハンを頼んいる方はいないようでした。。。 やっぱりシチューが大人気です。次回はシチューを食べにお伺いいたします。五感で楽しめるスープチャーハン、どの料理も明快なお味が好感触。 山形県のかみのやま温泉にある宿「古窯」にも行ってみたくなりました。 ごちそうさまでした!

“ぎんざ古窯”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


囃shiyaさん-たっぷり野菜のハヤシライスが名物/the 194th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、194日目。本日は雑誌などにもよく掲載されており、ずっと気になっていた“囃shiya-ハヤシヤ”さんにお伺いしました。

名物のハヤシライスのランチは限定20食でちょっと厳しかなと思い、ディナーでお伺いいたしました。

場所は銀座3丁目、中央通りから2本東側の通り沿い”KOSEIビル”の地下1階でございます。
hayashi10
松屋銀座さんの裏の裏、キャノンギャラリーの裏の通りですね。

カウンター10席と個室のみの小さなお店。
hayashi1
店内はやや暗めのしっとりとした雰囲気、ガラスケースの色とりどりの野菜が際立って見えるようです。

ディナーは”ハヤシライス セット” ¥2,800からございますが、本日は”[b:囃shiyaコース]” ¥5,800(サ別10%)をお願いしました。夜は基本的に予約必須ですが、席が空いていればアラカルトでも注文できるそうです。

先付 “ウニとジュンサイの冷やし茶碗蒸し”
hayashi2
まずは、さっぱりと。ジュンサイ好物です。

前菜4種 “野菜のテリーヌ、セロリとひじきの和え物、春野菜の和え物、卯の花”
hayashi4
こちらも全て優しい味付け。テリーヌにはとうもろこしのソースを付けていただきます。 添えられた食用ほおずきも甘くて美味しいです。

お造り “わらさ、ホタテ”
hayashi5
時計に見立てたユニークな盛り付けです。 お刺身は醤油のジュレを付けていただきます。

メイン “北海道ひこま豚 心臓のポワレ”
hayashi6
低脂肪でヘルシーな心臓。 さっぱりとナチュラルに、コリッとした食感も良いようです。

“囃Shiya特製ハヤシライス”
hayashi8
ご飯は少なめでお願いしました。 こちらもベビーコーン、パプリカ、ブロッコリー、ジャガイモ、マイタケなど野菜がたっぷり。 カツオ出汁を使った和風でモダンなサラサラのハヤシライスは、沢山食べた後でも、しっくりと胃に収まります。

ちなみにハヤシライスを始めたのはオーナーシェフのお名前が林さんだからということ。 単純そうで奥深い理由でございました。

デザートプレート “チョコレートケーキ on トマトケーキ、かぼちゃプリン、わらび餅”
hayashi9
どれも甘さ控えめで、最後まで安心していただけました。

ハヤシライスのお店かと思っておりましたが、実際は野菜料理がメインのよう。 どのお料理も良い素材を活かす味付けとなっております。 新鮮で美味しい野菜の良い点は、後引く充実感。 消化も楽で、次の日の朝の快調さったらありませんから。 野菜がたっぷり食べられて大満足でした。 色々とお話もお聞かせいただきありがとうございました。ごちそうさまでした。

行列必須のお得なハヤシライスランチにもお伺いしてみようと思います。 また、同ビルの1階、同系列で北海道産の豚料理が名物のワインバル”MA SALLE-マサール”さんもご紹介いただきましたので、近日中にお伺いいたします。

“囃shiya”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


キッチン大正軒さん-全て許容の老舗洋食店/the 174th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、174日目、本日は洋食です。“キッチン大正軒”さんにお伺いしました。巣鴨の老舗の精肉店の直営みたいです。

場所は有楽町駅の目の前の“東京交通会館”の地下1階でございます。
tai4
交通会館は完全に風景の一部と化しておりますが、昭和な雰囲気いっぱいの、なかなか侮れない建物でございます。 地下1階は趣のある飲食店街です。

目指す場所は、いつも行列が絶えない人気ラーメン店の“麺屋 ひょっとこ”さんのお隣でございます。
tai3
使い込まれたお世辞にも綺麗とは言えない店内はカウンターとテーブル席が1つ。激狭です。お会計は先ですので、外に貼ってあるメニューで予め選んでおくとスムーズです。

17時15分頃入店したとき先客はいませんでしたが、続々とお客様が。狭い店内あっという間に満席でした。ちなみに、お水もセルフでございます。メニューが多く迷いましたが、本日はコチラをお願いしました。

“チキンカツカレー” ¥950
tai1
5分ほどで到着。この愛想の無い盛り付けが、このお店には合っております。大きいチキンカツが2つ。やはり無造作にカレーとご飯の間に配されております。

一口食べて驚き。美味しい!サックサクの衣に、厚みがあり程よいカツの弾力。素晴らしいです。 使用しているというキャノーラ油(店内に体に良い理由の書いた紙が貼ってあります)については、体に良い悪いと賛否両論あるようですが、何といっても美味しいのだから仕様がないのです。

カレーは甘くて辛い、古き良き雰囲気。豚肉がたっぷり入っております。後味も悪くないですね。キャベツは太めの千切りで、バリバリ食べます。満腹中枢が刺激されて丁度良いのかもしれませんね。 ごちそうさまでした。

チキンカツが印象的でしたので、次の日もお伺いしました。

昨日より遅い17時30分過ぎに到着したのですが、何とまだ営業されていない!聞いてみると「なるべく17時30分前には開けるようにしているが、特に決まっていません。済みませんね。」と、全然済まなさそうにおっしゃいます。それでも全然嫌な気分にならないのは、昭和38年創業の貫禄でしょうか。店内で少し(30秒くらい)待たせていただいた後すぐ開店。こちらをオーダー。

“ミックスA定食 メンチカツ、アジフライ、エビフライ” ¥1,000
tai5
味噌汁、ご飯(少なめで注文)付きです。 何と、唐揚げが1個付いているのがテンション上がります。 大きいアジフライとメンチカツがインパクト有り。

tai6
メンチは最大限にサクサク感を楽しめようにか、厚みは薄くて面積は広いです。 玉ねぎたっぷりでさっぱりとしており、美味。しかしこのサクサク感は病み付きですね。ごちそうさまでした。

本日もその後、続々とお客様が。 食べて早々に退散しましたが、店を出る時の2人の女性店員さんの「ありがとうございました〜」はとても愛想が良い。 ツンデレの見本ですね。再訪したくなる原因の1つではないでしょうか。 またサクサクしに伺います。素敵なお店でした。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。