「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」

6月21日からお台場パレットタウで開催されているデジタルアートミュージアム 「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」 に行ってきました。

最寄駅はゆりかもめの「青海駅」です。

入り口は大観覧車の真下にあり大変わかりやすいです。

16時ごろ到着しましたが、当日分のチケットは完売。事前に購入するのがお勧めです。入り口の壁には以下のメッセージ。

同じ場所でも常に変化し続けるそう。予備知識なくお伺いしたので、一体どんな展示なのか非常に楽しみです!

入ってすぐに現れるのが花の森。見たこともない光景に思わず声が出てしまいます。



咲いては枯れ、枯れては咲く、刹那にして永遠の花畑。訪れる人の影響を受けながら変わり続けるそうです。逆上せるような美しさ。

壁面には鳥獣戯画の行列や花を全身に纏った像や熊が歩き回っています。

初体験の新しい2次元世界。

人々のための岩に憑依する滝/Universe of Water Particles on a Rock where People Gather

光の滝、人が岩になり、岩が人になる。縦の滝に絡む横の光の波が幻想的な光景。

地形の記憶/The Way of the Sea in the Memory of Topography

水の中から水の上へ。毎年育つ稲、虫が飛び、花びらが散ります。毎年繰り返されますが、決して同じではない人間と自然の営みに気づかせれる作品です。

ランプの森

人に反応するランプの森、圧巻、インスタ映え間違いなし。

チームラボアスレチックス 運動の森

壁面をクジラが泳ぎ、地面には絵に描いたトカゲや花が散り乱れる運動場。

すべって育てる!フルーツ畑/Sliding through the Fruit Field

けっこう急です。子供の時には何でもなかったことが、大人になるとできなくなったり。

マルチジャンピング宇宙/Multi Jumping Universe

トランポリンで飛びながら宇宙を作ります。飛ぶたびに足元に星が生まれ、時にはブラックホールが出現したり。3分ほどで交代していくのですが、足がガクガクになりました。下見る余裕なし。

運動した後は休憩です。運動場の隣にはお茶カフェ「EN TEA HOUSE/幻花亭」があります。

水出し茶をいただきましたが、お茶の中にだけ生まれる花、成長し散っていき、また生まれます。凄い技術(応用?)です。

他美しい光の展示が多数。

Wander through the Crystal World/クリスタルワールド

光の彫刻/The Haze

Black Waves

この展示がまったりしており一番好きでした。360度の波、中央にはビーズクッションが置かれており安眠できます。写真だけでも綺麗ですが、映像は刻一刻と変化し、体験することが重要です。20年後はどうなっているかわかりませんが、こんな凄い世界に行きていることに驚愕。最先端のテクノロジーに心より感嘆したのでした。

詳しくは「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」の公式ウェブサイトをご覧ください。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

LINDA FARROW LFL/580 ゴールドの美-PS vol.509

本日はリンダファローのメガネを掛けた素敵なお客様をご紹介いたします。いつもご協力頂きまして誠にありがとうございます。お選びいただいたメガネはこちら。

LINDA FARROW FLF/580 col.01

ボストンフレームの上部にだけセルを巻いた新鮮なブロースタイル。ボリュームのあるソリッドなチタン素材にゴールドメッキが美しいメガネです。

実際に掛けていただきます。

Ms.M met “LINDA FARROW LFL/580 col*01”.

立ち姿が大変に綺麗なM様、ラグジュアリーなリンダファローなメガネが非常にお似合いです。イエローゴールドは日本人の肌色に良く合います。凛とした美しさがありながらも、サイズ感やデザインにより愛らしさも感じられるグッドバランス。素敵です!

ご協力いただきまして誠にありがとうございます。またお気軽に遊びによってくださいませ。お色違いはこちら。

LINDA FARROW FLF/580 col.03

是非店頭にてお試し下さいませ。

リンダ・ファローについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。リンダ・ファローのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫、充実しております!

フタバフルーツパーラー銀座本店|パフェとフルーツいっぱい /the 371th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」371日目、本日はフルーツパーラーです。銀座6丁目の商業施設ギンザシックス6階にオープンした「フタバフルーツパーラー銀座本店」にお伺いしました。

70席の開放的な店内。「フタバフルーツ」は中野区で75年以上続く果実店だそうです。

フルーツを使ったパフェ、フレンチトースト、サラダ以外にオムライス、カレー、グラタンなどの洋食メニューも色々ございます。

目玉の1つが多種多様の綺麗なフルーツウォーター +¥200。

セルフではありますが、飲み放題です。パフェ中心に色々お願いしてみました。

・赤肉メロン&チェリーのパフェ ¥1,700(w/o tax)

季節限定のフルーツパフェ。上にはアメリカンチェリー4粒と見るからに甘そうな赤肉メロン、実際にメロンは激しく甘くて果汁たっぷりの幸せ味。メロンって美味しいですね。

上から見るとグルグルで目が回る盛り付けも楽しい。

豆乳ソフトクリーム、パリパリのグラノーラ、カットチェリー、チェリーソース、中盤に入ったほろ苦いコーヒーゼリーが良いアクセントになっています。甘み、酸味、苦味のバランス良い美味しいパフェでした。

・ミックスフルーツサンド ¥1,100(w/o tax)

メロン、イチゴ、バナナ、オレンジ、マンゴーなどが入ったシンプルフルーツサンド。特徴は豆乳を使ったクリームでしょうか。酸味というか塩気が強く驚きましたが、慣れると美味しいです。

・バナナチョコレートモカ ヴァローナチョコレートソース添え ¥1,500(w/o tax)

王道のチョコバナナ。楽しみにチョコレートソースを掛けてみると、トロ〜リではなくボタッと落ちましたが、それでも美味しくないはずはありません。

上はソフトクリーム、バナナいっぱい、丸いチョコクッキー。

中にも多分同じチョコソースが入っているのでかなり濃厚。下にはチョコスポンジとコーヒーゼリー、何故かフレッシュなグレープフルーツが1かけ。お味的には非常にスタンダードで美味しくいただきました。

ラストオーダーが22時と夜遅くまで営業されているので、いつでもパフェがいただける安心感がありますね。合言葉は「ナイスパーラー」。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「フタバフルーツパーラー銀座本店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

・抹茶と栗のパフェ あんみつ仕立て ¥1,500(w/o tax)

Jacques Durand + 大澤鼈甲 PAQUES 506 本べっ甲バージョン。

フランスのアイウェアブランドJacques Durand-ジャックデュランの人気モデルの「PAQUES 506」、実は特別バージョンもございます。

Jacques Durand + 大澤鼈甲 506 col*ばら甲

人気モデル「506」をべっ甲で完全再現。べっ甲素材ならではの温かみと軽さが特徴です。

厚さは5mm。上や横から見たときの柄が綺麗です。

蝶番は通常3枚ですが、5枚にして堅牢な作りとなっています。

鼻パッド部分は日本人に合わせて大きめに設定されています。

右テンプルには「Jacques Durand」、左テンプルには「大澤鼈甲」の刻印が入ります。

クラシックベースですが、モダンなデザイン。力強いブリッジが特徴的です。

坂本龍一さんが愛用していることでも有名なモデルです。他表面にマット加工が施された並甲がございます。全て受注生産です。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

Jacques Durand-ジャックデュランについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ジャックデュランのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫、充実しております!