銀座 ブラン亭|コリドー街に帰ってきたブラン亭!/the 435th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」435日目、本日はカレーです。2019年4月ビルの取り壊しのため、またしても閉店してしまったカレー店「ブラン亭」ですが、この度コリドー街の雑居ビルに移転し再オープンいたしました(移転前のブラン亭の記事はコチラ、移転前のブラン亭の移転前の記事はコチラ)。

場所は銀座7丁目、コリドー街沿いの雑居ビル「第26ポールスタービル」の4階です。

「鮨處やまだ」「和の菜彩 さとう」などが入っている建物です。2年ぶりにコリドー街に戻ってきたのですが、夜のコリドー街の変貌振りにとても驚いたそうです。

前店舗の半分ほどの広さでしょうか。引っ越し仕立てでテーブル配置など安定しておりませんが、スナック居抜きでなかなか味わい深い雰囲気です。

テレビも2台設置されカラオケも可能、東京オリンピックに向けて模様替えしていく予定だそうです。7月オープンですが度々お伺いしています。

・チキン、キーマ、謎カレー、バジルポーク 温玉乗せ ¥1,600

今回のお休みは2ヶ月ほどと短かったですが、久々のブラン亭のカレーは最高に美味しい! 謎カレーはサクランボとブルーチーズが入ってなかなかパンチが効いており辛さもグッド。中トロトロの温玉や色々な薬味と一緒に食べると最高です。お摘み的なバジルポークも、上品なお味で美味。 

・チキン、豆カレー ¥900

通常は2種類のカレーを選べてこのお値段。油控えめの優しいお味ですので、毎日食べても飽きません。

・豆、ラムカレー ¥900

ラムカレーはなかなかレア。力強いスパイス感で絶品です。

・キーマ、チキンカレー 目玉焼き乗せ ¥1,000

ビジュアル的にも目玉焼き乗せは素晴らしい。大好物のキーマカレーはピーマン、ズッキーニの夏野菜入り。季節やママさんの気分によるアレンジも楽しいカレーです。カレーの後は気持ちを込めて入れていただく・コーヒー ¥200 をいただきゆっくりするのが至福の時間です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

余白が十分にあるため席数は少ないですが狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

素敵庵 銀座店|ハンバーグでも、素敵やん/the 414th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」414日目、本日は子供から大人まで皆んな大好きなハンバーグ、「素敵庵 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、外堀通り沿い高速道路高架下の商業施設「銀座インズ1」の地下1階。

1階にコージーコーナーやケンタッキーフライドチキンが入っている今年60周年を迎える老舗商業施設です。

鹿児島県のステーキ店で鹿児島以外で食べられるのは銀座のみ。

広々として活気に溢れる店内、スタッフは男性のみ、鹿児島発の体育会系、お肉が美味しく食べられそうな雰囲気です。

素敵庵という名前の通りステーキがメインですが、本日はランチメニューの中から・素敵庵ハンバーグセット ¥1,180をお願いしました。

カウンター席の向かい側ではステーキやハンバーグを焼いており、炎のパフォーマンスが名物となっています。

タイミングが悪く小さい炎しか撮影できませんでしたが、人の背の高さ以上の炎が次々立ち起こることも。

まずは・サラダ、コンソメスープ

ドレッシングは3種から選択、スープの中にはトマトが入っており美味しいです。

5分ほどで・粗挽き手ごねハンバーグも準備完了。テーブルに置かれる前に「ナプキンの半分をテーブルに掛けて下さい」とのお沙汰が。今までに見たことがないくらいグツグツです!

ナプキンでは防御しきれないほどにソースが飛散しまくり!鉄板マグマが収まるまで2分ほどはナプキンが離せません。食欲の沸く香りに満たされるのはこの上なく素敵ですが、洋服がハンバーグソースの香りになること必至ですので注意が必要です。

シンプルなデミグラスソースにハンバーグも肉々しくて美味しい。

ハンバーグはやや小ぶりですが、その分ほうれん草、人参、ポテトフライ、ブロッコリー、コーンと野菜が充実しており、パンorライスもお代わり無料なのが良いです。

パンは・自家製食パン、コーンブレッド、マーガリン付き

食パンは甘くて、ほの温かいコーンブレッドはフワフワ、どちらもソースを付けながら美味しくいただきました。あと白菜の浅漬けも付きます。

最後は侮れない美味しさの・バナナプリン(コーヒーも選択可)まで付いてこの価格はお得に感じます。

銀座インズ1の地下1階のお店は一度も利用したことがありませんでしたが、好物のカレーやアジフライを提供している店もあり興味深いです(黒豚の店と蕎麦屋は素敵庵と同系列!)。また素敵庵のビーフカレーもいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「素敵庵 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

後日いただいた・鹿児島県黒毛和牛ビーフカレー トマトサラダ付き ¥1,280、お肉の塊がゴロゴロ入った非常に濃厚で男前なカレーでした。

アカツキタップス銀座|世田谷発のビアバーがオープン/the 403th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」403日目、本日は2018年12月26日にオープンしたビアバー「アカツキタップス銀座」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、数奇屋通り沿い。

世田谷経堂にあるビール醸造所「暁ブルワリー」直営のビアバーです。

手前側は明るく、奥に行くほどシックな店内。

入って左側がL字型のカウンター、右側にテーブル席が並びます。11時-16時までのランチメニューはカレー、ハヤシライス、唐揚げ丼を提供しています。全てのランチメニューには嬉しいサラダ付き。

本日は・ほろほろ鳥のナッツカレー  ¥1,000(w/o tax)をお願いしました。

せっかくなのでビールもいただきます。6種類の中から・暁ブラック ¥700 をオーダーしました。

くりりんかぼちゃ、チョコレートモルトを使った黒ビールはとてもユニークな味わい。一般の黒ビールのように重さはなく軽い飲み口なのですが、コクが凄いです。美味。

最初にシンプルな・ポテトサラダ。

5分ほどで・ほろほろ鳥のナッツカレー(ご飯少なめ)も到着。

カシューナッツ、ごまペーストが入っており甘みもありますが、けっこうとんがったスパイシーさでビールが進みます。手羽先はそれほどほろほろしておらず、ややしっかりめでしたが、美味しいカレーでした。

また別の日お伺いしたいただいたのは・暁タップス特性キーマカレー ¥1,000。

鶏ひき肉キーマカレー、スパイスを14種使った薬膳カレーですが、ナッツカレーと比べてまろやかな味わい。野菜と玉子の甘さとスパイスの辛さのバランスの良いカレーでした。

食後は・みかんエール ¥700をいただきました。

和歌山の自然栽培みかんを使ったビールで、けっこうなみかん味なのが面白いです!ごくごく飲めるタイプではなくゆっくりまったりと味わって飲むビールです。

暁ビール以外にも他社ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーなど幅広い品揃え、値段も良心的で色々楽しめそうなお店です。 また夜にもお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「暁ブルワリー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。