銀座 凛 にしむら|安定感のある綺麗なお寿司/the 408th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」408日目、本日はお寿司です。2019年ミシュランガイドで初1つ星取得の鮨店「銀座 凛 にしむら」にランチにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋橋通り沿い、東建ビルの地下1階です。

ビルの左側が地下への入り口です。入って奥が同系列の「天婦羅おばた」、手前が寿司店「銀座 凛 にしむら」です。

コンパクトな店内はカウンター6席のみ。

大将が怖い人だったら圧力が凄そうですが、はきはきと優しく積極的にお話していただける方なので安心、プライベート空間のような感じで良い雰囲気です。

本日は・ランチ握りコース ¥10,000(w/o tax)をお願いしました。 まずは前菜から

・のれそれ

高知県の郷土料理で有名な「のれそれ」はアナゴの稚魚。やや大きめサイズでしょうか。ツルツル喉越し最高、トコロテンみたいで美味。ちなみに「のれそれ」の由来は不明だそうですが一説には「のったり、それたり」の略だとか。 和んだところで続いてお寿司。

・コハダ

江戸前鮨には絶対に外せないコハダからのスタート。隠し包丁も美しいふっくら仕上げで美味。赤酢と米酢をブレンドしたシャリは、酸味塩味の少ない極円やか仕上げです。

・スミイカ、白アマダイ、サヨリ、イワシ

食感の良いスミイカ、旬のサヨリ、これまた隠し包丁が美しいイワシと美味しいお寿司が続きます。

・サワラ

藁焼きにして香りがとても良いサワラです。

・トラフグ白子

熱いのでお気をつけくださいという注意をいただきましたが、ホントウに熱々。トロトロの白子で贅沢な卵ご飯。

・シロエビ、カワハギ、イカ印籠詰め、マグロ赤身漬け

カワハギはタネの下に肝ペースト、美味しいです。クラシックなイカの印籠詰めも良い雰囲気。

・ホッキ貝炙り、バフンウニ手巻き、クルマエビ、蒸しアワビ

とろけるウニアイスに肝がたっぷり乗った蒸しアワビも美味しいです。

・アナゴ

とろけます。

・キンメダイ炙り

脂の乗ったキンメダイでした。食べ応えのあるサイズです。

・タマゴ

デザート代わりのスイートなタマゴ、これに「鮨屋で食べる味噌汁が大好き」という西村大将こだわりシジミ味噌汁が付きます。

追加・かんぴょう巻き

タネは基本的に厚めに切りつけ隠し包丁は鮮やか、食べ応えは十分。トラフグ白子、アワビなども入ってこの価格なので満足感はしっかりと感じられます。印籠詰めといった江戸前らしいものも入りますが、全体的には現代的、とても食べよく、嫌いな人はほとんどいないタイプの綺麗なお寿司という印象です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 凛 にしむら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

鮨いしやま|綺麗な美味しさ、銀座期待の新店/the 386th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」386日目、本日はお寿司です。 銀座3丁目、西五番街通り(中央通りから2本西側)の銀座モリタビル4階にオープンした「鮨いしやま」さんにランチ訪問。

銀座6丁目のかねさか系列の鮨店「すし家」から独立した石山孝雄大将が8月にオープンしされたお店です。

新しいビルということもあり、とても綺麗で清々しい空気が流れる店内。銀座の鮨店としてはかなり広々とした空間です。

L字型のカウンターに個室が1部屋あります。ランチは¥10,000、15,000(w/o tax)の2種、本日は前者のおまかせ握りをお願いしました。

まずは秋の名物ナスの美味しい前菜が一品出て握りスタート。

・ヒラメ
程よい脂乗り、噛むほどに旨みを感じる美味しいヒラメです。

・シマアジ、エンガワ、ブリ、マグロ赤身

4年前になりますが、石山大将の以前の仕事場である「すし家」さんににもお伺いしたことがあるのです(その際の投稿はこちら)が良い意味で裏切られました。キリッとした赤酢のシャリは堅すぎず柔らかすぎずの絶妙なバランス。今回は味がとても綺麗に感じ、かなり進化している印象です。

・スミイカ

食感良く甘みたっぷりのスミイカ、祈るような静かな表情で心を込めて鮨を握る大将の姿も見ていて気持ちが良いです。美しい鮨は美しい握り姿から生まれます。

・車海老

・コハダ

酢〆もふっくりと柔らかです。美味。

・サンマ、カツオ、イシガキ貝、サバ棒寿司

秋はサンマ、カツオが美味しいです。サバ棒寿司は海苔で巻く珍しいスタイル。

・イクラ小丼

こちらも秋の名物。一粒一粒がキラキラ輝く幸せなお味です。

・バフンウニ、ハマグリ、アナゴ、カンピョウ巻

 最後はワサビを利かしたかんぴょう巻き。ワサビが沁みます。

・タマゴ

デザートはプリンのように甘くてふんわふわのタマゴで。 最後は滋味なお味噌汁をいただきゆっくりさせていただきました。

このクオリティーでこの価格は素敵過ぎ!年齢はなんと34歳と大変お若い大将ですが、すでに風格は十分。慣れていることもあり雰囲気も良く、サービス専門のスタッフの方もいらっしゃいますので、新店ですが抜群の安定感。とても綺麗な美味しさのお鮨に大満足、心が洗われるお鮨でした。

また、お若いからこそか、大将の鮨に対して真摯に向き合う姿勢も素晴らしく感じました。また10月11日に築地市場の豊洲に移転に伴いランチ営業を止める鮨店も多いのですが、こちらは続けられるというのも嬉しいですね。またお伺いいたします。ごちそうさまです!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

鮨 太一|路地裏のお寿司屋さん/the 43th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、43日目です。

今年最後はお鮨です。

トリプルの裏手の路地にある”鮨 太一”さんにお伺いしました。

1階が天ぷらの”あさぎ”さん、あさぎビルの2階です。

“十一貫、巻き物一本”¥5,250を注文。分かりやすい価格設定が嬉しいです。

ラインナップは、赤身、しめさば、中トロ、はまぐり、こはだ、貝柱、いくら、くるまえび、あなご、うに、卵。
(うろ覚えですので、間違っている可能性有り)

に、お通しとお吸い物が付きます。

少しだけ撮影させて頂きました。

“いくら”

新鮮なイクラはやはり美味しいです。

“くるまえび”

“うに”

食わず嫌いのウニでしたが、食べてみると甘くて美味しい。

巻物 “鉄火巻き、かんぴょう巻き”

もちろん美味しいです。

人生初のカウンターで食べたお鮨は、最高に美味しかったです。ごちそうさまでした!

大将も気っ風が良く、素敵な方。昼は2,520円からございます。

1人でも行きやすいお店です。9席しかございませんので、満席にはご注意下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さい。

年末年始の営業時間のお知らせ
12月30日 通常営業11:00-21:00
12月31日 11:00-17:00
1月1日 休業
1月2日 通常営業11:00-21:00

お気をつけ下さい。