ギンザ タッポ|再び銀座へ帰ってきたイタリアン/the 554th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」554日目、本日はイタリアン「ギンザ タッポ」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、見番通り沿い、「Y.A.D. GINZA8ビル」の6階。エレベーターは路地の中程にあります。
ギンザ タッポ
以前は銀座コリドー通りにあり、その後、新橋へ移転しましたが、2021年6月、再び銀座へ帰ってきたイタリアンです。

小ぢんまりとした店内は入って右側がカウンター3席、左側がテーブル席。 現在ランチはパスタ2種、リゾットの3種類で全て¥1,200、サラダ付き。

・彩り野菜の盛り盛りサラダプレート
彩り野菜の盛り盛りサラダプレート
コールスロー、キャロットラぺ、コーンサラダ、グリーンサラダなど7種類のサラダ盛り合わせ。彩りも綺麗で1つ1つがちゃんと作られておりとても素敵。体にも嬉しく、目にも美味しい一皿です。

パスタはミートソースと迷いましたが・自家製ベーコンのスパゲッティ カルボナーラを選択
自家製ベーコンのスパゲッティ カルボナーラ
チーズを削って出来上がり。カルボナーラは重たすぎる場合がけっこうあるのですが、こちらは軽やか、チーズ、卵、ベーコンのバランスもばっちり、とても美味しいパスタです。

別の日にいただいたリゾットは・シラスとズッキーニのリゾット
シラスとズッキーニのリゾット
パスタ同様、クリーム系ですが、綺麗なお味。ズッキーニの食感とほんのり香るシラスがとても良いです。

また夜にも利用してみたいレストランですが、7月12日からの緊急事態宣言下では夜は休業予定、ランチは営業するようです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ギンザ タッポ」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ニーケ|体と心に優しいサラダランチ/the 493th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」493日目、本日は銀座1丁目、木挽町中通り、京橋公園迎いに2019年9月にオープンしたダイニングバー「ニーケ」にランチ訪問いたしました。 

外に開かれた明るい店内は奥がカウンター席、手前がテーブル席、 壁面には綺麗な写真が飾られています。

というのもこちらは写真素材提供会社のアフロ経営。愛と美の女神アフロディーテと勝利の女神ニーケと納得のネーミング。

ランチメニューは、牛ハラミプレート、サラダランチ、ガパオライス、魯肉飯(ルーローハン)など。本日は・ジューシーチキンサラダプレート ¥1,000 をお願いしました。

・キャロットラペ
キャロットラペ
おまけのような一品ですが、クルミが入っており、嬉しくなります。サラダプレートも5分ほどで到着。

・ジューシーチキンサラダプレート
ジューシーチキンサラダプレート
冷製コーンスープ付き。アボカド、トマト、マッシュルーム、ゆで卵にレタスたっぷりの良い感じのボリューム。上に乗った柔らかいチキンも美味しく、かなり満足感のあるサラダランチです。

別の日のオーダーは・魯肉飯(ルーローハン)¥1,000
魯肉飯(ルーローハン)
スパイス感はそれほど強くなく、優しい日本的な仕上げになっています。ご飯が間違いなく進むお味で美味。こちらにもサラダがたっぷり付いているのもグッドです。せっかくなのでデザートもオーダー。

・ヌガーグラッセ ¥300
ヌガーグラッセ
ビーツで色付けした可愛いピンク色、ナッツの食感が良く軽やかで美味しいです。最後はセルフですが、セットの美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

夜はシャルキュトリ、鶏肉のコンフィなどフレンチベースの料理や、親しみの湧く唐揚げ、カキフライなどがリーズナブルな価格でいただけます。サービスも丁寧で明るく、とても快適な時間を過ごせる、体にも心にも良いお店です。ごちそうさまでした!

「ニーケ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

カフェ デコ|ベジチャージはいつもここ/the 286th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、286日目です。本日は当店からはかなり遠いのですが、野菜が足りない時にいつもお伺いする”カフェ デコ”さんをご紹介いたします。

場所は銀座1丁目(ほぼ京橋!)、昭和通り沿いにあるピカソタワーの1階、2階です。

ピカソと付くだけありユニークな外観です。

こちらは2階フロア。店内も清潔感があり明るく、スタイリッシュ。

こちらは2階席。テーブルもゆったり配置されており、ゆとりのある雰囲気です。

ランチメニューはハヤシライスやサンドイッチもあるのですが、いつもお願いするのは “パンと20品目のサラダプレート” ¥800。+¥100でパン→ベーグルに変更することも可能です。

まずは”コンソメスープ”。

生姜がよく効いており寒い日にはとても嬉しいスープ。夏にはこれが梅干しスープに変わります。優しいです。

続いて”オリーブオイル、ドレッシング”
ドレッシングはすりおろし野菜、クリーミー明太子、ゴマなど7種類ほどから選べます。

そしてコチラがメイン!

“20品目のサラダプレート”

素敵なビジュアルで、いつ来ても嬉しくなります。パンはドライトマトベーグルに変更。海老、イカ、タコの魚介に加えレタス、キャベツ、カイワレ、オクラ、トマト、キュウリ、ピーマン、パプリカ2色、豆3種、山芋、ニンジン、カブ、ヤングコーン、カボチャ、ナス、ブロッコリー、紫芋、紫大根、菊の花、ゆで卵、揚げ出し豆腐など余裕の20種以上!彩も綺麗です。


高さも凄いです!何品目以上という触れ込みの場合、実際頼んでみると「本当にそんなに入ってるの!?」と疑問に思うことが多いですが、逆パターンは珍しい。野菜の量は厚生労働省が推進する1日の野菜の量350gを目安にしているそうです。

そしてまた別の日はこんな感じ。デフォルトのパンです。

魚介が鶏肉になることも。


オカワカメなどの珍しい野菜が入る時もありますよ。

最後は美味しい”レインフォレストコーヒー” +¥100で。

自然環境に配慮して栽培している農園に与えられるカエル印のレインフォレスト・アライアンス認証コーヒーです。

スタッフの方も爽やかで、とても感じよく心も体もリフレッシュできるお店です。初めての方だと絶対気づかないトリッキーな化粧室も見所。ちなみにピカソタワーは「ピカソ美化学研究所」という企業のオフィス・研究所。「ピカソ」は芸術家ではなく、「美しく化する素」の漢字三文字からの命名だそうです。野菜たっぷりも納得です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

最寄り駅は京橋ですので、京橋からの銀ぶらがお勧めです。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
またある日のサラダプレート。パン→マルチグレイン(雑穀)ベーグルです。ごちそうさまでした!

サント・ウベルトゥス|寛ぎのイタリアン /the third day

とても寒いのであまり遠くに行きたくない。そんな訳で職場の近く、三笠会館と双璧をなす総合レストランビル「サンミ高松」にやってきました。8階のイタリアンレストラン「サント・ウベルトゥス」さん、なんと4年振りのお伺い。

1階にいつもバシッと決めた男性や綺麗な女性ガイドの方がいらっしゃるので少し緊張が。ここで行きたいレストランを告げると上の階に知らせてくれます。12時半ごろでしたが、8割ほどの席が埋まっており、ほとんどが女性。店内は賑やかで明るい雰囲気です。

ランチは¥1,300からありますが、本日はサラダ+お肉料理のサラダランチの・トリニータ ¥1,520をお願いしました。

・有機キャベツとパンチェッタのスープ

キャベツがたっぷり入っているのが良いですね。

・季節の有機野菜盛り沢山のシーザーサラダ

新鮮野菜が8種類ほど。サラダはいくらでも食べられるので、もっと盛り盛りでもかまいません。

・宮崎県産ゲシュマックポーク ホホ肉のフリカッセ風 +¥330

野菜たっぷりのクリーム煮。 かなり薄味だったので、テーブルに置いてあった唐辛子ペーストに手を伸ばしかけました。が、我慢。 年配の方も多いので、これくらいの味付けが好まれるのかもしれませんね。

最後はコーヒーと美味しいビスケットで。

程よい緊張、きらびやかな雰囲気とと親しみやすさ。ある意味とても銀座らしいお店です。 そして店名はいつになっても覚えられません。今度は7階のフレンチレストランにお伺いしてみようと思います。 ごちそうさまでした!

以下2012年3月記載

こんにちは、トリプルです。銀座6丁目美食日記、3日目はイタリアンでございます。

当店の裏側の大きい通り沿いにあるお店です。こちらの銀座っぽい立派な佇まいのビル。

ビル全体がSun-mi高松というお店で、各フロアが日本料理、イタリアン、フレンチなどで分かれています。創業37年!銀座美食ビルです。1階がエントランスホールで、案内を受け、8階のイタリアンレストラン”ST.HUBERTUS-サント・ウベルトゥス”へ。

店内はレンガ調の落ち着いた大空間。通路も広くゆったりと席が配置してあります。

一番人気というサラダセットを注文しました。

まずは定番の”カボチャのポタージュスープ”。暖まります。  

続いて、”ほんのり温かい!木の子入りサラダのバルサミコ風味”

関係ありませんが、「キノコ」より「木の子」と書いた方が妖精っぽくて可愛いですね。 イタリア産のボルチーニ茸、国産木の子、パンチェッタ(塩漬けした豚バラ肉)をグリル したものと野菜があえてあるようです。サラダっぽくはないですが、自家製のバルサミコ酢の酸味がほんのり効いていて美味。”ほんのり”ではなくて、”しっかり”温かかったですよ。

そして、メインのパスタ。パスタは9種類の中からセレクトできます。”ヘルシー”と書かれていたものを選択。

“小田原産有機白菜のトロトロとパルマ産生ハム、グリエールチーズ添え”

先ほどのサラダの影響もあるのか、驚くほどのヘルシー(あっさり)さでした。 ベースはかなり薄味ですが、かき混ぜて食べると、自家製ブイヨンで2日間弱火で煮込んだという白菜の甘味と 生ハムの塩味が良い感じの味付けになります。ただ、好みで言えばパスタがもう少し固めのほうが良かったかなっていうくらいです。美味しかったです。ごちそうさまでした!

セットは他「自家製パン、一口デザート、ドリンク」が付いてきます。 コストパフォーマンスも抜群! また、接客は皆様マスターという感じの、銀座らしい上品な対応でした。 勉強になります。

8階からの銀座6丁目の風景を楽しみたい方は、窓際の席がお勧めです。
 

こちらの、  8階でエレベーターを出たところにある気になる絵。  
不思議なイタリア的世界観。

銀座の食事でどこへ行くか迷ったときはサンミ高松さんへどうぞ。