スパイスラボトーキョー|新しいインド料理 モダンインディアンキュイジーヌとは/the 455th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」455日目、本日はインド料理です。2019年11月16日にオープンした「ジクロス ギンザ ジェムズ」の10階にオープンした「スパイスラボトーキョー」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通りとみゆき通りの交差点。
ジクロス ギンザ ジェムズの10階
地下1階-2階はゴルフショップの「テーラーメイド銀座」が入っています。

ブルーの椅子が印象的な落ち着いた雰囲気、テーブルに置かれた茶色のワイングラスがお水用、陶器製でずっしりしています。
スパイスラボトーキョー
シェフ始めスタッフの方に日本人はほとんどいらっしゃいません。なんと10ヵ国の方が働いていらっしゃるとか。多くの方が日々日本語勉強中です。

インド料理といっても「モダンインディアンキュイジーヌ」を掲げ、料理もコースのみ。ランチコースは¥3,300からありますが、本日は・スパイスジャーニー ¥6,600(w/o tax)というコースをお願いしました。

最初に世界的に有名なデンマークのレストラン「ノーマ」やインドのリゾートホテル「アマン」などでの経験があるというテジャス ソヴァニシェフから挨拶がありました。2分くらい話されていたが、ほとんど分からず。。。笑顔が可愛いですが、34歳に見えない風格。 メニューにはその料理の食材が書かれていますが、どのような形で出てくるか全く想像が付きませんが、インドを旅するような感覚を楽しめるコース構成となっています。

・寺院 Offering(捧げもの)クリスピーレンティ、3彩色のチャッツネ
寺院 Offering(捧げもの)クリスピーレンティ、3彩色のチャッツネ
炭で色付けしたココナッツ、トマトクミン、アボカドコリアンダーの3色チャツネにワダ、ヨーグルト。黒緑赤が歌舞伎の定式幕(市村座)を連想させるのも銀座らしいか(ちなみに歌舞伎座は黒赤緑の森田座仕様)。生姜、カレーリーフの香るスナックと最初からスパイスをふんだんに使った料理です。複雑な香りが面白い。

・カボチャのスープ
カボチャのスープ
味噌、バター、生姜、フェンネルの香り。ほのかに感じる味噌の使い方が巧く、シェフのバランス感覚の鋭さを感じます。

・街路 Pride(誇り)5バーラトの愉しみ
5バーラトの愉しみ
インドの屋台料理5品、パニプリ、紫蘇の天ぷら、ひよこ豆のケーキ、バターチキンのサモサ、、鴨のカバブ。 パニプリの中の水も梅、味醂、ミントを使用(普通は酸っぱい水)、ソースにワサビ、鴨肉にプルーンとマンゴーを合わせたりインドの屋台料理をアップデートした縦横無尽な組み合わせ。お味も抜群。

・湾岸 Bay
海老、ポテト、ニラと長ネギのマスタードソース
スパイスでマリネした海老、クミンの香りのポテト、ロブスター香るライス、ニラと長ネギのマスタードソース。透明な粒々フィンガーライムの酸味も爽やか。

・ロイヤル Royalty
タンドリーラムロイン、サフランソース
タンドリーラムロイン、サフランソース、ナスのムース、ほうれん草。このソースが絶品。14種のスパイスを使用しているそうですが、サフランの嗅覚をくすぐる香りが素敵。ラム自体の味は弱いですが、このソースで十分美味しくいただけます。今日一番の一皿でした。

・4種のクルチャ
4種のクルチャ
左からチキンとチーズ、ズワイガニとニラ、トリュフマッシュルームとトリュフ、バターと4種類のクルチャ。ケツルアズキのダルカレーや、先ほどのサフランソースに付けても美味。

・チキンビリヤニ
チキンビリヤニ
器も全て特注でしょうか。香りを感じやすい筒型形状です。

ライタ、ダルカレーを掛けていただきます。
チキンビリヤニ
蒸し方が上手いのか、バスマティライスがフワフワで香りも良く洗練を感じるビリヤニ。しかもクルチャ、ビリヤニはお代わりできます。もちろん両方フルサイズでお代わりいただきました。

・フェスティバル Bitter & Sweet Symphony
ターメリックとナツメグのアイスクリーム
ターメリックとナツメグのアイスクリームに4種のソースは、黒がエスプレッソとマスカルポーネ、紫がベリーとタイム、黄色がバニラビーンズとカスタード、オレンジがカボチャとカルダモン。 お勧めにしたがい全部一緒にいただきましたが、喧嘩せずに食べられます。アイスが美味しい。

最後のドリンクはコーヒー、紅茶ともに3種から選べます。 ・ミディアムダークロースト:アッティカン エステート
ミディアムダークロースト:アッティカン エステート
スタッフの方は普通のコーヒーです。とおっしゃってましたが、インドのコーヒー豆のよう。優しいけれど、独特の味わいで美味しいです。

インド料理というと渾然一体となったスパイスのイメージですが、各スパイスの個性を感じられるような味わい、スパイシーですが辛い料理は一切ありませんでした。和の食材を巧く組み合わせ新鮮さを感じるコース内容、インド料理は1品の量が多く、1名だとカルトで頼むのが難しいですが、コースで少しずつ出てくるのはとても有難いです。コース内容がどれくらいで変わるのかを聞き忘れましたが、またお伺いしたくなるインド料理店でした。ごちそうさまでした!

「スパイスラボトーキョー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
スパイス

バンゲラズ キッチン|南インドのマンガロール料理専門店/the 355th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」355日目、本日はインド料理です。

高速道路下の商業施設「銀座インズ2」の2階に今年オープンした「バンゲラズ キッチン」さんにお伺いしました。

南インド料理店ですが、西側アラビア海に面した港湾都市「マンガロール」の料理にしぼっているのがユニークです。

小さいお店で席間狭め。写真に写っていない両サイドにもテーブル席がございます。

銀座ですが気楽、夜の賑わいが想像されます。

本日は¥1,500からあるホリデーランチメニューからカレー2種が選べる・カレー定食(ミールス) ¥2,500をお願い致しました。

10分ほどで到着

・チキンカレー、ほうれん草コルマ、サンバル、ラサム、ポリヤル(サラダ)、チャツネ、ロティ、バスマティライスの定番南インド定食。 銀色の器が新品でピッカピカなのが何だか嬉しいです。

南インドなのでガツンとするものを予想したのですが、非常にマイルド。

ラサムにしても酸味辛み少なく、辛いのが苦手な方でも食べられそうです。 程よく酸味が効いたチキンカレー、ブロッコリーなど野菜たっぷりのコルマもさっぱりとしていますね。 香ばしいロティとバスマティライスに付けて美味しくいただきました。価格はやや高いですが、上質感を感じられるカレーでした。

後日、気になったビリヤニをいただきに再びお伺い。週末はランチタイムでもグランドメニューからオーダー可能です。

魚が名物ということもあり、メーン(フィッシュ)ビリヤニも気になりましたが、本日は・マンガロール マトンビリヤリ ¥1,600(w/o tax)をお願いしました。

最初に取り皿がきて、何でだろうと思っていたら孟宗竹の器に入って登場!

これがバンガロールスタイル?と思いきやオーナーの趣味だそうです。。。 一見ボリュームは少なそうに見ますが、竹に詰まっているため十分。


辛さは極控えめで南インドのようなパンチはないものの、ややねっとりとした質感、爽やかで上品なスパイス感で美味!マトンも中にゴロゴロ入っており柔らかくて良い感じです。


ライタ(ヨーグルト)をかけていただくと味がまろやか、キュウリの食感も加わりまた違ったお味を楽しめますね。 お値段は少しお高いですが、やはり美味しいお店です。

そしてスタッフさん、説明も丁寧で非常に感じが良く、気持ち良く食事ができます。インド料理店が多い銀座ですが、また素敵なお店ができて嬉しい限りです。他店にはないユニークな料理が多いので、何回も通いたくなるお店です。次はドライカレー、魚カレーをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ラージ マハール 銀座店|インド貴族のカレーとは/the 46th day

2018年2月追記)ナンが美味しいのでよくお伺いしているインドカレー店「ラージマハーる」。新しく・ホリデーランチセット ¥1,500が登場していたので、そちらをお願いしました。

内容は好きな・カレー2種、チキンティッカ、サラダ、ナン&ライス

見た目も豪華。カレー6種類の中から・ラムカレー、チキンキーマを選択しました。「ホット」と記載されているものでも辛さ控えめで非常に食べやすいカレーです。パンチはありませんが安心できますね。

そしていつ食べても感心してしまうのがナン

ほのかに甘くてサクサク食感が非常に自分好みです。お代わり無料ですが、そんなに食べられないのでしたことはありません。

最後は・オレンジゼリー、コーヒーでゆっくりと。

カレーの後のホットコーヒーは格別です。

日によってなのかもしれませんが・チキンビリヤニ ¥1,000 のランチセットがあることも。

サラダ、ドリンク、チキンカレーソース、ライタ(ヨーグルト)付き。ボリュームは申し分ありません! さっぱりとして美味しいビリヤニ、辛みとスパイス感は抑えめなため、カレーソースをかけると丁度良い味。中には骨つきチキンの塊が3つ入っており、食べ応えも十分。ライタを掛けながら食べても美味しいです。ラージマハールらしい優しい味付け、辛くないのでガツガツ食べられ、あっという間に完食です。

土日も通しで営業しており、ランチメニューも16時まで頼めるのも助かります。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年12月記載

こんにちは、トリプルです。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、46日目です。 本日は1ヶ月に十度は食べたくなるカレーです。銀座8丁目、中央通り沿いにある「ラージ・マハール 銀座店」にお伺いしました。

その名の通り(マハール=宮殿)、豪華なインテリアです。

広々ゆったりとした空間で、とても落ち着けます。

本場の宮廷インド料理が頂けるということで非常に楽しみです。 本日は・マハールランチ¥1,600をオーダーしました。

・タンドリーチキン

スパイス入りヨーグルトとバターソースにつけ込んいるそう。 サイズが大きいのでビックリ。程よいピリ辛さ。そして、柔らかさはヨーグルト効果? 美味しいです。

・ラムカレー

こちらも量多め。大サイコロサイズのラム肉がゴロッと入っています。 辛口と書いてありましたが、爽やかとさえ言えそうなマイルドな辛さでした。 インド貴族出身のオーナー曰く、「これくらいの辛さが本当のインド貴族カレー」なのだとか。

・ナンとサフランライス

丸々肥えたナンでした。お代わり無料です。 こちらのナンがモチモチで香ばしく、なかなか絶品です。 もちろんカレーと抜群の相性の良さ。

・オレンジゼリー

ちょっと固めの不思議なゼリー。これも宮廷料理なのでしょうか? かなりの満腹感。でも胃が重たい感じにならないのが、インド(宮廷)カレー。 

電飾で縁取られたゴージャスな窓からキッチンがのぞけます。

作業してても写真を撮ろうとすると直立してくれる、優しい料理人さん。

タンドール(窯)で美味しく焼かれるナンも垣間見れます。
タンドール窯はインドから空輸したそうですよ。こだわりですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ラージマハール 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

・ラッシー +¥200 初めて飲みました。

飲むヨーグルト。辛いカレーに合いますね。