ベルニーニ東京|パリパリのローマピザが名物のイタリアン/the 504th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」504日目、本日はイタリアンです。1996年に麻布十番で創業、2015年に銀座に移転した「ベルニーニ東京」にお伺いしました。ハワイ ホノルルのアラモアナにも支店があるそうです。

場所は銀座2丁目、昭和通りの1本西側の通り沿い「銀座歌茶屋ビル」の1階、2階です。
ベルニーニ東京
2フロアあるので席数多め。ウッディーでやや暗め、カジュアルな店内、1階は手前がテーブル席、一番奥にカウンター席もありますので、1人でも安心です 。

本日は一番リーズナブルな・パスタorピザランチ ¥1,200(w/o tax)をお願いしました。

・カポナータ
カポナータ
一口サイズですが、お味も美味しく、気持ちが嬉しいです。

・我孫子農家 旬野菜たちのサラダ 粒マスタードのドレッシング
我孫子農家 旬野菜たちのサラダ 粒マスタードのドレッシング
スープなども選択可能な前菜。野菜も新鮮で、爽やかなドレッシングも暑い時期にぴったり。

・フォカッチャ、オリーブオイル
フォカッチャ、オリーブオイル
釜で少し炙っており、香ばしいです。

・ボンゴレビアンコ カラスミ掛け +¥600
ボンゴレビアンコ カラスミ掛け
パスタは柔らか目で、アサリも沢山入ってます。カラスミの存在があまり感じられなかったのですが、オリーブオイルの香り良く、美味しくいただきました。

カウンターの目の前にはピザ釜。パスタをいただいている時に気付いたのですが、こちらのピザは、よくあるナポリ風でなくてローマ風。
ピザ釜
興味深く思い、別の日のランチにピザをいただきに、お伺いしました。

・ピザ マルゲリータ
ピザ マルゲリータ
3種類ありましたが、定番をいただきます。薄くてパリパリのクリスピー生地がローマピザの特徴。

生地はサクサクのパッリパリ。モッツァレラもミルキーで美味しい。サイズは大きいですが、薄いので、食べ心地も軽いです。
ピザ マルゲリータ
久々にいただいたのですが、ナポリピザよりローマピザの方が好みかもしれません。クリスピー生地のピザと言えば「銀座シシリア」が有名ですが形は四角。定番の丸いローマ風ピザをいただけるお店は希少ですね。デザートも美味しいです。

・バスクチーズケーキ +¥500
バスクチーズケーキ
チーズの味が濃く、やや硬めの食感で食べ応えがあります。

・カッサータ +¥700
カッサータ
ヌガーグラッセのような雰囲気のシチリア伝統菓子。オリジナルと比べ随分アレンジがされているようですが、とても美味しい。ナッツ、チョコ、フルーツのザクザク感にアイス部分もコクがあり、周りのパッションフルーツ層の酸味のバランスも良いです。

最後はセガフレード社の美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。換気のため入り口が開けっ放しなので、ピザ釜前のカウンターは暑いですが、冬になったら暖かくて良さそうです。 パリパリのローマピザが食べたくなったら、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「ベルニーニ東京」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

閉店)いぞら|ピザ薪窯大活躍!ボリューム満点の和イタリアン/the 449th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」449日目、本日はイタリアンです。銀座6丁目、泰明通りに2018年5月にオープンした「いぞら」にランチ訪問いたしました。
いぞら
店名からピンとくる方もいるかもしれませんが、ピザが美味しいイゾラ系列です。 銀座には「イゾラブル」「イゾリーナ」の2店があります。店名が平仮名の「いぞら」は、和素材とのミックスを楽しめるコンセプトとなっています。

2階建てのお店で、1階はカウンター、2階がテーブル席。
いぞら
2階には北斎や国芳の版画が飾られており和洋折衷な雰囲気。

歌川国芳といえば「猫づくし」が有名ですが、金魚を中心とした水生生物を擬人化したの「金魚づくし」も秀逸。
歌川国芳 金魚づくし
ぷっくりとした金魚のフォルムと多彩な表情が愛らしくて大好物です。

平日ランチメニューは¥1,500からありますが、本日はメインも選べる・ランチコース ¥3,800をお願いしました。まずはすべてのコースに前菜5種が付きます。

冷たい前菜3品・スモークサーモンムースのクロスティーニ、蒸し鶏胸肉、3種キノコのマリネ 
冷たい前菜3品
盛り付けも美しく、どれも爽やか仕上げです。

温かい前菜2品・ひよこ豆のパネッレ、大根とサルシッチャのオーブン焼き すき焼き風ソース
温かい前菜2品
初めて食べたパネッレはサクサクのヘルシー豆スナック。シチリアの州都パレルモ名物で、ビールやワインの摘みなんかにも良さそうです。すき焼きソースも面白い。

・北海道産ウニと白神クレソン、青森生にんにくの自家製トマトソース +¥1,000
北海道産ウニと白神クレソン、青森生にんにくの自家製トマトソース
ピザorパスタそれぞれ4種類ほどから選べますが、イゾラグループといえばピザです。トッピングに和素材を多様しているのが「いぞら」の特徴、珍しいウニピザを選んでみました。生地はフワフワとカリカリの丁度中間くらい。これだけウニが乗っていると贅沢感有り、にんにくの香りでピリッとしまったトマトソースがとても美味しいです。

・茨城県産瑞穂のいも豚 肩ロース肉の藁焼き 和歌山炭塩で
茨城県産瑞穂のいも豚 肩ロース肉の藁焼き 和歌山炭塩で
メインも牛肉、魚など3種類ほどから選択可能。藁焼きですが、香りはほぼ無し。とても柔らかく、非常にさっぱりとしたお味の豚肉でした。

・宇治抹茶のティラミス
宇治抹茶のティラミス
デザートもイタリアンベースですが、和の装い。甘さ控えめ酸味を効かせてティラミスとしてはシャープな仕上げ。

抹茶ですが・コーヒーと一緒に味わうとまったり幸せな美味しさ。カップの形もお洒落です。
コーヒー
ピザがボリュームがあるので、お腹もいっぱいです。白金店が1999年にオープンしたイゾラは、石窯で焼くナポリピザというジャンルでは老舗といこともあり安定的に美味しいピザがいただけます。¥1,500という微妙に高いランチ値段のためか比較的空いており、ゆっくり食事ができるのも良いです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「いぞら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ぎんざ+おりーぶ|美味しいオリーブオイル付きピザorパスタランチ/the 412th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」412日目、本日は2019年2月にオープンしたイタリアンレストラン「ぎんざ+おりーぶ」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通り沿いの「銀座888ビル」の3階。もともとお寿司屋さんが入ったいた場所、それを生かしたカウンターメインの和風で明るい店内。

奥はパーティールームにも使えるテーブル席、カラオケも設置されているそうです。

各2種類ずつから選べる・ピザorパスタランチ(サラダ、ドリンクバー付) ¥1,000はマルゲリータ(ピザ)とボロネーゼ(パスタ)は固定、他1種類は日替わりだそうです。

・サラダ

東京の農園から毎日仕入れているという新鮮野菜のサラダは、食感素晴らしく元気が良いのがわかります。ちょっと辛味を感じるのはマスタードの葉、掛けられたオリーブオイルと良く合います。

店名の通りオリーブオイルに力を入れており、ギリシャ カラマタ産の高級エクストラバージンオイルがサラダやパスタに掛け放題!

そのまま飲んでもいけそうな、クセの無い美味しいオリーブオイルです。

ピザがお勧めのようでしたが、パスタ気分でしたので本日は・ボロネーゼを選択。

正統派に思えるボロネーゼ、ソースにちゃんと旨味がありとても美味しいです。写真では少なく見えますが、底が深いお皿のためボリュームも十分。

そして別の日にお伺いしていただいたピザはコチラの・クアトロフォルマッジ

ゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、パルミジャーノレッジャーノ、エメンタールの4種のチーズを使った贅沢感のあるピザ。電気釜を使用されているためか、やや均一的な感じがしますがモチモチです。ブルーチーズのアクセントにそれぞれのチーズの香りも加わり美味。

もちろんオリーブオイルを掛けても美味しい。また嬉しいことにハチミツも用意していただけたので、掛けながらいただくと優しい甘みが加わりデザートのような雰囲気も楽しめます。クアトロフォルマッジにハチミツは欠かせません!

ディナーメニューの中から気になるデザート ・ビッラミス ¥756を追加でオーダーしてみました。

ビールを使ったティラミスで、ビールを染み込ませてあるのでしょうか、仄かに感じるビール味。甘さもかなり控えて、より大人っぽく仕上げてあります。

最後はドリンクバーの・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

ちなみにドリンクバーの内容は100%オレンジ、グレープフルーツ、紅茶、コーヒーです。 パスタもピザも美味しく千円ランチとしてはとても優秀な印象です。スタッフの方々も皆様フレンドリーで快適なランチタイムでした。ごちそうさまでした!

「ぎんざ+おりーぶ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

マッテオさん-コリドー街のイタリアン/the 153th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、153日目です。本日は銀座7丁目コリドー街のイタリアンレストランの“ピッツェリア マッテオ-PIZZERIA Matteo”さんにおうかがいしました。

イエローを基調とした賑やかなエントランス。オリーブの木もイタリア気分を高めてくれます。
ma7

本日は2人でお伺いして“お得な週末ランチコース”¥2365をオーダーいたしました。前菜、好きなピッツァ又はスパゲッティを1種類、デザート、ドリンクのコースです。

“前菜4種”
 ma2 
生ハム、ジャガイモ、ムール貝とホタテ貝柱のワイン蒸し、イチジクとゴボウのマリネ。しっとりとしたイチジクとハードなゴボウのコントラストが鮮やかなマリネが印象的。

“アサリとズッキーニのジェノベーゼ” 単品¥1,436
 ma4 
アサリがどっさりで、ボリュームもたっぷり。バジルとニンニクの香りが刺激的で、オリーブオイルたっぷりの濃厚なスパゲッティです。かなりの満足感がございます。

“マルゲーリータ” 単品¥1,620
 ma3 
店名通り、窯焼きのピッツァがお勧めとのこと。トマトの赤、モッツァレラの白、バジルの緑がイタリア国旗っぽくてよいです。生地もナポリ風の厚いのと、ミラノ風の薄いのから選べます。今回は薄焼きでオーダー。グラナパダーノというチーズも使用しているそうです。

トマトとモッツァレラの相性は間違いなく、パリッとした生地も美味しいです。サイズはそこそこ大きめ。基本的にシンプルなお味のようです。

“ティラミス、パンナコッタ、ダブルベリーのシャーベット”
ma6
最後にデザート3種とは、なんとボリューミーなコースでしょうか。

最後は濃いコーヒーで。ごちそうさまでした。
 ma5 

店内も黄色基調で明るい雰囲気。天井も高く開放的でございます。
ma1

“マッテオ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ma8