ぶどうの木、ピエールマルコリーニ、資生堂パーラーetc|モンブラン、栗のデザート色々/the 388th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」388日目、秋といえば美味しいものが沢山登場する季節ですが、その代表格の1つが栗。銀座のカフェ、パティスリーで提供している栗のデザートを色々ご紹介いたします。

まずは当ブログでも何度かご紹介している銀座3丁目、昭和通り近くのカフェ「リール銀座」。オープン当時からの定番メニューが・グラノーラアイスモンブラン ¥1,300

オープン時にいただいて感動したモンブラン。上に乗った栗のシロップ漬け、栗以上に栗な和栗ペーストとクリーム、バニラアイス、そしてケーキを囲み彩るオーツ麦、くるみ、カボチャの種などが入った自家製グラノラと素材同士の絆の強さ、繋がりが素敵。こちらの全てのデザートに言えることですが、素材の味の引き出し方が素晴らしい。やっぱり絶品です。

続いてバームクーヘンで有名な「ねんりん家」の2階にある「銀座 ぶどうの木」、こちらもアシェットデセール(皿盛りのデザート)専門店です。

・モンブラン ¥1,944

松の枯れ葉や木片のようなものがデコレートされたアートな見た目が「ぶどうの木」のデザートの特徴です。肝心の味はといえばマロンクリームはしっかりと栗の味が感じられて美味。ラム酒のアイス、散らした栗、下のソースも奇をてらうことなく上質。見た目は個性的ですが、正統的なお味のモンブランです。美味。銀座らしくサービスも非常に丁寧で居心地の良いお店です。

3店舗目は「銀座 ぶどうの木」の向かいのベルギーのチョコレートブランド「ピエールマルコリーニ」の季節限定パフェ・モンブラン ¥1,620

上にはヨーロッパの栗を使ったコク深いモンブランクリーム、下のフワフワのマロンクリームが優しいお味で美味です。マロンアイスはトロワリビエールというカリブ海の島で作られたラム酒を使用しており、マルコリーニらしい濃密感と華やかさ。 メレンゲクッキー、クルミのキャラメリゼ、カシスソースが食感と味覚のアクンセトとなっています。下の方にチョコレートアイスも入っていますがやっぱり秀逸でした。

さらに銀座7丁目、並木通り沿いにあるスイスのチョコレートブランド「リンツ ショコラカフェ 銀座店」の・リンツ ショコラパフェ マロン ¥1,780

洋梨のコンポートとカシスのマカロンを添えたマロンクリームの下にはマロンアイス、チョコレートのプレートで一旦区切られ、ブルーベリーのシャーベット、カシスソース、ミルクチョコのクリームと続きます。栗とカシスやベリー系の酸味があるものを合わせるのが最近の流行のようです。中にも入っていたジューシーな洋梨のコンポートが良い味を出していました。

最後は銀座8丁目、中央通り沿いの「資生堂パーラー サロン ド カフェ」の10月のパフェ・九州産 和栗のモンブランパフェ ¥1,980

大粒の和栗の渋皮煮2.5個が乗った栗好きにはたまらない秋ビジュアル。以外と栗の身が沢山入ったパフェは少ないので嬉しいです。何気に紅葉型クッキーが美味しい。 さらに生クリームの下に入ったチョコフレークが食感のアクセント。

バニラアイスがでてきたらお勧めにしたがいカラメル抹茶ソースを注ぎ入れます。 アイスの下にも抹茶のゼリーが入っていてバランス良し。和栗と抹茶は相性抜群です。やや重みのあるマロンデザートですが、最後に入ったラム酒のゼリーでちょっとさっぱり。 一番下にも栗が入っており、栗好き満足感が満たされる美味しいマロンパフェでした。ごちそうさまでした!

お店によって個性のあるマロン、モンブランパフェ、デザートがいただける銀座です。やや不安定ではありますが、気候が気持ち良く観光、読書、芸術、食欲などいろいろ充実する短い秋は素晴らしい季節です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座に数店舗ある「みゆき館」の・マロン マカロンパフェ ¥1,296、季節限定ではありませんが、栗の甘露煮を使った甘みたっぷりの懐かしく美味しいパフェです。

ル・ブラン 銀座店|三越隣のスイーツも美味しい洋食店/the 363th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」363日目、本日は不思議と懐かしい語感の洋食です。

銀座三越の隣にある洋食店「ル・ブラン 銀座店」にお伺いしました。

ずっと気になってはいたのですが、何故かお伺いする機会がなかったお店です。 店内のテーブルには綺麗な白のテーブルクロス、壁に掛けられた絵画など昔ながらの洋食店らしい落ち着いた雰囲気で、2階席もあります。

本日はメインが選べる・ランチAセット ¥1,400をお願いしました。

まずは・サラダ、コーンスープ


滑らかなスープは素朴なお味で落ち着きます。

メイン料理は一番人気の・魚介のドリアをオーダー。

乳製品のまったりとしたコクと玉ねぎの甘味が美味しいベシャメルソース。魚介はエビ、イカ、アサリが入っており美味しい出汁効果と共にプリッとした食感がアクセントとなっています。昔ながらのドリア、お皿に周りに付いた美味しい焦げ部分をスプーンで頑張って食べるのが大好きなのです。

料理も美味しいですが、デザートも美味しいです!

人気No.1の・モンブラン ¥510

モンブランの要のうねうね部分はフランス産のマロンクリームにほんのりラム酒で大人味。 中はコクのある生&カスタードのブレンドクリーム、個人的に気に入ったのは下のさっくりタルト生地にアーモンドクリームとマロングラッセが入っていたこと。栗好きには嬉しい隠し栗でした!

こちらはまた別の日にカフェ利用でいただいたデザート。

・スイートポテト ¥820

ウェーブが美しいサツマイモのスイートポテト、甘さは非常にうっすらなので、付け合せの生クリーム、バニラアイス、キャラメルソースが大活躍。 人工的な感じがあまりしない分、優しさと大らかさの感じられるデザートでした。 

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

ちょっとツンツンしている感じなのに、何故か感じの良いサービスも好み。三越の隣ということもあり客層も上品で落ち着いています。日曜日はの早い時間の食事は以外と狙い目、午後のカフェ利用で賑わいそうな感じですね。

夜は飲み放題付きのコースなどもあるようですので、知っておくと以外と便利かもしれません。 グラタン、ハンバーグ、カボチャプリン、グレープフルーツゼリーなども気になりますので、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

「ル・ブラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

寿月堂 銀座歌舞伎座店|こんとび海苔のサンドイッチから健やかな一日が始まる/the 296th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、296日目です。本日は歌舞伎座裏にそびえ立つ歌舞伎座タワー5階、創業160周年の老舗「丸山海苔店」が経営する日本茶喫茶「寿月堂」さんをご紹介いたします。

お店は朝10時オープン。朝ごはんをいただきにお伺いしております。

竹を多用した隈研吾氏設計の店内は、凛とした清々しさ。

落ち着いた雰囲気のカウンター席。

そしてテーブル席はお隣の日本庭園との一体感も素敵で、ここが銀座の真ん中だとは思えないほど。

今日のように天気が良い日などは本当に気持ちが良いです。物販スペースでは、茶器や海苔、茶、甘味の販売もしております。

抹茶蕎麦、鯛茶、おにぎりなど魅力的なメニューが沢山ありますが、本日は・築地シーフードサンドセット ¥1,450 をお願いしました。

一口サイズの可愛いサンド、はんぺん明太子、タマゴが2つ、マグロとアボカド、シーフードが1つずつ。 高級寿司店でも愛用される・こんとび海苔が使われており、テーブルに置かれた時の野趣味のある強い香りがたまりません。この海苔だけで満足してしまいそうですが、中身も美味。


間違いのない相性を見せるはんぺん明太、サーモンなどが入ったシーフードがお気に入りでした。 普段は脇役の海苔ですが、海苔が主役のサンドイッチ。何にでも優しく寄り添う海苔の力を再認識いたしました!

他・切り干し大根ととろろスープ、ピクルス、芽茶、甘味付き。 温かいスープ、抹茶クリームが入ったダックワーズも美味しいです。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・濃厚抹茶モンブラン ¥670

こんなに緑のモンブランも珍しい。見た目だけで抹茶の味を感じてしまいます。 もともと重厚感のあるケーキですので、濃厚とはいっても食べやすいお味です。 中のクリームの中には、栗がまるごと1個入っており栗好きには嬉しい限り。思ったより清涼感のある・芽茶とともに美味しくいただきました。

食後は庭園を一回り散歩して、仕事場へ。

健やかな一日の始まりでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

リール銀座さん-ミキモトラウンジ横田氏プロデュース/the 213th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”213日目、本日はスィーツ。2015年10月21日にオープンしたばかりのカフェ。今はなき名店ミキモトラウンジの横田シェフがプロデュースするお店です。待ってました!という方も多いのではないでしょうか。

場所は銀座3丁目、昭和通りの1本西側の通り沿いのビルの2階、赤いテントが目印です。オープン仕立てでお花がいっぱいですね!
rire10
1階はお昼時は行列ができるお蕎麦屋”桂庵”さんです。白く明るい店内は、カウンター席もあり、程よいサイズ感。

本日はこちらをお願いしました。

“グラノーラ アイスモンブラン” ¥1,200

土台はオーツ麦、ローストしたクルミやカボチャの種が入ったグラノーラ生地。 さらに卵黄たっぷりで黄色のバニラアイス、茨城県産の和栗を使ったモンブラン。上にはイタリア栗のシロップ漬け。 中はさっぱりとした生クリームで、周りにはシェフが最近はまっているというグラノーラクッキーとチョコレート。見た目にもインパクトのある贅沢モンブランです。

食べてみるとまずは豊満な栗の香りが口の中に柔らかに広がります。美味っ!これは良いモンブランです。 バニラアイスもコクがあって非常に美味しい。素材のバランスも良く、完成度は非常に高いようです。

“コーヒー” ¥900

1杯お代わり無料が嬉しいです。 ケーキ同様優しいお味でした。 ケーキセット的なものがあると嬉しいですね。ごちそうさまでした!

ランチタイムは食事メニューもございます。 ケーキが美味しかったので、早速次の日お伺いしてみました。ランチメニューは3種類でフレンチトースト、キッシュ、鶏ムネ肉のソテ。全て¥1,500で、ミニスープ、ミニデザート、ドリンク付きです。

本日は”岡本シェフの季節のキッシュ” ¥1,500をお願いしました。

“タイム風味のコーンスープ”
rire5
タイムってどんな香りでしたっけ?

“カボチャとレンコンとゴボウのキッシュ”
rire6
サラダとミニポテトグラタン付き。

こんなに厚みのあるキッシュは初めてです。焼くのが難しそう!
rire7
カボチャ生地に野菜がたっぷり。ほんのり温かく、体にも良さそうです。

デザートは小さい”バナナとクルミのケーキ”
rire8

最後はセットの”紅茶 アールグレイ”で。
rire9
午前中にコーヒーを2杯飲んでしまったので、慣れない紅茶にしてみました。 さっぱり味で不慣れでも飲みやすい。お湯の継ぎ足しもしていただけますよ。美味しかったのですが、モンブランの完成度と比べるとまだまだ手探り段階かと思われます。これからに期待です!

スタッフの方々も皆様、礼儀正しく親切、適度に気さくで思わず長居してしまいそうな良い雰囲気。 笑顔が溢れるお店になりそうな予感です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“リール銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。