カイバルさん-インドタンドール料理/the 126th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、126日目です。本日はたびたびのカレーです。当ブログでもご紹介の南インド料理店“ダバインディア”さん、北インド料理店“グルガオン”さんと同系列のインドタンドール料理店“カイバル”さんにお伺いいたしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り沿い銀座一丁目ビルの1階です。歩道橋の前ですので、それを目印にしていただくとわかりやすいです。
khy1

カイバルスペシャル ¥1,500をオーダーいたしました。まずはコチラから。

“骨なしタンドリーチキン、タンドリーカリフラワー、海老の香味焼き”
khy6
タンドリーカリフワラワーは初めてです。コリコリ感は残しつつ、しっかりとした味付けです。海老、チキンもシンプルに美味しいです。レモンを絞り、爽やかなミントソースを付けて食べるとなお美味しいようです。

“本日のカレー3種、ナン、ランス、サラダ”
khy3
なかなかに食べ応えがありそうなセットです。ナンも美味しいそうです。

“海老のトマトクリーム(マイルド・左)、茄子とオクラ(中辛・右)”
khy4
ココナッツミルクの柔らかさとトマトの甘酸っぱさが絶妙な全く辛くないカレー。中辛は茄子とオクラ意外にも沢山野菜が入っております。

“香味チキンカレー(辛口)”
khy5
骨付き、そして骨なしチキンがダブルで入っております。辛口といってもそれほど辛くはありません。食欲をそそる香り。ショウガがよく効いておりますね。チキンの旨味がしっかり感じられる品の良いカレーでした。ごちそうさまでした。

アーチ型の天井が印象的な明るい店内です。khy7

“カイバル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

khy2
お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

自家製麺 伊藤さん-にぼにぼ系/the 125th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、125日目です。本日はお久しぶりのラーメンです。有名店が銀座にオープンしたとのことで行って参りました。“自家製麺 伊藤”さんです。赤羽にあるお店の系列だそうです。

場所は銀座6丁目、東京銀座ビルの地下1階です。中央通りから東(昭和通り方面)に3つ目(現在は松坂屋の工事のため2つ目)の通り沿いです。
ito6
以前ご紹介させていただいたビストロ ヌガさんの横が入り口です。

階段を降りるとお店です。
ito5

まずは券売機で食券を購入します。まずはコチラから。

“チャーシュー丼” ¥350
ito3
サイズはミニ。鰹の粉がかかっております。こちらも脂っこくなく、あっさり。美味しいです。続いてメイン。

“肉そば中 スープ増し” ¥850
ito1
チャーシューは4枚とネギ少し。出汁は煮干しと鶏。ラーメンを滅多に食べませんので、こういったの(ニボ系というようです)は初めてです。スープ増しは+¥100ですが、スープまで飲む場合は増した方がお勧め。まずは煮干しの力強い香りが大挙した鼻に飛び込んできます。食べ始め、塩気が気になったのですが、食べ進めるうちにそれもなくなります。美味しいです。

ito2
麺は固めの中太な感じで、全く食感と歯切れが良い。クセのある癖になるスープとの相性も抜群です。チャーシューも柔らかく美味。個性的な麺とスープだけでも十分いけそうです。化学調味料を一切使用していないのも素敵です。ごちそうさまでした。

テーブルとカウンター少々の小さいお店です。居抜き感あり。
ito4

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

ラ ブラスリーさん-帝国ホテルでローストビーフ/the 122th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、122日目です。本日は実はほんの近くにあった(徒歩5分)帝国ホテルへ。インペリアルタワー地下1階にあるフレンチレストラン“ラ ブラスリー-Traditional Dining La Brasseri”さんにお伺いしました。

bras12
東京高速道路を越えると、そこは千代田区内幸町です。

本日はランチB ¥4,400(サ別10%)をオーダーいたしました。

“バゲット、グリッシーニ、ライ麦パン” 
bras2
4種類というのが嬉しいです。もちろんバター付き。オーソドックスですが、美味しいです。

“シーフードのマリネ”
bras3
ホタルイカ、ホタテ、タコなど。優しく香るオリーブオイル、バルサミコ酢、それにワイン?素材の味を生かしたサッパリ感。食感も柔らかく上質なお味です。

“帝国ホテル伝統のローストビーフ” +¥600
bras4
bras5
温野菜、マッシュポテト付き。名物料理というだけ有り、これは美味しいです。色合いも美しく滑らか。ソースも絶品で、西洋ワサビを付けて食べると素敵。手間隙をかけて作られているのが伝わります。脂身は苦手ですが、これなら美味しくいただけます。

“フルーツタルト、モンブラン、カスタードプリン”
bras7 bras8
ワゴンサービスのデザートは6種類からいくつでも選択可能です。サクラでピンクに染めたモンブランがなかなか。

最後は優しい温度のコーヒーで。
bras6
ローストビーフが印象的でした。ごちそうさまでした。

帝国ホテルらしいラグジュアリーな内装です。流石。値段も異常に高くはなく、堅苦しくありません。定番ですが、間違いのないレストランの1つです。
bras9

“ラ ブラスリー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
bras11

柿安さん-お得なすき焼きランチです/the 120th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、120日目です。本日は三重県桑名市で1871年創業の老舗すき焼き、しゃぶしゃぶ店“柿安”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、GINZA gCUBEの7階です。中央通りのH&Mが入っているビルです。
kaki1
飲食店の入り口は建物の裏側にございますので、お気をつけ下さいませ。

エレベーターを出ると、そこには雅な高級感のあるエントランス。
kaki10

ランチは“黒毛和牛すき焼定食”1,575円からございますが、本日は“柿安御膳”¥3,675をオーダーいたしました。

“柿安御膳”
kaki2
すき焼きとしゃぶしゃぶと選べます。今回はすき焼きをセレクト。三段重の豪華なセットでございます。

“一の重”
kaki6
マグロ、鯛、イカの刺身、茶碗蒸し、牛肉の佃煮、冷や奴。

“二の重”
kaki5
焼き魚、牛肉ごぼう巻き、もずく酢、卵焼き、ホタルイカの煮物など。春だからか桜の花びらが所々にございます。どれもしっかりと作られており、美味しい物を少しずつ頂けます。流石に牛肉を使った料理は特に美味しく感じます。

“すき焼き”
kaki3
素敵な霜降り肉は北海道産の黒毛和牛です。煮込みます。

kaki7
舞茸、ごぼう、タマネギ、ニンジン、糸こんにゃく、豆腐など野菜もたっぷり。とき卵に付けていただきます。お肉はもちろん柔らかで、あっさりめの割下も丁度良く、あっという間に完食です。

“三の重”
kaki4
品のよい炊き込み御飯に、これまた品のよいちりめん山椒。とても和やかな味付けで、すき焼きの〆には最適。東京ではなかなか味わえない濃いめの赤出しも美味です。

デザート “抹茶ようかん、イチゴ”
kaki8
煎茶と一緒に。こちらもあっさりと上品なようかんでございました。ごちそうさまでした。

14時頃お伺いしましたが、個室しか空いておりませんでした。
kaki9
相席になるかもと言われましたが、なりませんでした。個室で相席は少し気まずいと思われます。接客も親切丁寧で接待にもよさそうです。

“柿安”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。