西洋料理 三笠会館 銀座三越店|原点回帰の伝統料理とりどり/the 416th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」416日目、本日は洋食です。銀座三越11階に2019年3月18日オープンした三笠会館の系列店「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」にランチにお伺いしました。

三笠会館といえば銀座5丁目、並木通り沿いにある和洋中料理が各階でいただける総合レストランビル。始まりは1925年に銀座でかき氷屋として創業した老舗洋食店なのです。

三笠会館らしい落ち着いた店内、スタッフの方々もピシッと制服で整えていらっしゃいます。¥2,200からのセットメニューもありますが、本日は伝統メニューを中心に色々お願いしました。

・三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え ¥1,200

1932年に外食メニューとして初めて「鶏の唐揚げ」を提供したのが三笠会館だとか。手羽先が入っていましたが、骨はそう多くなく食べやすいです。下味もしっかり付いているので、そのままでも良いですが、胡麻塩が壺。

色々な部位が入っているので、肉質の違いを楽しめます。

骨から出汁が出るからかわかりませんが、骨付きって美味しいです。

・南部鉄釜 チキンと半熟卵のドリア ¥1,600

1957年に登場し、西洋釜飯と呼ばれ親しまれていたというドリアは、個人的には西洋親子丼という印象。プツプツした熱々のベシャメルソースにチーズ、鶏肉にキノコ、下はケチャップライス。上に乗った半熟卵をくずしていただくと、ビジュアルと共に美味です。

・三笠会館伝統 焼きカスタードプリン ¥700

色、サイズ、形状共に理想的なカスタードプリンです。お味も想像通りですが、それが素晴らしい。先ほどのドリアの南部鉄器にも施されていた鹿は創業者が奈良出身のためで三笠会館のマークともなっています。

春日大社の神鹿、「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の一句よりプリンは月の連想。

とても雅なプリンでございました。他インド風チキンカレー、シーザーサラダなどの伝統メニューもいただけます。歴史のあるお店は色々な物語があり良いですね。

こちらは通しで営業されており、カフェ利用なども可能。ちょっとした休憩にも便利です。

銀座の三笠会館系列ではここでしかいただけない・チョコレートパフェなども。

スタンダードに美味しいチョコパフェでした。昭和50年創業のサンミ高松と共に安心できる総合レストランの1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ビステッケリア イントルノ|数寄屋橋交差点で美味しいビステッカ!/the 276th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”276日目です。前回もお肉のお店をご紹介しましたが、本日もお肉です。

数寄屋橋交差点そばの西銀座デパートの2階にビステッカのお店がオープンしたので、土日・祝日限定ランチに早速お伺いしてみました。
into12

お店を入るとすぐに高級感漂うバースペースがあり、ちょっとした待ち合わせにも使えそう。お肉は食べずに、そういった利用も全然OKとのことです。
into1

席数も多く、広い店内はブラウンを基調とした高級感のある落ち着いた雰囲気です。
into4

数寄屋橋交差点を眺められる窓際の2人掛けテーブル席に案内していただきました。
into3
クリスマスの時期などはムードもあって良さそうで、きっと予約も一番に埋まってしまうことでしょう。

ランチはアラカルトの他、コースは1種類。本日はコースの”プランゾ タリアータ” ¥3,600(サ別10%)をお願いしました。

“ロメインレタスのシーザーサラダ”
into6
大きなパルミジャーノチーズをテーブルでスライスして掛けていただけるパフォーマンス。 既視感を感じて聞いてみると、以前ここにあったイタリアン”ブオーノ・ブオーノ”さんと同じ三笠会館系列。 支配人の方も見覚えあるなと思ったら同じ方でした!このシンプルなサラダがけっこう美味しくて、またいただけるのは嬉しいですね。

パン “セージのグリッシーニ、ジャガイモのフォカッチャ”
into7

“タリアータ・コントルニ”
into8
夜はアメリカ産のブラックアンガス使用でした、ランチはオーストラリアビーフ。 とはいっても流石に専門店だけあって肉質が良く美味しいです!

into9
火入れも素晴らしい綺麗なピンク色の柔らかいお肉でした。噛むと美味しい肉汁がジュワッと滲み出ます。

薬味は塩、炭塩、コラトゥーラ(魚醤)、トマトと唐辛子ソースの4種類。
into10
トマトソースが美味しくて、パンにも付けて沢山いただいてしまいました。付け合せはロマネスコ、紫大根、白インゲン豆でした。

最後の美味しい”コーヒー”は以前と同じボンドルフィ。
into11

これにデザートでも付くと満足度はかなり高いですが、良い雰囲気の中、美味しいお肉がいただけるお店です。 オープン仕立てということもあり、まだ料理の説明などは辿々しい部分もありますが、相変わらず皆様感じが良く、今後のサービスのさらなる上昇は期待できますね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ビステッケリア イントルノ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
into2

メッツァニィノ|シンプルイタリアン/the 111th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、111日目です。本日は久しぶりのイタリアンです。

銀座5丁目並木通りの美食ビル”三笠会館 本店”、その中2階の”トラットリア・メッツァニィノ-Trattoria Mezzanino”さんにお伺いしました。

中華、フレンチ、鉄板焼き、和食、バーなどが入っており、食べるものに困ったときにとても便利です。

ランチは¥1400からございますが、本日は”スペシャルコース”¥2,800をオーダーいたしました。まずはコチラから。

“健康野菜の元気になるサラダ”

主に千葉県八街市で栽培された有機野菜を使ったサラダです。インカのめざめ(じゃがいも)、黄金カブ、紫ニンジンなどが入っております。爽やかなドレッシングで、素材が生きます。

“フォカッチャ”

フカフカのフォカッチャ。オリーブオイルが香ばしいです。

“じっくり煮込んだ 合鴨ラグーソースのリガトーニ”

コクのあるソースがリガトーニ(ショートパスタ)によく絡みます。ボリュームは控えめながらも満足感のあるお料理です。

“霧降高原牛のボルペッティ マッシュルームソース カリフラワー風味のマッシュポテト添え”

ひき肉を丸めた所謂、肉団子です。盛りつけが可愛くて良いです。中はほんのり赤い焼き加減で、ジューシーさを感じます。マッシュルームソースにより、牛肉のまろやかさが引き立ちます。美味しいですよ。

“アップルパイ、ミカンのソルベ”


最後はデザートとコーヒーで。とてもシンプルで食べよいイタリア料理でした。ごちそうさまでした。

天井は低いものの、80席と広々とした店内です。

ランチタイムのラストオーダーが16時なのも嬉しいところです。

“トラットリア・メッツァニィノ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。