ヴィーニ エ サラーメ|壺を押さえた満足度の高いイタリアン/the 452th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」452日目、本日はイタリアンです。2019年10月2日にオープンした新店「ヴィーニ エ サラーメ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、歌舞伎座近くの東銀座、ピザが有名なヴォメロのお隣(同系列店)です。
ヴィーニ エ サラーメ
外観は淡いオレンジですが、店内も明るくカジュアルな雰囲気、スタッフの方々も快活です。入り口すぐの所に隔離されたようなカウンター2席のみあり、そちらに案内していただきました。 スタッフの方に合図をしにくいのが難点かと思いましたが、ちゃんと様子を見てくれており、ストレス無く過ごすことができました。

現在ランチは土日祝日のみ、¥1,800と¥2,500の2種のコースを提供中です。通し営業されており、15時30分ラストオーダーなので、遅めのランチ(早めのディナー)も可能です。

本日はパスタとメインが選べる・CORSO B ¥2,500(w/o tax)をお願いしました。 冷前菜4種、温菜3種から1種選択、パスタは8種から1種、メインは肉魚から1種、デザートは2種から1種選択可能。どれも美味しそうで迷ってしまいます。

・本日のオススメ温前菜 ポロ葱とチーズのオーブン焼き +¥200
ポロ葱とチーズのオーブン焼き
熱々のポロ葱、猫舌ではないので、そのままいただきます。トロッとした食感と強い甘みが良い感じ。シンプルですが、間違いのない美味しさです。

パンはフォカッチャとレーズンクルミパンの2種。
フォカッチャ、レーズンクルミパン
オリーブオイルも良いですが、ソースに付けて美味しくいただくのが好みです。続く料理はラザニアも美味しそうでしたが、本日のおすすめパスタを選択。

・シラスとブロッコリーのオイルソースのパスタ
シラスとブロッコリーのオイルソースのパスタ
香り良くボリュームが素敵です。こちらもシンプルですが、ブロッコリーが食感的にうまく使われており、シラスの味もしっかりと感じられます。

メイン・真鯛と旬の貝類 季節野菜のヴァポーレ +¥300
真鯛と旬の貝類 季節野菜のヴァポーレ
蒸し焼きです。魚はふんわり仕上げで、骨もしっかり取っていただけているので非常に食べやすい。ムール貝、アサリ、白貝、数種のキノコ、鯛と美味しい出汁の出る食材たっぷりで、滋味なスープもパンに付けて美味しくいただきました。あっさりした料理なので、クミンなど香辛料がアクセントとなっているようでした。

・ブディーノ
ブディーノ
プリンです。卵の味が強めのこの濃厚さが良い。これくらいしっかりしている方が好みです。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
コーヒー
似たような雰囲気の3品を選んでしまったのは、完全にこちらの不手際ですが、どれもボリュームもあり美味しくいただけました。価格も非常にリーズナブルに感じます。

お隣の「ヴォメロ」含め数店舗経営されているだけあり、オープンしたばかりでもサービス、料理は安定感があり安心できる。ちなみに夜はカルトでもオーダーでき小皿料理が中心の楽しい雰囲気だそうです。 日祝は営業しているお店が少ないので、多くの方に重宝されることでしょう。色々気になる料理もあったので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ヴィーニ エ サラーメ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

欧風料理シャンティイ|寛容な料理と雰囲気が素敵なビストロ/the 444th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」444日目、本日はカジュアルフレンチです。虎ノ門から移転して6月末に東銀座にオープンした「欧風料理シャンティイ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、昭和通りの2本東側の木挽町仲通り沿い、イタリアン「アズーロ」が入っているビルの地下1階。

可愛い看板が出ています。明るく温かみのあるアットホームな店内、ご夫婦で切り盛りされているようで、シェフは何故か捩り鉢巻き!とても好きな雰囲気です。

ランチは6種類で魚、肉、カレー、サラダプレートなど、名前の付け方からしてどれも美味しそうですが、本日は・H.肉料理 仔羊もも肉と白アスパラガスのチーズ焼き プロヴァンスのハーブ風味のデミグラスソース添え ¥1,500をお願いしました。

まずは・サラダ、ビーツの冷製スープ

シンプルなサラダに、冷たく滋味なスープも美味しいです。

続いてメインの・仔羊もも肉と白アスパラガスのチーズ焼きも到着。

ナポリタンとマッシュポテトも付いてとても美味しそうです。仔羊もも肉はクセのほとんど無く、とても柔らかで美味。乗っているアスパラチーズとか家庭的な優しいムードも出ていてすごく良い。若手にはなかなかできない寛容で包容力のある仕上げ方かと思います。

自家製パン2種の緑のは煎茶を使ったもの。

どちらもかなり美味しいパンです。最後は爽やかなソースをパンにたっぷり付けて残さずいただきました。せっかくなので・デザート、ドリンクセット ¥500も追加オーダー。

デザートは・チョコレートケーキ、バニラアイス、ブルーベリーアイス

このアイスのボリュームは嬉しいです。ケーキも甘さ控えめで美味。最後はコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。コーヒーもちゃんと美味しいのも素晴らしいです。

夜は¥4,000から大皿料理のコースが楽しめるそうです。3名以上からの利用がお勧めでしょうか。値段もリーズナブルですが、高い素材を使用せずとも、ちゃんと手をかけて作られたものは、ちゃんと美味しいですね。とても良いお店という印象を受けました。 虎ノ門でサラリーマンに大人気だった欧風カレーライスもいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「欧風料理シャンティイ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

・柔らかく煮込んだ 豚バラ肉の欧風カレー ¥1,200、チーズトッピング +¥100、上に塊豚バラ肉がゴロリと乗っかっているだけでも美味しそうなのに、チーズとクリームの乳白色が加わり間違いなく美味しい見た目です。

辛さ控えめの甘みのあるルーは具なしですが、肉がこれだけ大きいと満足感有りますね。とても美味しいカレーライスで、あっという間に完食です。虎ノ門サラリーマンだけでなく、大半の日本人が好きなカレーライスなのではないでしょうか。ごちそうさまでした!

カフェガット|歌舞伎座裏の和む猫カフェ/the 443th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」443日目、本日はカフェ、東銀座、歌舞伎座近くの「カフェガット」にお伺いしました。

場所は銀座4丁目、歌舞伎東側の通りの、もう1本裏の落ち着いた通り沿い。

レンガの外壁がお店の雰囲気とも良く調和しています。

店内はカウンター4席にテーブル席もゆったりと配置されています。

ご夫婦で経営されているカフェで、シアトル系コーヒー店とは全く違う雰囲気。混み合っていたとしても客層が落ち着いているため、快適な時間を過ごせます。月に2回程度は必ずお伺いしております。もちろん全席禁煙です。

ガット(イタリア語で猫の意味)という店名の通り店内には猫グッズが適材適所に置かれています(飲食店ですので本物の猫はおりません)。

入り口ではスウェーデンの陶芸家リサラーソンの可愛い陶器製猫ミアマキシ(大サイズ)がお出迎え。店内にもう一匹いますので、ご来店の際は見つけてみて下さい。

食事メニューはこちらの・クロックムッシュ ゼリー、ドリンク付き ¥1,000のみ。

さっくりとしたトースト、とろとろチーズ、中にはハムの間違いのない美味しい組み合わせ。

・グレープフルーツゼリー、ブレンドコーヒー

コーヒー担当のご主人がハンドドリップで丁寧に入れていただけます。自家製ゼリーも美味しいです。実は私は食事ではなく、おやつ休憩によく利用させていただいています。

マンデリン ビンタン リマ ¥650

ストレートコーヒーは1種類、香り良く、喉に心地よい苦味が美味しいコーヒーでした。銀座にしては良心的なお値段でカップ2杯分。ブレンドも何種類かあり、私はビターな炭焼きブレンドが好みです。ちなみにコーヒーだけでなく紅茶も美味しいお店です。

・レアチーズケーキ +¥250(ドリンクセット価格)

奥様の手作りケーキもとても優しいお味で美味しい。チーズケーキの中ではこのタイプが一番好み。口どけの良さとほどよい酸味、当然かもしれませんがご主人の淹れるコーヒーとの調和も最高です。

どんな形態の飲食店であってもお店のムードや料理に人柄を感じるお店は素晴らしく思います。とても好きなお店です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

余白が十分にあるため席数は少ないですが狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。