銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

スモールワンダーランド|東銀座のワンダーランド!/the 364th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」364日目、本日はフレンチです。銀座4丁目、歌舞伎座近くの小道にあるビストロ「スモールワンダーランド」にお伺いしました。

銀座のフレンチレストランのシェフやサービスの方に「良いお店ありますか?」と質問すると、何度か名前が上がったことがあり、気になっていたお店です。

外から中が見えるカウンターのお店は入りにくく感じるのですが、だいたい一度入ってみれば全然大丈夫なことが多いです。カウンターは綺麗で上品ですが、雰囲気はカジュアル。

1階はカウンター、2階がテーブル席となっています。料理はコースはなくアラカルトのみ。まずはこちらから。

・野菜とキノコの和え物

素朴な料理ですが、安心感の湧くお味。気持ちがリラックスいたしますね。

・パテ ド カンパーニュ ¥1,000

大定番の料理ですが、豚肉の旨味たっぷり、クセもなく非常に上品な仕上がりです。お酒が進みます。

・自家製パン

パンは2種類、どちらもかなりハイレベル、もちもちで美味しい。

・ホタルイカとタケノコのパスタ ¥2,000

それだけで十分に滋味な旬の食材を使ったパスタはシンプルに。出汁が染み出たスープが優しいです。

そしてスモールワンダーランドのスペシャリテともいえる一品がこちら!

・鹿肉の炭焼きバーガー ¥2,000

ハンバーガー好きにはたまらない!特濃ソースに鹿も大好物の木苺がアクセント、パティは肉厚、ハンバーガーはこれくらいの食べ応えがないといけません。

木苺、黒胡椒を練りこんだ自家製バンズ。

バンズ、パティ、チーズ、ソースとの一体感が素晴らしいですが、やはり肝は絶品ソースでしょう。最後はパリパリのビターなポテトフライにソースを付けて美味しくいただきました。

・抹茶アイス(テイクアウト可) ¥500

もちろん自家製。ピスタチオが品切れだったので、まったり抹茶で。

オーナーシェフの堀さんは、フランスや都内の高級レストランで腕を振るわれていた経験もあるということで、料理にも深い奥行きが感じられます。ソースが絶品、ジビエ料理が多いので秋冬は特に楽しそうなお店です。

ざっくばらんなムードの堀さんは歌舞伎座が近いこともあり、かなりの歌舞伎好き(ご贔屓は海老蔵さん)。丁度、歌舞伎座で海老蔵さん大活躍の昼の部「雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)」を拝見した後お伺いしたので、大変に盛り上がってしまいました!

これからはスモールワンダーランドに訪れる日をホリ(堀)デーと呼ばせていただきたいと思います。気楽に来れるお店ということが判明したので、また気楽にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

バナナジュース コリドール|四六時中バナナ/the 325th day

2019年2月追記)銀座6丁目泰明通り沿いの泰明ビル、地下1階から地下2階へ移動したバナナジュースへ初訪問。地下1階は以前同様にバー「ナイトクラス オブ バナナジュース 」として営業されているそうです。

ドアの壁紙がすごい可愛いと思って店内に入ると、

内装にテンションが上がります!

オーナーさんの趣味という昭和レトロで乙女チックなグッズが溢れています。

人形や書籍、バナナグッズなどなど。

そしてこちらはそのまま使用されているそうですが、壁紙や照明が素晴らしい。大変稀少なものではないでしょうか。

こんなマニアックなお店をやられる方なので、きっと変な人(褒め言葉)だと思っていたのですが、ズバリ!

本日のお目当はジュースではなく最近登場した・バナナチキンカレー ¥700です。

自家製バジルソース、バナナチップ付き。鶏肉がたっぷり入ったカレーライス。トマトにバナナもけっこう入っているのですが、お味はバナナ感はほとんど無くシンプルです。ただバジルソースを混ぜていただくと急にバナナの香りが強くなるのは面白い。 バナナ感がもう少し強く出るように改良中とのことですが、美味しくいただきました。

もちろんバナナジュースもオーダー。種類もどんどん増えているようです。 本日は体にさらに良さそうな・ケールバナナジュース ¥360をオーダー。嫌にクセは無く、ほんのりビターなお味がアクセントになっており美味。

それにしてもこの空間本当良い。 こちらも建物もオリンピック後には解体されてしまうそうです。有名な奥野ビルなどもそうですが、古いビルは店主の趣味嗜好爆発の個性的なお店が多い、銀座の魅力を支える雑居ビルです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2017年9月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」325日目です。本日はバナナジュースです。銀座3丁目、東銀座にあるバナナジュース専門店、その名も「バナナジュース」さん。

お昼ごろからバナナが無くなるまで(大体3時ごろ終了)の営業で、絶えず行列ができている人気店(写真は開店前です)。完熟バナナのみ使用するため、バナナが完熟していない日は休業になるというこだわり振りです。

ベースの牛乳を豆乳に変えられたり、チョコやきな粉をトッピングしたりアレンジ多数。健康的で美味しいのはもちろん、色々な味があるので何度も通ってしまうのも納得です。

今日いただいたのは・大葉バナナジュース ¥260

子供の時に好きだったマックシェイクを思い出すトロリ感。ジュースが冷えているのは冷凍バナナを使っているからだとか。バナナのまったりとした自然な甘みが心地よいです。 大葉が入っていることによる変なクセはなく、良いアクセントに。美味!

当店からはちょっと距離のある「バナナジュース」ですが、なんとすぐ近くに夜間部こと「ナイトクラス オブ バナナジュース」がオープンしました!

場所は銀座6丁目、泰明通り沿い、泰明ビル本館の地下1階。

お店はおおよそ21時頃からゆる〜く営業しています。

恐る恐る階段を降りてみると明るいグリーンのポップな看板と「B110」号室のドアー。店内もオレンジがアクセントとなっており明るくお洒落な雰囲気。

右側にバーカウンター、左側にはベンチ、奥にはパントンのハートコーンチェアが置かれています。 BGMはデヴィッド・ボウイ。バナナとデヴィッド・ボウイの織りなすユニークな世界です。

本日は定番の・バナナミルク ¥800をオーダー。

バナナリキュールとミルクのシンプルカクテル。お酒っぽい感じはなく、ジュースのようです。 夜ご飯を食べた後だっとので、デザートカクテルっぽくて美味しいです。

その他色々なバナナカクテルも用意されており、興味深いですね。 ちなみにバナナジュースも飲めますが、夜間は東銀座よりお値段がお高めの¥500となっています。 チャージ料金はかならないので、食後にサクッと一杯飲むのにも良さそうです。

そしてロックなマスターから新情報をゲット。 なんと9月は水曜日の昼に東銀座と同じバナナジュースを提供されるとのこと。東銀座はちょっと遠いので、これは有難い!

早速、お伺いして本日は・チョコバナナ ¥260をオーダー。

初日(13日でした)ですので空いており、すぐに出来上がり。 完熟バナナの甘さにチョコの甘みが加わり美味しいデザートのよう。 腹持ちも良いので間食にも最適です。 こちらは椅子もあるので、店内でゆっくり美味しいバナナジュースを味わえるのも良いですね。

調子が良ければ東・西銀座、両方でバナナジュースを提供することになると思われるので、通わなければ!営業しているかどうかはビル入口のバナナを目印に。

また今週9月20日にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

詳しい情報は「バナナジュース」さんのTwitterをチェックです。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

しのだ家|東銀座の素晴らしき台所/the 266th day

2018年6月追記)たびたびお世話になっている東銀座の居酒屋「しのだ家」さん。2ヶ月ぶりくらいに遅めのランチ(日曜日は16時から営業)にお伺いすれば、メニューがかなり変わっておりテンションが上がります。

まずは定番の・グリーンサラダ ハーフから。

・アジアンな餃子

ココナッツにミントが何とも爽やかな新感覚餃子。ビールが進みます。

かなりレアな焼き魚もスポットメニュでお目見え・真鯛の香草焼き 山椒味噌ソース

皮パリパリの素敵な焼き加減に、山椒の香り、味噌の風味が加わり、とても美味しいです。

初夏になると登場する・トウモロコシのビールフリット

ビールの苦みがトウモロコシの甘みを引き立てます。サックサクとあっという間に完食。

優しいお出汁の小鍋・アサリと豆腐とカブみぞれ鍋

あっさりした仕上げにカブがアクンセトです。パクチーは何にいれても変わらずパクチー。

〆は定番の・卵かけご飯カレー味

好物のカレーと卵ご飯の最強コラボ、理由はわかりませんが、大変美味な卵ご飯です。お腹もいっぱいになり大満足。ちょっとした工夫や薬味の使い方が料理のレベルをグッと引き上げているようです。やはり銀座で最高レベルの居酒屋の1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2016年9月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”266日目です。本日は東銀座の素敵なダイニングバー”しのだ家”さんをご紹介いたします。
shino7
場所は銀座2丁目、昭和通りから1本東側の閑静な通り沿いです。

店内は木を沢山使っており温かみを感じます。すごく清潔感もあり、気持ちが良い雰囲気。カウンターの向こうのオープンキッチンでは女性店主が手際よく調理をしています。 ちなみに全席喫煙可能です。ただ、3回お伺いしていますが、何故か煙草を吸われている人を見たことがありません。

料理はどれも、どれもハズレなしです!

“トウモロコシとそら豆のフリット” ¥600
shino2

“カツオのなめろう” ¥700
shino3
荒くみじん切りにしたカツオをネギ、生姜で和えています。

“ゴボウのフリット 粒うにソース和え” ¥700
shino4
これ、美味し過ぎです。勝手にこちらのお店のスペシャリテだと思っています。

“豚バラ粗挽き肉とニラの入った餃子” ¥650
shino8
一口サイズの可愛い餃子が6個。 ニラ感は控え目で、お肉の味をしっかり感じられます。お酒が進む料理です。

“豆腐と木の子のスーラー仕立て小鍋 ネギ or パクチー” ¥700
shino9
ネギも良いですが今回はパクチーでお願いしました。 蓋を開けるとパクチーがどっさり!良い香りです。 熱々で、唐辛子の辛味とトロみのあるスープの絡みが良く効いています。最近、肌寒くなってきたので体が温まります。

“アサリとクレソンの蒸し煮” ¥750
shino5
グツグツ状態で登場。けっこうなボリュームです。 具も美味しいのですが、ワインの入ったスープがこれまた美味しすぎて全部飲んでしまいました!

料理はどれも一手間かかっており、繊細で優しい味付けが素敵。この一手間が素晴らしく、単なる家庭料理とは一線を画しています。洋風な店内ですが、日本酒、果実酒、ワインなどドリンクの品揃えも豊富。さらに遅くまで営業しており、日曜日も営業しています(不定休なので要電話確認)。加えて価格も非常に良心的ときてますから、本当素晴らしいお店です。

外の看板に「shinorinの台所」と書いてありますが、これを略して「しのだ」なのでしょうか。いつも気になっているので次回は聞いてみたいと思います。またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
shino6