紹興苑 |東銀座で手作り点心ランチコース/the 521th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」521日目、本日は中華料理です。2020年12月10日にオープンした「紹興苑」にお伺いしました。

銀座3丁目、昭和通りの1本東側の通り沿い「楽心ビル」の1階。
楽心ビルの1階
イタリアン「クラッティーニ」や喫茶店「Ken’s珈琲店」が入っているビルです。

飾り気の無いすっきりとした店内。
紹興苑 紹興苑
L字型のカウンター席、その周りにテーブル席も沢山あります。現在ランチは・点心コース ¥2,500 のみですので、そちらをお願いしました。

・季節野菜のサラダ、蒸し鶏の焼きネギソース
季節野菜のサラダ、蒸し鶏の焼きネギソース
ロマネスコやカリフラワーなどの入った新鮮なサラダに柔らかい蒸し鶏、栄養バランスも良いです。

・大根もち、もち皮揚げ餃子
大根もち、もち皮揚げ餃子
大根もちは円やかなお味の豆板醤を付けて、久々に食べましたが、モチモチでほんのり豚の旨味も感じられ美味。初めていただいた餅米皮の餃子は皮の主張と甘みの強い味付けが面白い。

・エビ蒸し餃子、エビと豚肉のシューマイ、チャーシューまん
エビ蒸し餃子、エビと豚肉のシューマイ、チャーシューまん
蒸し餃子は皮厚めで中はプリプリ、とびっこが乗った焼売は椎茸入りで他と比べると濃厚、肉まんの皮が美味しい。形がいびつですが、きちんと手作りされた食べ物は素敵です。

・ワンタン麺
ワンタン麺
よく見るワンタン麺はワンタンの具が少なく薄いですが、こちらはこんもりしています。柔らかい縮れ麺にくっきりとした魚介系のスープが良く合います。

・クコの実と金木犀のゼリー
クコの実と金木犀のゼリー
最後は見た目もキラキラ、とても綺麗なデザートをいただきました。

ややお高めではありますが、旨味もしっかり感じられ満足感のある点心ランチでした。粉ものが多いので、お腹もいっぱいです。店名の通り「紹興酒」の品揃えも魅力的だそう。またランチメニューが増えたらお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
紹興苑

ティム・ホー・ワン|世界一安いミシュランレストラン!?/the 362th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」362日目、本日は4月8日にオープンした話題の香港点心専門店「ティム・ホー・ワン 添好運」にお伺いしました。

場所は新ランドマーク「ミッドタウン日比谷」の向かい側「日比谷シャンテ 別館」の1階。キャッチコピーが「世界一安いミシュランレストラン」ということもあり、連日行列が凄いです!

2時間、3時間待ちも当たり前。お店は11時オープン、私は10時30分から並び、入店できたのは12時過ぎでした。

店内は84席と席数多め、ぎゅっとテーブルが詰められて並べられておりカジュアルで賑やかな雰囲気です。料理はテーブルに置かれたメニュー紙にチェックしてオーダーするすしざんまい方式。色々お願いしてみました。

・7種野菜の蒸し餃子 ¥480

透け感がユニークですが、お味はさっぱりオーソドックス。

・鶏足の香港式煮込 アワビソース ¥580

鶏足そのまんまのインパクトのある見た目!あまりに鶏足なので、少し驚きました。 ゼラチン質たっぷりで滑らか、美肌効果が期待できそうです!こっくりとしたソースとピーナッツも美味しいです。

・チャーシューの腸粉 ¥680

ツルツルモチモチ食感のチョンファンにさっぱりとしたチャーシュー、さらっと食べられあっという間に完食です。

1品はだいたい500円〜700円ほどですが、TAX8%, 席料(お茶代込み)10%がプラスされます。3〜4名で少しずつ色々食べるというのが正解ではないでしょうか。ごちそうさまでした!

そしてティム・ホー・ワンの名物の1つが「ベイクドチャーシューパオ」という点心なのですが、こちらのみテイクアウトが可能です。後日お伺いしてみました。お店の行列は相変わらずですが、早い時間のためか、なんとテイクアウトコーナーは全くのフリー!

・ベイクドチャーシューパオ ¥600(w/o tax)を1セット購入いたしました。

1日300セット限定のため、大体15時頃には完売してしまうそうです。

早速、日比谷シャンテのベンチに腰掛け温かいうちにいただきます。1個4口ほどで完食できるサイズ感のメロンパン様の点心3個入り。

外側はサクサクでほんのり甘い。


中はトロッとしたチャーシュー餡が入っています。抜群のサクサクと中の餡のコントラストが良い感じ。甘みが強いのでデザート代わりにも最適。味はメロンパンと似ていなくて安心いたしました。

パッケージには2時間以内にお召し上がり下さいと記載がありますが、話題のお店なだけにギフトでも喜ばれそうです。ごちそうさまでした!

「ティム・ホー・ワン 添好運」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

食材が生きる!絶品広東料理 “赤坂離宮”さん/the 14th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目グルメ日記、14日目です。

本日は中華の中でも広東料理、”赤坂離宮”さんへ行ってきました。

1階が”BARNEYS NEWYORK”、交詢ビルの5階です。

期待感の高まる豪華な入り口です。

ランチメニューは沢山あり、充実していましたが、本日は”レディースコース”をオーダーしました。

まずは、”前菜4種盛り合わせ”

“くらげの和え物とパプリカとミョウガのおひたし”

新鮮なクラゲのコリコリした食感は格別です。

“チャーシューと鶏肉の照り焼き”
赤坂離宮
前菜的役割をしっかり果たす、後の料理を期待させるスッキリとしたお味でした。

“フカヒレの姿煮”
赤坂離宮
これがフカヒレ。人生初めて?2回目?前フカヒレの記憶が全くありません。

お箸で持ち上げると切れてしまうくらい柔らかい。でも食感はちゃんとあります。

とろりとして濃厚ながらも、後味がスッキリとしたスープとフカヒレの絡みが最高です。

記憶に残るフカヒレ。美味しい!

“蒸し点心3種-左からニラ餃子、エビの小籠包、豚とエビの焼売(上のツブツブはトビコ)”
赤坂離宮
全部良い。中でもエビの小籠包が、お気に入り。

こんなにエビが口の中で踊るようなプリッとした小籠包を食べたのは始めてです。

トビコ(トビウオの卵の塩漬け)の弾けるプチプチ感、好きですね。テンション上がります。

まだまだ、続きます。レディースセット、なかなかのボリュームです。

“芝海老の特製マヨネーズソース”
赤坂離宮
こちらもエビがプリップリ。

そして、カシューナッツのカリッとした歯ごたえと、

それらを包み込むトロッとした優しいマヨネーズソースの調和が素晴しいです。

“シンガポール風チャーハン”
赤坂離宮
カレー味で、レーズンなどが入っています。

しまった。チャーハン好きとしてはシンプルなチャーハンが食べたかった。

しかも昨日カレーを食べてしまった。いや、それでも美味しいですよ。確実に。

デザート。

“マンゴープリン”
赤坂離宮
中華の中では薄味の広東料理といえど、どうしてもやや味は濃い。

そのお口直しとしては最適。濃厚で、かなり絶品です。

中に、生マンゴーもザクザク入っていて、気分的にも楽しいんです。

さらにお菓子まで付いてきます!カロリーを気にしないレディースセット恐るべし。

でも、美味しいから許します。

“小菓子-抹茶と小豆の蒸しカステラ、中華風クッキー”
赤坂離宮
サクサクしたクッキーの中にはクルミ入りの餡(月餅を思い出します)。

そして、コーヒーが飲みたくなります。

で、コーヒー(別料金)
赤坂離宮
Ginori-ジノリのカップっで飲むコーヒー、何か贅沢、何か美味しい。

と、かなり満足感のあるレディースセットでした。ごちそうさまでした!

ちなみにメンズでもオーダーできます。

色んな国の、色んな美味しい料理が食べれる日本、そして銀座はスゴいです。

日本に生まれて良かった。

ちょっと贅沢な広東料理が食べたくなったら”広東名菜 赤坂離宮”さん、お勧めです。

お立ちよりの際は、是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。