閉店)ティエリーマルクス サロン|クリエイティブ・フレンチ/the 270th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”270日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしています。
marx7
先日は7階のビストロマルクスにお伺いしましたが(その時の記事はコチラ)。本日は隣接するフレンチレストラン”THIERRY MARX ティエリーマルクス サロン”にお伺いしました。日本では初出店となり、あまり馴染みがありませんが、フランスで2つ星を獲得しているティエリー・マルクスシェフのプロデュースするレストランです。

奥がビストロなのですが、エレベーターを下りて、すぐ右手に隠し扉が! 店内は天井が広く、ところどころに和を感じるインテリア。
mar1
メインダイニングはテーブル5卓とそれほど広くなく、静かで落ち着いていますが、外の銀座の景色が見えないのは少し残念です。奥に個室が2部屋あり、そのうち1部屋からは景色が見えるそうです。

ランチコースは”おまかせコース” ¥15,000(w/o tax、サ別12%)のみ。早速コチラから。

アミューズ “菊芋、玄米、黒ごま、パルメザンチーズのグリッシーニ”
mar2
菊芋の上にはキャトルエピス、下には玉ねぎムース。

アミューズ “熟成ヒラメのタルタル”
mar3
ヒラメは塩気が随分効いています。中には椎茸、ディル、クルミ。付け合せは小松菜、椎茸。

“ブリオッシュ”
mar5
名物のパン。1/8カット。ビストロでは冷たいままだったのですが、ちゃんと温めて出してくれました。 温かいほうがバターの味が優しくなって、食感もアップ。断然美味しいです!

“フォアグラ/うなぎ/青リンゴ”
mar6
フランスのマルクス本店でも出しているという一皿。フォアグラの下にはウナギの燻製。青リンゴサラダの下にはウナギの出汁を使ったクリーム。別々で食べても美味しいのですが、全てを一度に食べると新たな扉が開かれ、口福感溢れるお味に。ちょっと涙が出そうでした。素材の香り、食感にリンゴの酸味が与える緊張感。味の重層感と膨張感が素晴らしい!ウナギが二切れだけだったのが悲しかったですが、文句なく今日一番。

“もやしリゾット”
mar7
ティエリーマルクスのスペシャリテ。 お米は全く使用しておらず、刻んだもやしをお米に見立てて。 パルメザンチーズ、ポルチーニ茸で香り付け。スプーンにポルチーニオイルが入っており混ぜていただきます。 こんな素敵に料理されて、もやし冥利に尽きるユニークな料理です。

“金目鯛/カリフラワー”
mar8
付け合せは様々な形で調理されたカリフラワー四変化。頭の部分だけを削いだ生カリフラワー、鯛の出汁とバターでソテー、花山椒のかかったムース状など。レモンのソースがとても美味しかったです。

パンお代わり “ミニバゲット、オリーブパン”
mar9
ここでメインで使うフォークと皿を自由にお選びくださいというサービスが。 棚に置いてあり、ずっと気になっていた銀色の卵はこのためだったのですね。中身は是非お店でどうぞ。

“川俣シャモ胸肉/オレンジ”
mar11
ゴボウのキャラメリゼ、泡に日本酒を使っているのは面白い。シルキーな肉質が素敵です。

“スウィート弁当 お重” 有田焼の丸い三段重。

一の重 “イランイランのシャーベット、パンナコッタ、アボカドソース”
mar14

二の重 “和栗とナシのコンフィチュールの求肥餅”
mar13

三の重 “ハーブアイス、マスカット、ブドウのソース”
mar12
どれも丁寧に作られており、間違いのない美味しさ。

最後は小菓子 “木苺のムース、フィナンシェ、カシスのパート・ド・フリュイ、トンカ豆の入ったショコラギモーブ”と美味しい”コーヒー”で。
mar15 mar16
コーヒーのお代わりをお勧めしていただけるのは「ゆっくりしていって下さい」という気持ちが現れて嬉しいです。

料理はオリジナリティがあり美味しく、説明も丁寧で、サービスも素晴らしく2時間を快適に過ごせました。また銀座にとんでもないフレンチレストランが登場しましたね。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
mar17

炭割烹 北野|美味しい魚ランチ/the 261th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”261日目です。本日は美味しい魚ランチがいただけるお店を2店ご紹介いたします。

まずは、交詢社通りの”梅林”さんが1階に入っている銀座なのに「渋谷ビル」、5階にある”魚沼の野菜と鮨 みかく”さん。
mikaku4
雑居ビルの5階で人によっては少し入りにくいかもしれませんが、ドアを開けるとご主人が元気な挨拶でお出迎えしてくれます。店内はL字型のカウンターにテーブル2卓、清潔感はありますが、良い具合にひなびており落ち着きます。

お値段は各2種類ずつの刺身、煮魚の中から2品選べる定食が1,080円とリーズナブル。

その定食と迷いましたが店名に鮨と付いていますので、今回は”握り” ¥1,500をお願いしました。まずは熱々のお茶が提供され、お寿司は5分ほどでやってきました。
mikaku1
タネはマグロ、サバ、イワシ、シマアジが2貫ずつ。 この値段で赤酢を使ったシャリを出すお店は、初めてです。普通にお醤油を付けていただきます。どの魚もなかなかのクオリティで、さっぱりした軽めのシャリもいいですね。シマアジ美味しい。

mikaku2
“つみれ汁、ガリ”もとても美味しかったです。次回は是非もう1つ上の”旬の握り 八貫” ¥3,240にチャレンジしてみたいですね。ご主人も気さくな方で緊張感はありません。面白いお話ありがとうございます。 なんだか夜もよさそうで、再訪確実です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては、コリドー街の焼き鳥の名店”鳥よし”さんが半年ほど前に開いた和食店”炭割烹 北野”さん。ランチを始めたのを見つけて早速お伺いしました。
kitano6
すれ違うのがやっとの狭い階段を上がると火鍋の”天丹”さんがあり、その奥が”北野”さん。行き帰りともに”天丹”さんの自動ドアが開いてしまうのには参りました。

新しいお店だけあって綺麗なすがすがしい店内。カウンターの他、テーブル席もいくつかあるようです。 ランチメニューは3種類で”炭炙り地きんめ丼” ¥1,500、”旬魚あら煮定食” ¥1,800、”和牛ステーキ丼” ¥5,000。

本日は”旬魚 金目鯛のあら煮定食”をお願いしました。5分ほどで到着!
kitano2
立派な金目鯛の兜煮には焼きネギ、さやいんげんが添えられています。しじみの味噌汁、小鉢2種類付き。

kitano1
 金目鯛は東伊豆の伊東港で揚げられた「地きんめ」を使用。大きい!上品な煮汁に、脂ののった身がよく合います。そしてカマ周辺や目玉の周りに付いているトロリとしたゼラチンが特に美味! 手がベトベトになるのも構わず、無心でいただきました。上品に食べるのは無理!小鉢の切り干し大根、野菜の煮物も流石に上質、やや硬めに炊かれたご飯、さっぱりとした味噌汁にも満足です。

最後は食感がよい”梅のゼリー”ですっきりです。
kitano4

鳥よし系列ですが、鳥料理はなく、焼き鳥で培った炭焼きが魅力のお店だそうです。 夜のコースは¥8,000から。カルトでも頼めるそうなので、こちらもまた夜にお伺いしてみたいと思います。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
kitano5