ティエリーマルクス サロン|クリエイティブ・フレンチ/the 270th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”270日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしています。
marx7
先日は7階のビストロマルクスにお伺いしましたが(その時の記事はコチラ)。本日は隣接するフレンチレストラン”THIERRY MARX ティエリーマルクス サロン”にお伺いしました。日本では初出店となり、あまり馴染みがありませんが、フランスで2つ星を獲得しているティエリー・マルクスシェフのプロデュースするレストランです。

奥がビストロなのですが、エレベーターを下りて、すぐ右手に隠し扉が! 店内は天井が広く、ところどころに和を感じるインテリア。
mar1
メインダイニングはテーブル5卓とそれほど広くなく、静かで落ち着いていますが、外の銀座の景色が見えないのは少し残念です。奥に個室が2部屋あり、そのうち1部屋からは景色が見えるそうです。

ランチコースは”おまかせコース” ¥15,000(w/o tax、サ別12%)のみ。早速コチラから。

アミューズ “菊芋、玄米、黒ごま、パルメザンチーズのグリッシーニ”
mar2
菊芋の上にはキャトルエピス、下には玉ねぎムース。

アミューズ “熟成ヒラメのタルタル”
mar3
ヒラメは塩気が随分効いています。中には椎茸、ディル、クルミ。付け合せは小松菜、椎茸。

“ブリオッシュ”
mar5
名物のパン。1/8カット。ビストロでは冷たいままだったのですが、ちゃんと温めて出してくれました。 温かいほうがバターの味が優しくなって、食感もアップ。断然美味しいです!

“フォアグラ/うなぎ/青リンゴ”
mar6
フランスのマルクス本店でも出しているという一皿。フォアグラの下にはウナギの燻製。青リンゴサラダの下にはウナギの出汁を使ったクリーム。別々で食べても美味しいのですが、全てを一度に食べると新たな扉が開かれ、口福感溢れるお味に。ちょっと涙が出そうでした。素材の香り、食感にリンゴの酸味が与える緊張感。味の重層感と膨張感が素晴らしい!ウナギが二切れだけだったのが悲しかったですが、文句なく今日一番。

“もやしリゾット”
mar7
ティエリーマルクスのスペシャリテ。 お米は全く使用しておらず、刻んだもやしをお米に見立てて。 パルメザンチーズ、ポルチーニ茸で香り付け。スプーンにポルチーニオイルが入っており混ぜていただきます。 こんな素敵に料理されて、もやし冥利に尽きるユニークな料理です。

“金目鯛/カリフラワー”
mar8
付け合せは様々な形で調理されたカリフラワー四変化。頭の部分だけを削いだ生カリフラワー、鯛の出汁とバターでソテー、花山椒のかかったムース状など。レモンのソースがとても美味しかったです。

パンお代わり “ミニバゲット、オリーブパン”
mar9
ここでメインで使うフォークと皿を自由にお選びくださいというサービスが。 棚に置いてあり、ずっと気になっていた銀色の卵はこのためだったのですね。中身は是非お店でどうぞ。

“川俣シャモ胸肉/オレンジ”
mar11
ゴボウのキャラメリゼ、泡に日本酒を使っているのは面白い。シルキーな肉質が素敵です。

“スウィート弁当 お重” 有田焼の丸い三段重。

一の重 “イランイランのシャーベット、パンナコッタ、アボカドソース”
mar14

二の重 “和栗とナシのコンフィチュールの求肥餅”
mar13

三の重 “ハーブアイス、マスカット、ブドウのソース”
mar12
どれも丁寧に作られており、間違いのない美味しさ。

最後は小菓子 “木苺のムース、フィナンシェ、カシスのパート・ド・フリュイ、トンカ豆の入ったショコラギモーブ”と美味しい”コーヒー”で。
mar15 mar16
コーヒーのお代わりをお勧めしていただけるのは「ゆっくりしていって下さい」という気持ちが現れて嬉しいです。

料理はオリジナリティがあり美味しく、説明も丁寧で、サービスも素晴らしく2時間を快適に過ごせました。また銀座にとんでもないフレンチレストランが登場しましたね。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
mar17

ティエリーマルクス ダイニング(ビストロ マルクス)|銀座プレイス 話題のレストラン/the 268th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”268日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしました。
marx7
FRETWORK(透かし彫り)をモチーフにした外観が特徴的です。

1、2階には日産のショールーム、上層にはソニーのショールームやレストランが入った複合商業施設です。本日は銀座プレイスの7階にオープンした”ビストロマルクス”さんにお伺いしました。パリでミシュラン2つ星のティエリー・マルクス シェフが手がけるビストロ&レストランです。

オープンキッチンのカジュアルな店内、昼間は大きな窓から陽光が沢山入り、明るく気持ちの良い空間。バーカウンター、見晴らしの良いテラス席も気持ちが良さそうです。

単品メニューのマルクスバーガー(¥3,000オーバー!)、フレンチトーストなどが人気のようですが、本日は”ランチコース” ¥3,800(w/o tax, サ別10%)をお願いしました。

“ブリオッシュ”
marx1
自慢のパンだけありバターの風味豊か、食感も良く美味しい。ちなみにテイクアウト可能なこちらのブリオッシュは¥1,500で販売しております。

前菜は帆立マリネ、スープの2種類から選択。

“栗のスープ”
marx2
円やかで優しい甘みで、とても丁寧に作られた印象です。

メインは鯛、豚、仔羊の3種類から選択。

“仔羊のナヴァラン”
marx3
トマト、香味野菜、焼いた仔羊の骨などで5時間煮込まれているそう。 お肉はフォークで少し触れると簡単にほぐれるほど柔らかく、羊の旨味もたっぷり感じられます。

marx4
野菜は白インゲン、ネギ、大根。下にはソースを浸したカンパーニュ。 とろみのあるソースは、とてもさっぱりとしていて野菜の甘みが美味しい。最後はブリオッシュに付けて残さずいただきました。

デザート “レモンとメレンゲのムース”
marx5
手前のまったりしたムースがとっても美味しい。 緑のはバジルのソースでした。

そして最後は美味しい”コーヒー”で。
marx6

料理は美味しいのですが、サービス料などもプラスされるためビストロ的お手軽感はあまりありません。。。 12時前には満席となっており、すごい人気です!来店される場合は平日でも予約が確実でしょう。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
marx8